【純粋で素直】天才が多い白いオーラを持つ人の特徴とは?

【純粋で素直】天才が多い白いオーラを持つ人の特徴とは?

4206
update

みなさんはオーラについてどこまで知っているでしょうか?実際、現代ではオーラはあまり信じられてはいなく、胡散臭い存在であると認知されているでしょう。しかし、実はオーラには色が存在し、その色によって自分の人格などを知ることができるのです。ここでは白いオーラについてまとめていきます。

4206
update

天才が多い白いオーラを持つ人たち

Channeling Vortex healing energy  - female hands held parallel with a white spiralling vortex energy formation and pale pink blue grey misty ethereal energy field background with copy space

Nikki Zalewski/shutterstock.com

あなたは過去に誰かから「白いオーラをしている」といわれたことがありませんか? もしくは、白いオーラを持つ人になりたいと思ったことはありませんか?   実際、オーラという概念は現代でも非常にオカルトチックでありスピリチュアル的であり胡散臭いものであると思われていることでしょう。   おそらく、周りの人たちに「オーラって知ってる?」と聞けば、「そういう系好きなんだ」「オカルト好きだね」といった反応が返ってくるはずです。   もちろん、人によってはオーラという概念を信じている人がいるのも事実ですが、その割合はかなり少ないのが現状であり、実際誰も本気で信じてはいないのではないでしょうか。   ですが、その一方で、人は何か科学では解明されていない力などに興味を持っている側面があります。 幽霊や霊感といった概念はその最たる例であるといえ、幽霊も霊感も科学的には解明されていないにも関わらず、多くの人がその存在を信じているのではないでしょうか。   つまり、人間は本気で信じていないにも関わらず、心の奥底では本当は形而上学的なものを信じている傾向があるのです。   オーラという概念にしても同様であり、半信半疑であるとはいえ、テレビなどでオーラ鑑定などの番組があるとつい見てしまうような人も多いのではないでしょうか。   ここではそんなオーラへのアプローチとして、 天才が多いといわれている白いオーラについてまとめていきます。 オーラという概念や、スピリチュアルなどに興味を持っている人はぜひチェックしてみてくださいね。

白いオーラは純粋さを表す

Charming, pretty, old woman touching her perfect soft face skin with fingers, smiling at camera over gray background, using day, night face cream, cosmetology procedures

Roman Samborskyi/shutterstock.com

オーラは一般的にはスピリチュアル的な文脈で語られることが多い概念です。   そのため、オーラについて考察することはスピリチュアルの分野を横断することは避けては通れず、オカルト的な視点やスピリチュアル的な観点を用いてしか説明できない部分も多くあります。   基本的にオーラというのは、色別に分けて考えることができ、赤色のオーラや青色のオーラを持っている人もいれば、緑色のオーラや水色のオーラを持っている人も往々にして存在します。   ここでのポイントは、オーラは決してモノなどには宿ることはなく、それらは人間に対してのみ宿るものであると考えられている点です。   オーラの基本的な情報としては、オーラは人間の生命エネルギーであるといわれており、オーラの色はその人の性格的特徴や内面的な傾向を表しているといわれています。   たとえば、赤いオーラをしている人は熱くて情熱的な熱意を持っている人であると考えられますし、青色のオーラをしている人は冷静沈着で落ち着いた性格をしていると考えることができるでしょう。   色というのはそれぞれに個別のイメージを持っているものであり、それらは人間の認識に基づいているものではありますが、オーラという概念に置き換えて考えると、色に対するイメージこそがオーラの色を表しているといえます。   そういった意味において、白いオーラは純粋さを表していると考えることができ、白いオーラをしている人は、心が純粋であり、まるで真っ白い純白で澄んだ心の持ち主であると考えられます。   もちろん、人によって色に対するイメージは異なりますので一概にはいえませんが、一般的には白色には純粋というイメージが強く根付いているといえるでしょう。

神聖なオーラ

また、白いオーラは神聖な雰囲気を表しているとも解釈でき、神聖的というのは正直で素直な心をしていることを指しています。   神聖的な心の持ち主は、現代では正直ほとんどいないといっても過言ではなく、それは同時に白いオーラをしている人もほとんどいないことを表しています。   考えてみてもわかるように、人は常に利己的であり自己中心的な生き物です。 中には利他的で他人思いの人間がいるのも事実ですが、その利他的な感情も打算的であり、結局は利己的な目的のために利他的に振舞っているのが事実でしょう。   こうして考えると人間自体、欲深くて醜くて穢れた生き物であると解釈しがちですが、人のそうした性質を楽観的に捉えるか悲観的に捉えるかは個人の解釈によって異なり、何が正しい解釈かは個人の価値観によって左右されます。   世の中には真実は存在しなく、あるのはただ個人の解釈という文脈だけなのです。   そのため、神聖的なオーラを表している白いオーラをしている人間は現代社会にはほとんどいないとみて間違いではないでしょう。   しかし、そうした解釈も個人的で主観的なものですので、もしかしたら白いオーラをしているような純粋で神聖的な人間が自分のすぐ近くにいる可能性も否定することはできません。   白いオーラをしている人がいなければ白いオーラという概念自体が生まれてきませんので、逆説的ではありますが白いオーラをしている人は確実に一人は存在しているといえるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

白のオーラは天才を表すなんてすごいですね。確かに、白色は純粋で無垢なイメージがあるので、それゆえ誰にも染められない、でも場合によっては相手に合わせる柔軟性も持ち合わせているように感じますね。白のオーラ羨ましいです。

2 名無しさん
通報

オーラと聞くと、スピリチュアル系の人たちを想像してしまって何だか抵抗感があるよね。ああいう人たちは、なんだか無理矢理オーラーの話を現実世界に結び付けてきて、こうなったのはオーラが原因とか言うんだよね。

1 名無しさん
通報

確かに、赤ちゃんて白いオーラが出てることが多いと思うんだよね。

色がついててもほとんど白のような。

純粋で染まりやすいけど、その白さを保ったまま大きくなっていってほしいなあ。

白かったオーラもいつか黒くなるなんて、不思議ですね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー