女性らしさの象徴?ピンクの意味や色を選ぶその心理

女性らしさの象徴?ピンクの意味や色を選ぶその心理

3909
update

ピンクと言えば、いかにも女性らしい色という印象がありますが、それは色彩としてのイメージであって実際の意味はどうなのでしょう?今回は、ピンクの意味をご説明するのと、その色を選ぶ心理などについて知るところをお伝えします。

3909
update

ピンクは女性の色?

Close up Happy woman with a pink ribbon  for  Prevention Breast cancer or  Breast Cancer Awareness Concept.

Chompoo Suriyo/shutterstock.com

ピンクと言えば、女性が好きな色、女性が身に付けるもの、女性らしい色と、とにかく女性を示す色、女性主体の色という認識が一般的になるかと思います。

現に男性がピンクを身に付けているケースというのは、昨今増加の傾向にあるもののやはり女性と比べても非常に少なく、そこは何となく不可侵な領域であるかのような印象を受けると思うのです。

ではそんな女性がメインとなるピンクですが、一体色としての意味合いはどのようなものか、やはり女性を示すものがほとんどなのか、気になるところになるのではないでしょうか?

と言うことで今回、ピンクの意味について知るところを記述させていただきますので、今一度ピンクを深く理解してみて、一般的な認識通りの色なのかを確認してみましょう。

それと同時に、ピンクを選ぶ人の心理や周囲がピンクを身にまとうあなたを見て、一体どのような心理を抱くのか、どのように考えるのかについても併せてご紹介します。

それでおおよそピンクに対する考え方とか印象など、いろいろと変わるところがあると思いますので、今後ピンクという色を使用する際の参考になるかと思われます。

なおここを読まれている人の中で男性がいるのであれば、ピンクと聞いて興味をなくしてしまうかもしれませんが、一度ご覧いただいてピンクについて少し造詣を深めてみましょう。

それでピンクが好きになって、ちょっとした小物とか衣類にピンクを取り入れるようになったり、自宅にピンクの何かを置くようになったりするかも?です。

ピンクの意味

Education learning concept with opening book or textbook in old library, stack piles of literature text academic archive on reading desk and aisle of bookshelves in school study class room background

Chinnapong/shutterstock.com

ピンクという色には、他の色と同様様々な意味があり、且つそれらは比較的女性寄りの意味、女性らしさを示すものが多くを占めており、ピンクという色が如何に女性向きであることが分かると思います。

主立ったものとしては、「甘え」「気遣い」「優しさ」などがあり、中には「女性らしさ」なんてストレートな意味もあり、世間でピンク=女性となっているのも頷けるでしょう。

その他、「努力」とか「愛情」などもあるのですが、これらは意味合いとしては与える与えられるという持ちつ持たれつではなく、「一方的」という解釈になるようです。

性状としては、努力をするにしてもとても頑張るものの、人の意見を受け入れないとか我が道を行くというような、いささか素直なところがなかったり妙に偏屈だったりなどがあるようです。

愛情に関しても、与える分にはいくらでも与えられるものの、「与えられる」分にはかなり苦手なようで、それに伴って一方的な愛情を相手に押しつけてしまうとされています。

どちらにせよ自己満足の域を出ておらず、もしあなたがピンク好きなのであれば、心当たりがあるかを思い出してみて、もしそうなら努力も愛情も一方的になっていないかを確認してみましょう。

一方的であると認められるのであれば、おそらく与えられる側は満足どころか苦痛を感じている可能性もありますので、これを機会に一方的な行動は避けるのが吉です。

なお上記の努力とか愛情、このように言うと失礼に該当してしまいますが、女性によくある気質と言いますか、男性が女性に対して困る要素そのものですよね。

彼女なりに頑張っているものの、少しピントがズレているので彼氏が注意すると、彼女は全く聞く耳を持たないどころか激高して、喧嘩に発展することなんてよくあることです。

彼女が精一杯彼氏に愛情を与えているのに、彼氏がそれを重いと思って彼女に説明するも、彼女は「私のことが嫌いなの!?」的な感じで、あくまで与えようとしているなんて、これもよくあることです。

すなわち、ピンクが好きな人(特に女性は)というのは「女性あるある」を地でやってしまう、だからピンク=女性という認識が世間に浸透しているのだと思います。

ただ、別にサバサバ系になれとは言いませんし(サバサバ系は男性があまり好きじゃない傾向)、ウェットな恋愛も別に構わないのですが、少しだけ相手の立場に立って物事を考えると良いかもしれません。

男性はよく「女は人の話を聞かない」、「怒った女に何を言っても無駄」なんて言いますが、ピンク好きのあなたがそのようなテンプレ女にならないためにも、少しだけ気を付けるようにしましょう。

ピンクを選ぶ人の心理

Smiling beautiful young woman in pink mini dress posing with hands on chin. Three quarter length studio shot on turquoise background.

studioloco/shutterstock.com

ピンク好きの人がピンクを選ぶ心理と言うのは、やはりピンク=女性を想像すること、そしてピンクの意味に「女性らしさ」があることから、女性を前面に出していきたい気持ちが現れているのだと思います。

やはりピンク=女性は世間の共通認識ですし、女性らしくあるために、一女性として認識してもらうために、自分を可愛いと思ってもらうように、自然とピンクを選ぶようになるのだと思います。

だから基本的に「男性に向けて」いるところがあり、「男性に対する女性アピール」として扱われることが多く、そういう場でよく用いられると言えます。

これが女性の集まりになると、たとえピンク好きの人であってもあまりピンクの何かを選ぶことはないようで、そこはシックだったりブランド品を選ぶ傾向となるようです。

なお、ピンクを選ぶ人というのは比較的若い人に多く、そこについては少しでもファッションについてご存じであれば、そして世間を見渡せばお分かりいただけるかと思います。

そしてご年輩の人は避ける、まず着用だったり身に付けることはせず、年齢のラインがどこまでかは不確定なところがあるものの、そこは極端に別れてしまうのが基本です。

若い人が好むこと、そしてピンクの意味に「甘え」があること、そして男性向けに着用したり所持することから、意中の男性に甘えたいという心理が見え隠れしていることが分かります。

なお男性がピンクを着用したり所持する場合は、ピンクの意味合いはそっちのけで「ただのファッション」の域を出ず、色彩として利用しているだけに過ぎないことが多いようです。

例えば、この組み合わせにピンクを用いるとか、アクセント的に身に付けておく程度のことであり、特にピンクに対する思い入れ等はないことがほとんどと思われます。

だから男性の場合は、ピンクを身に付けていてもピンク好きとは限らず、それに伴ってピンクの意味とか心理などが、背景に全くないことがほとんどのようです。

周囲から見たピンクの印象

Women friends sitting in living room together

Rawpixel.com/shutterstock.com

ピンクという色は、着用したり所持する分には抵抗(主に男性)があることが多いのですが、客観的に見る分には優しい気持ちとなり、負の感情を排除する効果があるようです。

だからイライラとかストレス、フラストレーションなどが昇華されることもあって、そこに穏和な雰囲気を作り出す機会を得られ、人間関係も良好に繋がるものと思われます。

それに伴ってか、ピンクを身に付ける人に対して「優しさ」や「思いやり」を感じたり等、人はピンクに対して穏和な感情を抱くことが少なくなく、たかが色と判断できない力がピンクにはあるのです。

視覚というのは人の情報源で最も重要なところですので、その視覚の部分でポジティブな印象を抱かせることができるピンクというのは、人間関係には欠かせないと言えるくらいの色なのです。

なお、ピンクの意味に「愛情」など恋愛に関わるものが多いことから、今まさに恋愛中の人は自然とピンクに目が行くことがあるようで、これも一つのピンクの力とも言えます。

それに一見派手な色だけに目に留まりやすく、それもまたピンクの力を強くしている、ピンクを目立たせているのでしょうね。

ただし、服装の一部とか小物でピンクを取り扱うのは良いのですが、まさに全身ピンクとかになるとピンクが目立つことからさすがにくどく、それだけは避けた方が良さそうです。

ピンクは確かに女性らしさとか愛情の意味がありますが、くどく表現されてしまうことで意味合いの「押しつけ」となり、先にもありましたが男性の女性に対する態度みたいな反応をされてしまうからです。

なかなかさじ加減が難しいところですが、「体のどこかに少しだけピンク」なんて、簡単に考えていただければそれだけで十分上手にピンクを取り扱えていると言えますので、参考にしてみて下さい。

極端な話、ネイルとかブレスなどのごく一部分でも十分ピンクは映えますので、ピンクの取り扱いに不慣れな人はまずはそこから入門と参りましょう。

最初はできれば薄いピンク、慣れれば要所に濃いピンクなどを取り入れてみて、さらに自分のファッションを高めたり、自宅のインテリアにアクセントを付けてはいかがでしょう。

ピンクは客観的に見れば、上記のようにとても良い効果を見る者にもたらすとされているので、自宅のインテリアひとつとっても何らかの形で良い効果があるものと考えられます。

ピンクが大好きで部屋中ピンク…なのも、自宅なのですから別に構わないのですが、ピンクはその色彩からそこまで目に優しいものではありませんので、その辺りは計画的にやってみるようにして下さい。

下手をすると、どこかのピンク好きの有名人夫婦みたく扱われる可能性がありますし、それを避けたいと思うのであれば常識的な範囲で、人から受け入れられる範囲でお願いしたいと思います。

やはり女性寄りな色

Sensual african lady having fun with her best friend. Indoor photo of adorable girls in pink clothes standing on light background.

Look Studio/shutterstock.com

このピンクという色に関して、冒頭で「女性の色かどうか」について触れていますが、結論を述べるとやはりピンクという色は女性「寄り」な色と言っても差し支えはありません。

何故「寄り」なのか気になるところですが、理由はピンクを好きな人、所持している人は女性にだけに限らず、少なからず男性にも存在しているからです。

その中で、時にピンクが似合っていたりピンクを着こなしている男性もいたりで、そこは何も必ずしもピンクがイコール女性のものでしかないと判断するのは、少々乱暴なところがあると思うのです。

もっとも、女性寄りであることには変わらず、そして世間の多くはピンク=女性と認識しているのが現実で、そこはもう覆しようがないと考えても良いかと思います。

と言うことで、女性の皆様でピンクが好きな人は、せっかく女性に生まれてきたのですから、世間に受け入れられる、そしてその効果も期待できるピンクをもっと好きになっても良いのではないでしょうか?

元より好きという人に関してはここで何も言うことはありませんが、「何となくピンクはあざとくて嫌い」とか、「男に媚びていてイヤ」なんて思われる女性も少なくないと思うのです。

ですがピンクの意味等今回ご紹介した内容を鑑みれば、ピンクという色が如何に有効で有用で、それでいて素敵な色であるかは明白ですので、これを機に一度くらい触れてみても良いでしょう。

それでやはりピンクを好きになれないのであれば従来通りで、もし好きになることができれば少しずつ自分の身の回りに取り入れていって、上手にピンクを扱えるようになって下さい。

ただし、ピンクが好き過ぎる、めちゃくちゃ好きになった人の場合、勢い余ってピンクだらけにしてしまうとか、ピンクを前に出し過ぎてしまうことが考えられます。

それを客観視すると分かると思いますが、はっきり言ってそれは奇抜の中でも群を抜いていますので、もはや「おかしな格好」「変」と扱われて自然ですので、ある程度自制心を持つようにしましょう。

逆に上手く扱うことができれば、ピンクの効果を得られると共に男性へのアピールにもなりますので、それが媚びていると思う人は控えめに、狙っている人は少し目立たせてあげましょう。

もしかするとそこから恋愛とか、女性として意識して見られるとか、男性とのお付き合い上でとても素敵なことが起こるかもしれません。

若い時分でしか身に付けられない(年齢を経ても別に構いませんが自己責任で)ので、はっきり言って「今のうち」ですのでこの機会を生かしましょう。

女性でも男性でも使える色

やはりと言いますか、ご想像通りピンクというのは女性を示すものであることが、今回の内容でご理解いただいたと思いますし、そこはもうイメージ通りだったと思います。

しかし男性だって上手くピンクを使うことで、女性に対するアピールとか上手いアプローチになることも期待できて、結局は性別問わずピンクという色は身近なものとなるのです。

男性の場合は、さすがに全身をピンクメインにしてしまうと引かれてしまいますが、ちょっとしたところにピンクを取り入れることで、心理的な印象から良い方向へと向かうことでしょう。

ですので今後、もともとピンクが好きな女性は一層この色が使いたくなったと思いますし、ピンクを避けていた男性も今後取り入れようかなんて思われたことでしょう。

相手に対して良い印象を与えるピンクは、全身くまなくそれだと困りますが、多少であれば性別問わずに良い結果をもたらす可能性が期待できるのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

公共施設でも女性はピンク、男性はブルーといった表示を多く見かけますよね。それだけ女性はピンクというイメージがあるけど、実際にも優しさや気遣いなどの意味があり、女性や母性を連想させるようになっているのは面白いな。

1 名無しさん
通報

ピンクは若い人じゃないとダメとか、男性ではなく女性か身に付けるものとか、偏見すごすぎない?

昨今の風潮だとこんなの公の場で発言したら叩かれそう。

色に老若男女の決まりはないし、そんな狭い目で世間を見てたらグローバル社会についていけないよ笑

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー