魅力的!北海道函館市のおすすめデートスポット4選

魅力的!北海道函館市のおすすめデートスポット4選

4276
update

北海道函館市は北海道の主要都市のひとつで、様々な建物があります。そこで今回は、北海道函館市のおすすめデートスポットを紹介します。

4276
update

北海道函館市には何がある?

Hakodate, Japan cityscape at the historic Red Brick Warehouses and Mt. Hakodate.

Sean Pavone/shutterstock.com

札幌市、旭川市に次ぐ北海道の人口を有する函館市は、観光都市としても有名ですよね。

市町村の魅力度ランキング調査では1位になったこともありますし、フランスのタイヤメーカーミシュランが発行する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、1つ星以上の星がついている観光地が函館市内に20以上もあるそうなんです。

しかし人口減少が激しく、2014年からは市域全てが「過疎地域」に指定されてしまいました。

そんな函館市ですが、魅力が衰えてしまったわけではありません。

今回は、北海道函館市にあるおすすめのデートスポットを紹介します。

北海道坂本龍馬記念館

www.ryoma1115.com

北海道函館市にあるおすすめのデートスポット1つ目は、「北海道坂本龍馬記念館」です。

北海道函館市末広町にある北海道坂本龍馬記念館は、 幕末の志士坂本龍馬および北海道に渡った坂本家子孫の資料を展示している記念館です。

北海道坂本龍馬記念館実行委員会が中心となって、坂本龍馬の生誕日と命日にちなんで2009年11月15日に開館しました。

記念館顧問には、郷士坂本家9代当主の坂本登を迎えています。

2010年には記念館向かいにある函館龍馬公園内に高さ6mの蝦夷地の坂本龍馬像が建立されました。

そんな北海道坂本龍馬記念館は、日本の将来を担う人材の育成、青少年の心の育成を支援するため近代日本の礎を築き、北海道開拓を目指した坂本龍馬の生き方や精神、坂本龍馬が生きた幕末・維新らの時代背景、坂本龍馬の意思を継いだ子孫の人々の調査と研究をすると共に、多くの人が坂本龍馬に興味をもち学んでいくことを目指しています。

学校の勉強だけでは坂本龍馬という人間を、そしてその周りの人たちのことをよく理解するというのは難しいですよね。

でもここに来れば、坂本龍馬の全てを知ることが出来るんです。

展示1~5までは坂本龍馬と彼が活躍した幕末に関する展示内容になっています。

龍馬直筆書簡2通をはじめ、亀山社中や海援隊関連など貴重な史料が展示されています。

展示6では、等身大肖像写真や刀、湯呑み茶碗など龍馬ゆかりの品や貴重な幕末動乱期の日本刀を多数展示しています。

展示7~9では、龍馬が目指した北海道開拓に貢献した人々や函館に渡った龍馬の後継者の史料、北海道に根を下ろした坂本家子孫の足跡を紹介しています。

最後に、登山用具や画材道具など山岳画家として名高い坂本直行画伯ゆかりの品が展示されています。

このように展示品は、様々な場面で分けられているので、とても見易くそして分かりやすいです。

歴史が苦手だったという人でも、坂本龍馬についてきちんと理解を深めていくことが出来ると思います。

  • 北海道坂本龍馬記念館
    北海道と坂本龍馬の関係が詳しくわかるスポット!
    ここでしか買えないグッズもありますよ!
詳細はこちらから

金森赤レンガ倉庫

hakodate-kanemori.com

北海道函館市にあるおすすめのデートスポット2つ目は、「金森赤レンガ倉庫」です。

北海道函館市末広町にある金森赤レンガ倉庫は、1869年に洋品店を開業したことが始まりです。

その後様々な事業を興し1887年に倉庫業を開始しました。

大火により一度は失われかけていましたがその後復活し、ショッピングモールを兼ねた総合複合施設になりました。

カモメの鳴き声と風にただよう柔らかな潮の香りら函館山の緑と海の青、そして石畳とレンガのストリート、エキゾチックな雰囲気漂うベイエリアのランドマークとなっています。

金森赤レンガ倉庫は3つに分かれていて、ひとつは「BAYはこだて」です。

明治15年頃に築造されたライトアップも美しい運河を囲むようにチャペルやクルージング、カフェなどが配置されています。

運河からの心地よい風を感じながらまるで異国の地にいるような感覚を楽しむことが出来ます。

屋外イベントで賑わう広場には、金森倉庫の屋号をモチーフにした「幸せの鐘」というモニュメントがあります。

金森倉庫の積み方であるイギリス積みと、BAYはこだての積み方であるフランス積み、2つの手法で積み上げています。

「金森洋物館」は、金森倉庫の創業者が150年ほど前に開業した異国の夢を売る店から名付けられました。

2棟の倉庫を利用した広大な館内にはカフェや生活雑貨店などが並んでいます。

「函館ヒストリープラザ」では、金森倉庫の特徴である高い天井とヒノキ柱を明治42年の建設当時のまま見ることが出来ます。

開放的な空間で、工場直送の生ビールを飲むことが出来たりショッピングを楽しめます。

もうひとつ「金森ホール」というところがあるのですが、こちらは多目的ホールになっています。

函館文化のさらなる発展を願って開かれたのですが、普段は使うことが出来ません。

約200人収容することが出来、照明などの設備は整っています。

ここでコンサートや演劇、映画鑑賞を楽しむことも出来ますよ。

金森赤レンガ倉庫では季節によって様々なイベントが行われています。

冬の時期だとサンタクロースに会うことが出来るイベントが行われていたり、スクラッチ抽選会などをしています。

気軽に参加することが出来るイベントが多いので、是非参加してみて下さい。

  • 金森赤レンガ倉庫
    函館市といえばここ!
    イベント時には多くの観光客や地元の方で賑わいます!
詳細はこちらから
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

赤レンガ倉庫って函館にもあるんだね。

フランス積みとイギリス積みの両方が見れるのも面白そう。

冬は北海道に行く気にならないけど、少し暖かくなってきたら

函館でウニとか食べに行きたいなあ。

素敵なデートスポットに全部行って見たいです。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー