withってどんなマッチングアプリなの!?利用者が気になる内情を紹介!

withってどんなマッチングアプリなの!?利用者が気になる内情を紹介!

4329
update

withは若者世代を中心に話題沸騰中のアプリになります。その理由はあの有名なメンタリストとして人気を博しているDaiGoが監修を行い、ユーザーに有意義な機能が豊富にあるからなんですね。そんなwithですが、実際に使ってみた印象ってどんな感じなのでしょうか!?今回は、withの内情について詳しく解説!

4329
update

利用者がwithを選択する理由

Online banking payment communication network technology internet wireless tools development mobile smartphone sync app: Business woman holding smart phone for  online or shopping payment,vintage color

Have a nice day Photo/shutterstock.com

withは、人気急上昇中の人気マッチングアプリになります。

その評判は非常によく「withは使いやすい」「withは出会いやすい」と言った口コミをよく見かけますね。

よく見かける口コミの中に「withの使い勝手」に関するものが多くありましたが、withではどのような流れで異性と出会えるのでしょうか!?

withで異性と出会う流れは下記のようになっています。

<withで異性と出会うまでの流れ>

㈰気になる異性に対していいねを送る

㈪相手もOKならいいねの返事が来てマッチング成立

㈫メッセージの交換を通して仲良くなる

withを利用して異性と仲を深める流れは上記のようになっています。

まずは、検索画面から気になる異性に対して「いいね」を送り、相手から「いいね」の返事があれば、その時点でマッチングが成立したことになり、メッセージのやり取りが可能になります。

そこからは、メッセージのやり取りの中で親睦を深めていけばいいんですね。

仲良くなることができれば、実際に出会うこともできますし、そこからの流れは2人次第ということです。

出会うまので流れは、他のマッチングアプリとさほど大差ないように感じますが、withはどうしてここまで選ばれるマッチングアプリとして有名になったのでしょうか!?

下記にwithがユーザーから選ばれる理由について見ていくことにしましょう。

【withがユーザーから選ばれる理由】 ・恋活アプリなので真剣な出会いを探せるから ・DaiGo監修の心理テストが凄いから

選ばれる理由について下記に見ていきましょう。

恋活アプリなので真剣な出会いを探せるから

withは恋活・婚活アプリとして有名です。

しかし、婚活というよりはもう少し恋愛要素の強いアプリになっているため、どちらかと言うと恋活アプリの要素が強い特徴を持っています。

なので、真剣な出会いを探したいけど、結婚まではまだ意識していない、真剣な恋人を探したい人に選ばれている傾向にあります。

真剣な恋人が探せるアプリで、なおかつそれらがSNSやテレビ宣伝などで広まり、若者の間で瞬く間に人気のあるアプリに成長したんですね。

しかも、DaiGoが監修しており、色々なキャンペーンがあるというキャッチコピーはユーザーの関心を一気に引き寄せた大きな要因になっていますね。

DaiGo監修の心理テストが凄いから

withでは、DaiGo監修のもと、色々なキャンペーンを実施しています。

その中には、心理テストや診断テストなどがあり、自分に合っている異性を見つけてくれる機能もあるんです。

そうした、面白い機能というかキャンペーンって他のマッチングアプリにはあまりありませんし、しかもDaiGOが監修しているという大きな特徴があります。

それらの面白い運営者側の企画が功を奏し、若者の間で瞬く間に選ばれるアプリになったと言っても過言ではありません。

しかし、話題だけで、内容がなければここまで人気のあるアプリにまで成長することは難しかったでしょう。

話題性だけではなく、キャンペーンの内容も面白いものばかりで「意外と本格的!」と多くの人に共感を得ているところもwithが選ばれるアプリになった最大の要因かもしれません。

しかも、登録している男性にもある特徴があると話題になっているんですね。

なので、下記に登録している男性の特徴を見ていきましょう。

■withに登録をしている男性の特徴を紹介 withは男性にも人気があるアプリになりますが、その特徴は何と言っても女性から高い指示を得ているということです。

マッチングアプリでは、女性会員をいかに確保するかがカギになっていますが、withは貴重な女性会員からの指示が圧倒的に高いといった特徴があります。

その理由の1つにwithの男性会員のスペックが関係していました。

withに登録をしている男性の傾向は、若くて、比較的爽やかな男性が多くなっているということです。

20代→64%

30代→24%

40代→10%

50代→2%

この数字を見てもらえれば分かると思いますが、withを利用している男性はかなり若くなっています。

しかも、口コミなどからも「好みの男性がいた!」「爽やか男子が多い」と言った口コミも多く見かけます。

withには、このように女性会員を満足させる機能だったり、男性ユーザーが多いと言った特徴があるんですね。

▲withは真剣な出会いを求めている人にはおススメ withはお伝えしたように、結婚を意識した出会いにはあまり向いていないかもしれません。

その一歩手前の「素敵な人がいれば、結婚かな〜」くらいに思っている人の方が利用には向いていると思いますよ。

男女ともにそのくらいに思っている人の利用が多いので、結婚を常に意識しながら利用していると

「あれっ!?なんか違う」と違和感を覚えてしまうことでしょう。

ただし、口コミなどの評判通り、使い勝手の良いアプリなのは間違いありませんし、出会いやすいアプリで積極的に利用している男女が多い分、恋人を探すのには最適なアプリになっているのは間違いないでしょう。

ただし、男性の中にはヤリ目の男性もいます。

どんなに優良なマッチングアプリだとしても一定数以上のヤリ目の男性はいるので、その手の男性には特に気を付けるようにした方がいいでしょうね。

withを利用すればどんな男性と出会えるの!?男性会員の特徴を解説

Confidence and business concept. Portrait of charming successful young entrepreneur in blue-collar shirt, smiling broadly with self-assured expression while holding hands in pockets over gray wall

Cookie Studio/shutterstock.com

そもそもwithを利用すればどんな男性と出会えるのでしょうか!?

withを利用している男性の傾向は気になりますよね?

なので、下記にwithを利用している男性の「年齢」や「年収」「利用目的」などの気になる特徴を解説していきましょう。

【withを利用している男性の特徴】 ・男性会員の「年齢」に関するデータ ・男性会員の「年収」に関するデータ ・男性会員の「利用目的」に関するデータ

それぞれの特徴を1つずつ見ていきましょう。

男性会員の「年齢」に関するデータ

withは先ほども解説したように、利用者の年齢は比較的若い傾向にあります。

男性利用者も若いですが、女性利用者も若い傾向にあるので、男女それぞれが若い人が多くなっているんですね。

<男性の利用年齢層>

20代→61%

30代→28%

40代→9%

50代→2%

<女性の利用年齢層>

20代→70%

30代→27%

40代→2%

50代→0.5%

この数字を見てもらえれば分かると思いますが、男性であれば20〜30代にかけての利用者が約9割を占め、女性の場合であれば20〜30代が97%を占めていることが分かります。

これは他のマッチングアプリと比較しても、かなり若い傾向にあります。

ちなみに他のマッチングアプリの年齢層はどのようになっているのでしょうか!?

下記にwithと他のマッチングアプリの年齢層を比較したものを見ていきましょう。

<withと他のマッチングアプリの利用年齢層の比較>

■男性の年齢層 <with><ペアーズ><Yahoo!パートナー> 20代→61%20代→47%20代→11%

30代→28%30代→33%30代→23%

40代→9% 40代→15%40代→36%

50代→2% 50代→6% 50代→31%

■女性の年齢層 <with><ペアーズ><Yahoo!パートナー> 20代→70%20代→51%20代→17%

30代→27%30代→39%30代→33%

40代→2% 40代→9% 40代→30%

50代→0.5% 50代→2% 50代→19%

このように他のマッチングアプリとの年齢層を比較するとwithを利用しているユーザーがいかに若い傾向にあるかが分かりますね。

さらに男性利用者のより詳しい年齢層を下記に見ていきましょう。

<男性利用者の年齢層データ>

〜24歳→25%

25〜29歳→36%

30〜34歳→19%

35〜39歳→9%

40〜44歳→5%

45〜49歳→4%

50歳〜→2%

このデータを見る限り、男性利用者は20代後半が圧倒的に多い数字となっていました。

なので、20代で同世代と出会いたいと思っている人は、withの利用をおススメしたいですね。

男性会員の「年収」に関するデータ

年齢の次に、女性が気にしがちなのが年収になります。

年収って直接本人に確認するのは気が引けるので、プロフィールに書いてあると助かりますね。

withを利用している男性の年収のデータは下記のようになっていました。

<年収に関するデータ>

200万円未満→8%

200万円〜→34%

400万円〜→38%

600万円〜→13%

800万円〜→4%

1000万円〜 →3%

withの利用年齢層は比較的若いので、年収はそこまで高くないと思いきや、そんなこともありませんでした。

他のマッチングアプリを利用している男性ユーザーと比較してもそこまで大差ありませんでしたね。

<他のマッチングアプリの年収データ>

<with><ペアーズ>

400万円未満→42%38%

400万円〜→38%37%

600万円〜→13%14%

800万円〜→4% 6%

1000万円〜 →3% 5%

ちなみになのですが、25〜29歳で見た時に、世の中の男性の平均年収は383万円となっていました。

それに対してwithは年収400万円以上の25〜29歳の男性が半分以上となっているのを見ると、割と高い収入を得ている男性が多い傾向にあるようですね。

つまり、世の中の平均よりも高い収入を得ている男性が多いアプリがwithの特徴になっているということです。

若い有望な若者が多いアプリだなんて女性からすれば、物凄く魅力的だと思いませんか!?

男性会員の「利用目的」に関するデータ

withを利用している男性は、比較的若い人が多く、年収もそこそこイイ人が多い傾向なのは分かりました。

では、そのような男性たちのwithに対する利用目的とは一体何なのでしょうか!?

気になる利用目的の中で1番多かったのは「恋活目的」の人が多かったですね。

では、結婚に対しての意識はどのように感じているのでしょうか!?

下記にwithを利用している男性の結婚に対する意思を確認したデータがあるので、そのデータを確認していきましょう。

<withを利用している男性の結婚に対する意思>

・すぐにでも結婚したい(16%)

・2〜3年のうちに結婚したい(73%)

・良い人がいれば結婚したい(6%)

・まだ考えていない(5%)

withを利用している男性は、上記のようにあまり結婚を意識していない男性が多いようですね。

すぐにでも結婚したいと考えている人は、全体の2割にも満たしていないところを見ると、やはり恋活目的で利用している人が圧倒的に多い印象を受けます。

つまり、withは婚活目的ではなく、恋活目的で利用した方がマッチングしやすいということですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー