福岡の中心!福岡県福岡市にあるおすすめデートスポット

福岡の中心!福岡県福岡市にあるおすすめデートスポット

3302
update

福岡県の県庁所在地でもある福岡県福岡市には様々なスポットがあります。恋人とのデートで行くならどこがいいのか迷っちゃいますよね。そこで今回は、福岡県福岡市のおすすめデートスポットを紹介します。

3302
update

福岡県福岡市には様々なスポットがある

landscape of Fukuoka city

siro46/shutterstock.com

東京特別区を除いて5番目、近畿地方以西の西日本では2番目に人口が多い福岡県福岡市は、福岡県の県庁所在地であり政令指定都市でもあります。

2016年に日本の民間研究所が発表した「世界の都市総合力ランキング」では世界36位と評価されたこともあります。 九州地方の顔とも言われる福岡県福岡市なので、東京や大阪のように多くの人でいつも賑わっており、お店も多いです。

でも東京や大阪ほど人がごった返しているわけではないので、どのスポットでもデートがしやすいと言われています。

そこで今回は、数多くのスポットがある福岡県福岡市の中でも特におすすめなデートスポットを紹介します。

マリンワールド 海の中道

marine-world.jp

福岡県福岡市のおすすめデートスポット1つ目は、「マリンワールド 海の中道」です。

1989年に開園し、1995年に改装・増築されたマリンワールド 海の中道は、「対馬暖流」をテーマに熱帯から温帯、寒帯の魚を350種類20,000点を展示しています。

建物は海の中道と呼ばれる砂州に位置しており、国営海の中道海浜公園と隣接しています。

外観は貝殻をモチーフとし建物は半円形のデザインで、ワイヤーで固定されたテント型屋根の特徴的なものになっています。

館内の1階から2階を貫くパノラマ大水槽は、24m×10m、水深7m、水量1,400tの水槽であり、水槽を構成するアクリルパネルは厚さ約30 cmもあります。

大水槽では80種2万匹以上の魚が回遊し、その内サメが20種100匹、イワシは2万匹ほどおります。

水槽周辺の館内は暗くなっており、ライトアップされた水槽内を大型のサメやエイが泳ぐ姿や、マイワシの群れなど幻想的な光景を見ることが出来るんです。

パノラマ大水槽では、アクアライブショーが行われており、ダイバーが水中カメラで撮影したライブ映像を見たり、マイクをつけたダイバーとの会話や解説を聞けます。

イワシタイフーンでは、イワシやサメ、エイなどの魚のえさやりを見ることが出来ますよ。

1994年に博多湾に漂着したというメガマウスのホルマリン標本や、イルカ、ゴマフアザラシ、ラッコ、ウミガメなど子供から大人まで人気の生き物たちの姿を楽しめます。

他にもペンギンプール、スナメリプール、マリンサイエンスラボなとがあります。

開業20周辺の記念としてイルカプールの隣接地に開設されたのが、かいじゅうランドです。

海獣の飼育展示用途の施設で、こちらにはカリフォルニアアシカというゴマフアザラシが暮らす大小2つの水槽があります。

こちらにはパクパクアザラシというイベントがあり、好みのアシカやアザラシにエサを与えることが出来ます。

レストランでは、カレーライスなどのメニューが20種類ほどあり、ショープールの中にいるイルカの雄大な姿を眺めながら食事を楽しめます。

イルカを見ながら食事が出来るなんて中々ありませんよね。

マリンワールド 海の中道では、季節ごとに様々なイベントを行っているだけだはなく夏になると夜間営業も行っています。

夜の時間でしか見ることの出来ない生き物たちの姿はとても貴重です。

  • マリンワールド 海の中道
    他の水族館とは一味違った水族館!
    デートにぴったりのスポット!
詳細はこちらから

博多町家 ふるさと館

www.floral-nishinakasu.com

福岡県福岡市のおすすめデートスポット2つ目は、「博多町家 ふるさと館」です。

懐かしい明治・大正の時代を中心に、博多の暮らしと文化を広く紹介している博多町家 ふるさと館は、展示棟、町家棟、みやげ処で構成されています。

町家棟は、明治20年代前半に博多で織元の住居兼織り場として建てられた町家を移築復元したもので、福岡県福岡市の指定文化財になっています。

この中では、間口の狭さに比べて中の間の大きく高い吹き抜けや太い大黒柱や彫り物で飾られた渡り廊下を見ることが出来たり、リズミカルで正確無比、貴重な手織りの実演を見ることが出来ます。

実際に手織りの体験をすることが出来る時間帯もありますので、この貴重な体験は時間が合ったら是非参加してみて下さいね。

他にも鎌倉時代に誕生したと言われる博多織の展示を行っています。

展示棟では、博多の歴史や文化、商家に伝わる民具や博多の伝統工芸品を見ることが出来ます。

まず情報コーナーでは、福岡県福岡市を一望する地図で観光ポイントを紹介しています。

博多の歴史では、奈良時代から博多と呼ばれてきたこの地の歴史を年表やパネルで紹介しています。

町割りと流では、博多独自の町の形態である流の成り立ちについて説明しています。

博多の祭りでは、博多の祭り暦や模型の展示、福を願って古くから続く行事である博多松囃子について、博多のシンボルともいえる祭や博多祇園山笠についてその歴史や活躍をシアターで紹介しています。

当時の景色では、明治から大正期の街並の写真を現在の写真と比べて比較展示していたり、電話機の受話器に耳を当てるとユーモアと人情味溢れる博多弁が聞ける博多弁講座、解説者の語りと共にレンズを通して仕掛けで変化する絵を見て楽しむのぞきからくりがあります。

博多の人物では博多の風土に育まれて活躍した人々の紹介をしています。

体験をするブースもあるので、ただ展示物を見ているだけではない楽しさを感じることが出来ると思います。

みやげ処では、博多の伝統工芸品や地元の銘菓、山笠グッズなどここでしか手に入れることが出来ないグッズが揃っています。

博多織グッズを持ち歩いていると、さらに恋人とのデートが楽しくなると思います。

  • 博多町家 ふるさと館
    体験コーナーもあるので、見るだけじゃありません!
    昔ながらの香りが広がるスポットです!
詳細はこちらから
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー