【愛を表す色】慈愛溢れる青いオーラを持つ人の特徴とは?

【愛を表す色】慈愛溢れる青いオーラを持つ人の特徴とは?

3442
update

みなさんはオーラについて興味があったりしませんか?もしくは過去に「青いオーラをしているね」といわれたりしたことはありませんか?実はオーラというのはその人のエネルギーをあらわしており、人間を知るためにも非常に役立つものなのです。ここでは青いオーラについてまとめていきます。

3442
update

愛に溢れた人が多い青いオーラ

Young woman in yoga meditation hands with seven chakras and Yin Yang symbols.

May_Chanikran/shutterstock.com

あなたは「オーラ」という概念についてどこまで知っているでしょうか? もしくは、オーラについて興味をお持ちではないでしょうか?   実際、現代ではオーラという概念はそこまで世間的に受け入れられているとはいえず、多くの人はオーラを「オカルト」「スピリチュアル」といった認識を持っていることでしょう。   ですが、実はオーラというのは人間であるなら誰もが持っているものであり、誰もがオーラを放出しながら生きています。   オーラが見える人と見えない人で差はあれど、オーラを持っていることはすべての人間において共通であり、オーラを持っていない人は一人たりとも存在しません。   というのも、オーラというのはその人の生命エネルギーを表しており、オーラがあるとうことは生きているということでもあり、生命力を持っている生物であると考えることができます。   そしてさらに、オーラには色がという概念も存在しており、その人が持っているオーラの色によって、その人の人格や性格といったものがある程度把握できるようになっておいるのです。   こういった説明を聞くと、いかにもオカルト的&スピリチュアル的だと感じるかもしれませんが、実際にはオーラはその人の生命力を表しているものであると認識していれば、そこまでオカルトチックな概念ではないことがわかるのではないでしょうか。   ここでは、愛に溢れた人が多いといわれている「青いオーラ」についてまとめていきます。 オーラに興味がある人や、スピリチュアルについて詳しく知りたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

慈愛を表している

Sad woman sitting on a sofa in the living room

Zivica Kerkez/shutterstock.com

スピリチュアル的な観点からいえば、青いオーラを持っている人は愛に溢れた人が多いといわれており、それは慈愛を表しているともいわれています。   オーラを色別で判断し、その人の性格やら人格やらを読み取ろうとすることは、血液型性格診断や夢占いなどと同じく科学的な根拠があるわけではなく、そのほとんどは推論というようになってしまいますが、人間の認識はすべてある程度共通的なものとなっていますので、オーラ別性格診断といった方法はまったくの的外れであるともいえないでしょう。   たとえば、赤という色について考えてみると、赤色を見たときにおよそ大抵の人は「情熱」「熱意」「気合い」といったイメージを思い浮かべるはずです。 また、黄色に対しては「陽気」といったイメージであったり、緑であるなら「癒し」「リラックス」といったところでしょうか。   人間は無意識のうちに色別にそれぞれ個別のイメージを持っており、それは多くの人間が持っているイメージと同じになっています。 もちろん人によっては、「自分は赤色に対して危険というイメージを持っている」と思う人もいるかもしれませんが、これは絶対的な概念のことを言っているわけではなく、一般論として提示している例に過ぎません。   なので、自分が色について持っているイメージが他人と違ってもなんら問題はなく、オーラの色からわかる性格的傾向といった部分においては、そこまで齟齬が生じることはないでしょう。   青色のオーラをしている人は、愛に溢れている人間であり、慈愛の精神を強く持っている傾向があるのです。

空や海のような気質

青といえば海や空を思い浮かべる人も多いと思いますが、青色のオーラをしている人はまさにそういった印象にピッタリと一致している存在であるといえます。   慈愛の精神を持っている人の大半は、それと同時に広い心を持っているものであり、気質が海や空のように穏やかで澄んでいることが多いのです。   「荒立っている海もあるじゃないか」「空が荒れているときもあるじゃないか」といた反論は、オーラ性格分析からすれば的外れであるといえますので、そうした重箱の隅をつつくような反論をスピリチュアル分野には持ち込まないようにしましょう。   青いオーラを持っている人は冷静沈着であり、心が穏やかで優しく、他人のことをしっかりと思いやることができる人が多いのです。   しかし、それとは逆に欠点ももちろん存在しており、あまり人と深く関わることを好まない人も多く、依存や執着といったことはもちろんのこと、本心が見えないというケースも多いようです。   青いオーラをしている人は、海のような慈愛を持ってはいますが、その深さは誰にもわからず、本当の深層にある気持ちは本人以外には知ることはできないのです。

器が大きい

青いオーラをしている人は、海のような気質をしているといいましたが、それはつまり広くて大きい器を持っているということでもあります。   器が大きい人というのは、寛容な精神をしている人ということもでき、寛容かつ許容度が広い人であるといえるでしょう。   現代人は、いつもなにかと小さなことでイライラしたり怒りを出したりしていますが、そういった人の本質的な問題点は自分の精神にあるといえます。   結局のところ、人が怒りっぽくなったりイライラしやすいのは本人の器が小さいことが問題であり、寛容とは程遠い精神をしていると考えられます。   そうした状態では、仮に現状が満足のいく状態になったとしてもまたすぐに不満を露にして文句をいうことでしょう。   人間性の根幹は本人の精神性にあります。   青いオーラをしている人は、精神が非常に安定しており、ちょっとやそっとのことでは乱れたりすることはありません。   海のように器を広く持ち、寛容な精神と慈愛溢れれた人格で他人と接することができる。   これが青いオーラをしている人の大きな特徴であるといえるでしょう。   ですが、だからといって青いオーラをしている人がもっとも優れているというわけではなく、人にはそれぞれ適しているオーラが存在していますので、自分のオーラを攻める必要はありません。 いざとなれば、自分の努力次第でオーラの色を変えることもできますので、そうしたことをお望みの人は、ぜひこの後の内容についてもチェックしてみてくださいね。

オーラが青色の人の特徴

Abstract science, circle global network connection in hands on sunset background
/ soft focus picture / Vintage concept

13_Phunkod/shutterstock.com

オーラには人それぞれ固有の色が存在しています。   その色によってその人の性格的傾向などをある程度知ることができますが、本質的なその人自身について完璧にわかるわけではありません。   オーラ別性格分析といった方法も、さきほどいったように血液型性格分析と同じく根拠はありませんし、それは推測の域を越えていないのが現実です。   しかし、オーラがその人の生命エネルギーを表しており、オーラが人間が持っている色に他視するイメージに呼応するのであれば、色別のオーラから性格的傾向を推測するのは的外れではないでしょう。   自分のオーラや他人のオーラを知ることができれば、それを人間関係などに生かすことも可能ですし、いまよりももっと充実した人生を送るための役に立つものでもあります。 欠点を自覚したり長所について自覚しなければ人は成長しないように、自分のオーラを通して内面的な成長をする人もたくさんいるのです。   そこでここからは、「オーラが青色の人の特徴」についてまとめていきます。 オーラが青色の人はあまり多くはいないが現実であり、海や空のような気質を持っている人もめったにいません。   自分のオーラがもしかしたら青色かもしれないと感じている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1、真面目

オーラが青色の人の特徴の一つ目は「真面目」です。   これはオーラが青い色をしている人のもっとも顕著な特徴の一つであり、性格的な真面目な気質をしている人はオーラが青くなっている確率が高くなっています。   というのも、青という色に対するイメージとしては、さきほども述べたように海や空を思い浮かべる人も多いでしょう。 それと同時に、冷静やドライといった印象を受ける人も少なくありません。   青という色は、そういった印象を抱くことにより無意識に真面目という印象も付加されていることが多く、それが青いオーラをしている人の特徴としてより顕著に表れることが多いようです。   実際、真面目であることはすごく大きな強みであり、現代では不真面目であることがいいことのような印象が形成されている部分も少なからずあるでしょう。 真面目に生きている人は堅苦しい、頭が固いと揶揄する人も多いです。   しかし、真面目に生きていることが悪いことは一切ありませんし、真面目な人が全員頭が固いというわけでもありません。 真面目でユーモアを持っている人こそ、社会的にも人気が高い人物なのではないでしょうか。   青いオーラをしている人は、ユーモアと真面目さを兼ね備えている人材であるといえますね。

2、信念がある

オーラが青色の人の特徴の二つ目は「信念がある」です。   これもオーラが青いオーラをしている人のより顕著な特徴の一つであり、オーラが青い人は自分の中に確固たる信念を持っている人が数多く存在します。    信念というのは、自分が生きているために掲げているモットーのようなものであり、z分の行動規範でもあり、道徳や倫理の源であるともいえます。   実際、現代では自分なりの信念を持ちながら生きている人はほとんどいなく、誰もがなんとなく流されながら毎日を生きていることでしょう。   ですが、青いオーラをしている人はしっかりと自分なりの信念を持つことで、自分の人生をしっかりと生きることができています。   これはさきほどの真面目という部分にもつながってくる話ではありますが、真面目な気質を持っているからこそ、人は確固たる信念を持ちながら生きていくことができるのだと思います。   信念を持っていることと適当に周りに流されながら生きていくことでは、その日々の充実度や人生の密度はまるで異なるでしょう。   なので、人生や毎日の生活に不満を感じている人は、ぜひ青いオーラと持っている人と同じように自分なりの信念や、生きるモットーのようなものを持つようにしてみてくださいね。

3、利他的

オーラが青色の人の特徴の三つ目は「利他的」です。   オーラが青い人の行動はいたって利他的になっています。 相手のことを常に思いやることができ、自分よりも他人、そして社会のことを考えて行動している人が多くなっています。   というのも、利他的な人というのは、実際には利己的な意志に基づいているケースも珍しくはなく、自分の自己欺瞞に陥っている人もよくいることでしょう。   本当は自分のためにも関わらず、他人のためだと自分に言い聞かせて自分で自分のことを騙している。 そうした利他的な姿勢を持っている人も大勢いるのです。   しかし、青い色をしているオーラの人は、そうした自己欺瞞に陥ることなく、本心からの利他的な感情を持っている人が多くなっています。   それこそまさに海や空のような広い心を持ちつつ、自分よりも相手のことを優先して考えて行動することができる。 そんな人が青色オーラをしている人には多く存在するのです。   ですが、一方で偽善的な利他的を持っている人も、表向きはオーラが青くなることがあるようですので、そういった人がいた場合は注意するようにしましょう。

4、冷静

オーラが青色の人の特徴の四つ目は「冷静」です。   これも考えればすぐにわかることかと思いますが、青いオーラをしている人は冷静であり常に落ち着いています。   まさに海のような広い心を持っているがゆえに、多少のことではイライラしたり怒り出すことはなく、自分の感情をしっかりと自分でコントロールすることができるのです。   現代ではこの冷静さという部分が欠如している輩がごまんと存在し、誰もがほんの些細なことで感情を高めて怒り出すことでしょう。   自分で自分を制御することができない人は、お世辞にも成熟している大人であるとはいえませんし、それでは人生もつまらなく不満だらけになってしまうでしょう。   しかし、そこでしっかりと冷静さを身につけることができれば、今よりも充実した人生になることは間違いありません。   感情に振り回されるのは感情をコントロールできない子どもであり、大人であるなら最低限自分の感情や欲求といったものを制御できなくではなりません。   青いオーラをしている人はその気質からすでに冷静さを身につけている人が多く、それこそその人のオーラを青くしているともいえるでしょう。   自分は怒りっぽい、感情に振り回されやすいと感じている人は、冷静さを心掛け、常に落ち着いて行動することができるように自分をコントロールしてみましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

最近はオーラを写真で撮影できるようなお店やカフェもあるので、気軽に自分のオーラを知ることができますよね。オーラって胡散臭いと思う反面もありますが、実際に当たっている部分も多くて、自分の大事にしているものが何か分かったりするんですよね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー