紫が気になる・紫が好きな人はミステリアス?高貴?不思議な紫色のその意味や心理

紫が気になる・紫が好きな人はミステリアス?高貴?不思議な紫色のその意味や心理

4125
update

どちらかと言うと女性の意味合いが強い紫色は、高貴さを魅せられるためか今もなお好まれています。同時にミステリアスな感じも見受けられて、とても不思議な色と言えるのではないでしょうか?今回は紫色のその意味や、受ける心理などをお伝えします。

4125
update

選ばれた人だけの色

Bright colours in shapes of ice cream scoops in cones for Indian holi festival. Colorful gulal (powder colors) for Happy Holi.

Nataliya Druchkova/shutterstock.com

本来紫色というのは、今でもその美しさとか高貴さから伺えるように、大昔は一般大衆がとても手にできるものではなく、限られた者のみが身に付けることができる色とされてきました。

実際、教会の聖職者や極めて高い身分の、それこそ王女様レベルの人が身に付けていたとされていて、言わば紫色というのは選ばれた人だけの色だったのです。

そんな紫色も、時代が進んで一般人でも手に入れる、身にまとうことができるようになり、他の色とそれほど変わらない扱いになっているのですが、未だその気高い色彩はそのままです。

紫色のその意味も、そういった気高いとか美しさが伺えるものが多いようです。もしあなたが紫色好きなのであればその意味を、そして紫色を選ぶ心理などを是非知りたいと思うのではないでしょうか。

ですので今回、それらについてをここで明かさせていただきますので、今では他の色と扱いは変わらないものの、未だその気高さが垣間見える意味や心理などを知ってみて下さい。

もちろん、そういう意味だけに限らずその他いろいろな意味もありますので、それらについてもご紹介させていただきます。

さらにちょっと変わった意味も含まれているようですので、ついでと言っては何ですがそこにも触れさせていただきますので、今回紫色の全てを把握しましょう。

紫色の意味

Gorgeous short-haired girl in sunglasses dancing on purple background with happy smile. Laughing female model in elegant fur coat posing in studio with little handbag.

Look Studio/shutterstock.com

前項のとおり、とても美しく高貴と言える紫色ですが、そのように認識される、そのように感じられるのにはそれなりの根拠があり、それは紫色の意味に多くは隠されています。

では具体的にご紹介しますが、紫色には「女性らしさ」「神秘的」「癒し」「カリスマ」などの意味があり、神秘とかカリスマなどの意味があることから、そこはかとなくその高貴さが伺えます。

人としての特徴を意味するものとしては、「精神性」「直感力」「創造力」「哲学的」など、これもまた身分が高そうな人が好みそうな(印象ですが)ものばかりとなっています。

ただし、「考えが過ぎる」とか「細かい」と言った意味もあり、神経質な感じが見受けられるのですが、これもまた高い身分の人が備えておかなければならない性質のひとつと言えるでしょう。

物事をしっかり考えなければ、性格的に細かくなければ、そのような身分に至ることはなかったものと思われますし、そのような人からすると必須の性質なのです。

その他「スピリチュアル」「催眠」など、少し変わった意味も含まれているようで、これもまた何となくではありますが紫色のミステリアスさを強調している要素と言えます。

色彩の効果としては精神面の回復作用とか、場合によっては血圧を低くするという効果もあるようですが、これに関しては医学的に解明されておりませんので、参考程度に止めておいて下さい。

このように、紫色の意味のほとんどは「紫色ならでは」と言いますか、世間のイメージ通りの紫色そのままで、美しく高貴な感じが印象付けられるかと思います。

そしてその全てがほとんどネガティブさがない、良い意味の扱いであることが多いので、紫色というのが如何に特別であったのかが伺えるかと思います。

これで紫色の意味については大体把握されたことだと思いますので、次項からは紫色を選ぶ人がどのような心理で紫色を選んだのか、その辺りについて触れさせていただきます。

なお事前に言っておきますが、紫色がいくらそのように美しいとか高貴であるとしても、必ずしも選ぶ人がそうである訳ではないので、そこだけは覚えておいて下さい。

ここまで紫色を推してしまうと、闇雲に紫色を周囲に取り入れる人も少なからず、むしろ紫色ばかりを選択してしまいますので、「そういうものじゃない」という意味でです。

それともう一点、紫色には人体で言う「頭部」を表しているようで、紫色を積極的に選ぶ人というのは、もしかするとご自身の頭部に関する、何らかの注意を紫色から受けているかもしれません。

例えば「近頃考えすぎで頭が疲れている」とか、「頭に休息を与えてほしい」など、体がそう訴えてもなかなか自覚ができないので、色を通じてご自身に理解させようとしている可能性もあるようなのです。

ですので、「特に最近」紫色に興味を示すようになったのなら、一度頭が疲れていないかなどを改めて確認してみて、ご自身の精神的な不調を明らかにしてみると良いでしょう。

なかなか分かりにくいところですし、色で不調を示されても困るところもありますが、そういう不調の確認の仕方もあるということで、頭の片隅にでも置いておいて下さい。

紫色を選ぶ人の心理

Fashion photo of a beautiful young woman in a pretty dress with flowers posing over pink background. Fashion photo

HighKey/shutterstock.com

紫色を選ぶ人というのは、紫色の意味に美しさや高貴さがあることから、それを自分に与えたいために選ぶ、自分自身を美しく高貴に見せたいという目的があるかのように見えます。

ですが実際は、そもそも紫色好きの人にそのような意識がない、また元より紫色の意味をご存じないことがほとんどで、おおよそその辺りは無関係であるものと思われます。

ではどういう心理で紫色を選ぶかですが、それは紫色の意味にある「癒し」とか「神秘的」、「想像力」という要素が、紫色を選ぶ心理として有力になっているものと思われます。

と言うのも、まず「癒し」についてですが、昨今ストレス社会であるこの世の中ということで、無意識に気持ち的な面で安らぎたい、リラックスを求めていることで、紫色を選ばせている理由のひとつと考えられます。

そして「神秘的」なことにより、人が不思議な何かを目にすると興味を持ってしまう「知的好奇心」などがあるように、自然と惹かれてしまうという結果になることがあるのです。

もうひとつの「想像力」ですが、つまりこれは紫色に対してクリエイティブな何かを連想させる、発想のきっかけになるなどの要素があるため、芸術的な意味で選ばれるというケースもあるようです。

このように、ただ美しく高貴であるからという理由ではなく、むしろ紫色に対して明確な何かを求めた結果により、紫色を選んでることの方が多いのではないかと推測できます。

なおこの紫色、前項と重複してしまいますが体の部位で言うと頭部を指し、脅かす訳ではありませんが頭部絡みで何かが起こっているかもしれないために、無意識に紫色を選んでいるという可能性もあります。

とは言っても脳腫瘍とかそういう病気などではなく、頭の「中身」…要はストレスが溜まっていたり頭の使いすぎで疲れていたりなど、その手の疲労がもしかするとあるのかもしれません。

ですので心当たりがある、身に覚えがある人は、紫色を選ぶ自分をまず客観視してみてから、休暇などを取ってゆっくりと頭を休めるよう計らうことをおすすめします。

なお、いずれも選ぶ心理としてはネガティブなものではなく、むしろ心理的には良い状態であることが多いですので、実のところこれ以上特筆するところはありません。

ストレスなどに関しても、紫色を選ぶことが前兆となっていることから、早期発見という意味でこれも悪い意味ではありませんので、基本的には紫色好きな人の精神状態はむしろ良好だと言えます。

ですので、逆に「最近紫色が好きじゃなくなった」という状況になった際に、自分に対する異変を察知する感じでいた方が、紫色の意味的には有効になるかと思います。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

紫は独特の雰囲気があるのですね。

高級感がある色だと思います。最近は

色そのものに力があるとのことで紫は

プラスの色だと知りました。こういった

明るい色を選ぶ女性は、恋愛においても

ビジネスにおいても大成すると思います。

1 名無しさん
通報

紫と反対色の黄色って、、、

そんな組み合わせの服着てたらめちゃくちゃ目立ちそうw

80年代ファッション的な感じにオシャレかも。

そういう色のエアフォースあった気がする。

紫を取り入れるなら他は黒とかグレーだと無難かな〜と思うけど!

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー