【浮遊霊とは?】浮遊霊につかれたときの症状と改善方法とは?

【浮遊霊とは?】浮遊霊につかれたときの症状と改善方法とは?

2266
update

みなさんは「浮遊霊」という言葉を聞いたことがありますか?幽霊について信じるか信じないかは完全に個人の自由であり、霊にとりつかれることによってさまざまな症状が生じるということを信じるかどうかも自分次第です。しかし、現実には浮遊霊につかれて苦しんでいる人がいます。ここでは浮遊霊についてまとめていきます。

2266
update

浮遊霊ってなに?

Woman praying and free bird enjoying nature on sunset background, hope concept

PopTika/shutterstock.com

あなたは「浮遊霊」という霊をご存知でしょうか?   おそらくスピリチュアルやオカルトに興味がある人以外は、あまり聞き馴染みのない言葉だと思いますが、浮遊霊というのは簡単にいえば「自分が死んだことを認識していない霊」ということになります。   つまり、成仏できない魂が浮遊霊になるということです。   多くの人が想像している幽霊は大抵この浮遊霊であるのが一般的であり、なんらかの理由によって完全に成仏できず、この世に怨念を抱えているからこそ幽霊が現れることがあると多くの人が思い込んでいます。   しかし、実は浮遊霊は世の中に恨みを盛っている霊ばかりではなく、単純に自分が死んだということを知らずに、どこに行けばいいのかもわからずに現世をさまよっている状態の霊が非常に多くなっています。   フラフラと現世を徘徊し、たまに目に入った人にとりついたりイタズラをしたりする。 浮遊霊にはそういった特徴があり、必ずしも何かしらの恨みなどを抱えているわけではないのです。   ですが、こういった目的を持っていない浮遊霊こそ、実はもっともやっかいでタチが悪い霊でもあり、なにも目的も恨みもないために中々成仏することができず、行くあてもなくただフラフラとしてる状態は幽霊の中では最強かもしれませんね。    ここではそんな「浮遊霊」について詳しくまとめていきます。 浮遊霊に興味がある人や、もしかしたら自分には浮遊霊がついているのかもしれないと感じている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

成仏できない魂

Soul and spirituality abstract concept  for mourning and world human spirit day with warm candle light bokeh illumination, golden sunset sky and reflective river wave background

Chinnapong/shutterstock.com

前述したように、浮遊霊とは成仏できていない魂であり、どうすればいいのかわからずに現世をさまよっている状態の幽霊のことを指します。   この浮遊霊の特徴は、強い恨みや未練があるから現世にとどまっているというわけではなく、ただ行くあてがわからないためにフラフラしているということです。   まるで昔のヒッピーのような存在であるような幽霊ですが、幽霊においては浮遊霊こそがもっともやっかいでありタチが悪くなっています。   というのも、悪霊というのは必ず何かしらの目的が存在し、強い執念や未練があるからこそ現世で悪さをしたり人にとりついたりしていますが、浮遊霊にはそういった目的がないため成仏することは簡単ではないのです。   悪霊の場合はその目的に対して適切な対処を行い、しっかりと除霊することで悪霊を払うことができますが、浮遊霊の場合は目的がないのですから除霊するには単純に力だけで霊を払う必要があるのです。   そのため、未熟な霊能者ではうまく浮遊霊を除霊することができず、いつまで経っても人にとりついたままになっていることよくあります。   唯一の救いは、浮遊霊自体の力はそこまで強いわけではないので、普通の霊能者であるなら簡単に除霊することができる点です。   幽霊の中にもランクやレベルというものが存在し、悪霊はもっとも力が強い最高ランクの幽霊であるとするなら、浮遊霊は限りなく下のランクの幽霊であり、とりつかれたからといって日常生活が送れなくなるほどの悪影響が出ることはまずないでしょう。

力は弱い

しかし、いくら浮遊霊の力が弱いからといってそのまま放置していても大丈夫というわけではなく、浮遊霊であってもとりつかれた場合は何らかの症状が引き起こされます。   具体的な症状についてはこのあと詳しくまとめていきますが、浮遊霊にとりつかれたときは頭痛や肩こりや倦怠感といった症状がもっとも一般的ですね。   それに対して悪霊にとりつかれた場合は、自分が自分である感覚すら奪われるケースがあり、性格や顔つきやなどが激変するケースも珍しくはありません。   さすがにそこまでの悪影響をもたらす悪霊にとりつかれることはめったにありませんし、ほとんどの人にとってはあり得ないことですのでそこまで心配する必要はないでしょう。   ですが、そこまで重症な症状でなくても、浮遊霊によって毎日少しずつ違和感を感じる体調不良の影響を受け続けるのは中々のストレスです。   仕事や学校を休むほどの症状ではなければ、慢性的に頭痛が続いている状態というのは大抵の人にとっては避けたい状態だといえるでしょう。   浮遊霊の力が弱いといっても一応幽霊であるため、とりつかれたときには当人に対してイタズラをしてくることも多く、それによって受ける影響は精神的な負担となるケースもあるのです。

場合によっては除霊が必要

基本的には浮遊霊による影響は、自分自身で対処していけばある程度は抑えることができます。   さすがに悪霊レベルになると自分で対処するのは無理があり、本物の霊能者の人に依頼して除霊してもらう必要がありますが、浮遊霊がイタズラを仕掛けてきている状態であるなら、自分でいくらでも対処する方法があります。   その方法についてもこのあと詳しくまとめてきますが、塩などを使う方法はもっとも一般的な方法であるといえるでしょう。   塩は昔から浄化の効果が強いと言い伝えられており、心霊現象が起こりやすい場所などにもよく盛り塩を置く慣習があったりします。   しかし、浮遊霊がとりついてるかどうかを見極めるのも結構大変であり、倦怠感などは浮遊霊のせいだけではなく、仕事のストレスや疲労が蓄積されることのよっても引き起こされますし、食生活が乱れているだけでも慢性的な倦怠感が生じます。   なので、自分が感じている倦怠感が浮遊霊のせいなのか、それとも単なる生活習慣のせいなのかをしっかり見極めることが大事であるといえるでしょう。   原因が生活習慣にあるのに除霊などをしても解決しないように、原因と結果と対処法はまとめて考える必要があるのです。   浮遊霊であっても場合によっては除霊が必要なぐらい強い力を持っている霊もいますので、そういった場合は素直に除霊をすることをおすすめします。   浮遊霊だからといって甘くみたり油断するのは禁物であり、しっかりと自分が感じている症状に適応した対処法を実践してみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

霊を目にしたり、科学的に証明することができないので、浮遊霊に取り憑かれているかどうか判断するのは難しいですよね。でも、それで困っているのであれば、除霊やお祓いに行って身を清めるのもいい方法だし、本人が安心すると思うな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー