友達以上恋人未満の関係に永遠は無い!友達以上恋人未満の先の為に

中里朱里(なかさと あかり)@恋愛勉強家

気になる相手と二人で出かけたり、遊んだりはするけどはっきりしない「友達以上恋人未満の関係」でお悩みの女性!友達を卒業して、恋人になる方法のヒントをお伝えしたいと思います。友達以上恋人未満のタイミングも楽しいですけど、ずっとそれだと辛いですもんね!

友達以上恋人未満は、期間限定である

気になる相手とはいい感じだけど、友達か恋人かはっきりしない。

所謂、友達以上恋人未満の状態ですね。

恋人になりたいけど、もしダメだったらどうしよう……とお悩みのあなた!

気持ちはよく分かります。

でも、よく考えてみて下さいね。

どんなに仲の良い関係でも、相手にもし恋人が出来たらどうしますか?

恋人が出来たことを想像しても仕方ない、と諦めるのなら、友人の関係を続けるのも一つの方法かもしれません。

ですが、誰かにとられたくない!

と思ったのなら、もう友達の関係を辞める時期に来ています。

不安かもしれませんが、一歩踏み出す勇気を持ちましょう。


告白が一番!でも不安なら

友達以上恋人未満を終わらせるには、告白が一番です。

真剣に相手に思いを伝えれば、きちんと伝わります。

でも、いきなり告白するのは不安…という人は、軽く相手に探りを入れてみましょう。

「○○くんってどんながタイプ?どんな人と付き合いたい?」などと、軽く恋愛の話を振ってみましょう。

恋愛の話をすることで、自然と恋愛モードに人は入りやすくもなります。

そして自分の回答を求められたら、「うーん、特にないけど○○くんと一緒にいたら、落ち着くし○○くんみたいな人が彼氏だったらいいなぁ」みたいにプチ告白をしてみましょう。

その時の友達以上恋人未満の相手の反応が良ければ、相手が告白してくれるかもしれませんし、微妙な反応でしたら「なーんてね」と暫く様子を見てみましょう。


心と体の距離を近づこう

それでも相手との関係が友達以上恋人未満のまま……という方は、相手と心と体の距離を近づけましょう。

心は二人だけの話をする、二人だけの時間を作ること。

次の体の距離といっても、体の関係を持て!

ということではありません。

話す時に少しだけ近づく、肩がふれあう、手を握るといったボディタッチをすることで、相手との距離が縮まることも。

手を握って嫌がられなかったら、可能性大!

思い切って告白も一つです。

確かに振られる可能性を考えると、怖いことかもしれません。

でも、ずっとこのままでいいのか、誰かに奪われてしまってもいいのか、じっくり考え勇気を出して下さいね!

「友達以上恋人未満の関係に永遠は無い!友達以上恋人未満の先の為に」を読んだ人に人気の記事
今日こそ絶対告白する!成功にこだわった王道告白の仕方とは告白するのは男性からの事が多いですが、最近では女性から告白するパターンも多くなっています。とはいえ、振られたらどうしようと二の足を踏む人も、まだまだ多いかもしれませんね。そこで今回は、男性の心理をつかんだ、成功しやすい告白の仕方を紹介します。
好きな人に好きな人がいるかもと悩んだ時にとりたい6つの行動好きな人ができた!でももしかしたら相手にすでに好きな人が別にいるかもしれない…と悩む時ありますよね。そんな時にとりたい行動をいくつかまとめてみました。今好きな人に対して片思いでお悩みの方は参考にしてみて下さいね。
予想外の人に告白された!返事をする前に考えるべき4つのこと予想もしていない相手から告白されたら、どう行動するのが正解なのでしょうか。告白された相手がたとえ片思い中の彼でなくても、実は幸せな恋愛ができる相手かもしれません。焦って告白の返事をする前に、まずは落ち着いて考えるべきことを4つご紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

コメント投稿ご利用のガイドラインに同意してコメントする。

関連する記事

    • 今日こそ絶対告白する!成功にこだわった王道告白の仕方とは

      告白するのは男性からの事が多いですが、最近では女性から告白するパターンも多くなっています。とはいえ、振られたらどうしようと二の足を踏む人も、まだまだ多いかもしれませんね。そこで今回は、男性の心理をつかんだ、成功しやすい告白の仕方を紹介します。

    • バレンタインで差をつけたいなら!本命チョコを渡すときの注意点

      年が明けて一番最初の恋愛イベントと言えば「バレンタイン」ではないでしょうか?片思いの人も両思いの人も、毎年どんなチョコをプレゼントしようか悩むと思いますが、バレンタインにチョコを渡す際には気を付けなければいけない点があります。どんな点に注意すべきか、紹介します。