坂本龍馬の出身地!高知県高知市のおすすめデートスポット

坂本龍馬の出身地!高知県高知市のおすすめデートスポット

3113
update

坂本龍馬の出身地として有名な高知県高知市には、ここだからこそ楽しめる恋人とのデートでおすすめなスポットがあります。そこで今回は、高知県高知市のおすすめデートスポットを紹介します。

3113
update

高知県高知市の魅力とは

Cape Ashizuri lighthouse

EhimeOrenge/shutterstock.com

高知県高知市は、気候や景色、独特の文化や歴史などが高く評価されています。

四国地方の中核市の中でも特に多くの自然が残されていると言われていますし、坂本龍馬の出身地として注目されていることもあります。

美味しい食べ物もありますし、高知県高知市でのデートはおすすめが沢山あります。

恋人とどこに行けばいいかわからないという人でも楽しいデートが出来るように、今回は高知県高知市のおすすめデートスポットを紹介します。

高知県立牧野植物園

www.makino.or.jp

高知県高知市のおすすめデートスポット1つ目は、「高知県立牧野植物園」です。

高知県立牧野植物園は、1958年に高知が生んだ「日本の植物分類学の父」である牧野富太郎の業績を顕彰するために開園しました。

園地には、博士ゆかりの野生植物など約3000種類が四季を彩ります。

高知平野に囲まれた自然豊かな歴史と景勝の地、五台山に位置する恵まれた環境を活かし調和させながら、植物園の持つ研究、保存、教育普及、鑑賞と憩いの場の提供など、多方面にわたる使命を具現化できる園地作りをしています。

景観面では、眼下に広がる高知平野や四国山地を借景として、無限の広がりを感じさせられるよう工夫しています。

温室ゾーンは7つのエリアに分かれています。

みどりの塔と回廊エリアは、大木の洞窟をイメージした高さ9mの塔で、その壁面にはアコウを植栽しています。

他にもリュウビンタイ、ディクソニア、シッサスなどが鑑賞出来ます。

乾燥地の植物エリアでは、キンシャチ、トックリラン、サイザル、アガベ類、柱サボテン類などがあります。

熱帯の暮らしと植物では、園の研究フィールドであるミャンマーやソロモン諸島の農村の庭先を再現しており、バナナ、パパイヤ、マンゴー、ライチなど熱帯の暮らしに身近な植物を植栽しています。

資源植物ゾーンでは、コーヒー、コーラ、カカオなど人の生活に深い関わりのある植物を植栽しています。

ウォーターガーデンは、滝を中心にシンメトリーに配置された柱が神殿を思わせる、開放的な水辺の空間になっており、池の水際にはマングローブの仲間や湿地を好む植物、池の中には熱帯スイレンなどが植栽されています。

展望デッキは、温室内を一望出来るようになっており、ヤシの樹冠やカラテアが広げている葉を上から見られます。

ジャングルゾーンでは、壮大な滝しぶきを受けてシダやサトイモ科、イワタバコ科などの植物が美しい緑の空間を作っており、滝の上にはヒカゲヘゴや高木類の群落など、ダイナミックな風景になっています。

南園 50周年記念庭園では、南園の地形と歴史を最大限に活かしており、サクラ類やハナショウブ、ハス、リンドウなど東洋の園芸植物を中心に集め、四季を感じられる空間です。

また園内には、牧野富太郎記念館があります。

本館と展示館の2つの建物から出来ていて、本館には、植物標本室や実験室といった植物学の研究施設、植物関係の図書を収めた図書室、牧野博士が収集した蔵書、直筆の原稿、植物画など58000点を収蔵した牧野文庫があります。

  • 高知県立牧野植物園
    花好きにはたまらないスポット!
    季節折々の花を見ることができます!
詳細はこちらから

わんぱーくこうち

www.city.kochi.kochi.jp

高知県高知市のおすすめデートスポット2つ目は、「わんぱーくこうち」です。

99種566点の動物たちを飼育しているわんぱーくこうちは、都市型の少しこじんまりとしている動物園です。

この動物園の一番の強みは動物たちが間近に見られる点で、園内のアニマルギャラリ-は室内展示で、来園者と動物の間にはガラス1枚しかありません。

園内は14のエリアに分かれています。

ヤマアラシ舎では、アフリカタテガミヤマアラシ、小獣舎では、ニッポンアナグマ、サーバルキャット、ホンドタヌキ、フラミンゴ舎ではヨーロッパフラミンゴ、コフラミンゴ、インコ舎 ではシロビタイムジオウム、モモイロインコキジ舎では、ニホンキジ、インドクジャク、ヒオドシジュケイがいます。

シマウマ舎では、グラントシマウマ、ギャラリー館ではカメ、インドホシガメ、マントヒヒ、アビシニアコロブス、キュウシュウノウサギ、エリマキキツネザル、ワオキツネザル、クマ舎にはニッポンツキノワグマ、他にもライオン舎、トラ舎、カモシカ舎、バードハウスがあります。

ふれあい広場では、ウサギやモルモット、シバヤギと触れ合うことが出来ます。

わんぱーくこうちでは、干支の特別展などの特別イベントも開催されていることがあります。

常時開催されているイベントは、動物たちの餌やりで、動物がエサを食べている姿を誰でも見ることが出来ます。

他にも、飼育スタッフによる解説や動物舎の裏側を見学するガイドもあります。

園内では、スマホで動物たちの鳴き声や映像が楽しめるいきもの図鑑もありますので、動物たちの様々な姿を楽しめます。

また地域に根ざした動物園として、高知県高知市と周辺地域の野生動物の保護活動も積極的に行っているだけではなく巣立ちビナや野鳥のヒナなどを安易に拾わないでほしいという呼び掛けも行っています。

  • わんぱーくこうち
    たくさんの動物がいて触れ合うことができます!
    なかなか他では触れ合うことができない動物も!
詳細はこちらから
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー