【動物占い】12種動物のカラー別の代表的な特徴と相性とは?

【動物占い】12種動物のカラー別の代表的な特徴と相性とは?

4137
update

みなさんは「動物占い」という占いを知っていますか?最近は占いの分野が人気があるといわれており、手相占いやら星座占いやらタロット占いなどが特に人気です。その中でも異色なのが動物占いというものです。ここでは動物占いについてまとめていきます。

4137
update

動物占いとは

Elephant on sunset in National park of Kenya, Africa

Volodymyr Burdiak/shutterstock.com

あなたは「動物占い」に興味がありますか? もしくは、すでに動物占いをしたことがあったりしませんか?   動物占いは数ある占いの方法の中でも中々複雑な占いであり、手相占いや星座占いのように簡単にはいかない占いです。   そのため、実際に動物占いをやろうとしていてもめんどくさくなってやめてしまう人が非常に多く、もっと簡易な占いに興味を持ってしまうという流れがよくあります。   しかし、今現在世の中に存在している占いはすべて特有の性質を含んでおり、それぞれの占いにそれぞれの占いにしかない効力があるのも事実です。   手相占いからわかることと星座占いからわかることには大きな差があり、結果は自分自身に関わることだとしてもその質がまったく違うのです。   なので、すべての占いを「占い」という言葉でひとくくりにするのはあまり好ましくなく、自分が興味を抱いた占いのことはしっかりと理解することが大事だといえるでしょう。   動物占いの基本は、12種類の動物と10種の色を組み合わせたキャラクターから自分の性格などを推測するというものであり、そのベースとなっているものは自分の生年月日です。   つまり、生年月日さえ知っていれば誰でも動物占いをすることができるということです。   ここでは、そんな動物占いについて詳しくまとめていきます。 動物占いについて詳しく知りたい人や、動物と色の組み合わせからどんな性格や相性をしているか興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

動物占いの12動物

Large group of African safari animals composited together in a scene of the grasslands of Kenya.

Susan Schmitz/shutterstock.com

動物占いの基本となっているのは、12種類の動物と10種類のカラーです。   動物占いをするときにはまずは12種類の動物について知る必要があり、その動物とは「コアラ」「トラ」「黒ひょう」「狼」「ペガサス」「ひつじ」「チーター」「ゾウ」「たぬき」「こじか」「ライオン」となっています。   これら12種類の動物と10種のカラーを組み合わせることにより、そこからわかる自分の性格や特徴や相性などを考えるのが棒物占いの基本的な概要です。   おそらくはじめて動物占いをする人は、そのパターンの多さに惑わされることでめんどくさくなったり挫折することが多いでしょう。   実際、12種類と10種類の動物と色の組み合わせは非常に多く、そのすべてを覚えることは到底できません。   しかし、動物占いでは自分の生年月日を元に占いを行うので、基本的に自分の動物とカラーを特定すればそれに該当する意味について知っておくだけで十分だといえるでしょう。   タロットカード占いなどでは何度も気が向いたときに占うことができるため、できるだけカードの意味などを理解しているほうが楽しむことができますが、動物占いに関しては自分の動物とキャラクターは基本的に普遍です。   なので、端的にいえば一度占えばそれで十分であり、めんどくさいのは自分の動物とカラーを知ることだけだといえるでしょう。

自分のキャラクターを知る

自分のキャラクターについて知るには自分の生年月日を知っておく必要があります。   詳しい計算方法などは各自調べてもらえればすぐにわかるかと思いますが、大事なのは自分が該当している動物のキャラクターについてしっかりと理解しておくことです。   実際、今では動物占いアプリなどというものも存在していますし、やろうと思えばコンピュータの力を借りることで簡単にどこでも占うことができます。   しかし、占いは大抵は占う人の主観的な意見が紛れ込んでいるものであり、占いの結果には絶対的な意味は本来存在しません。   たとえば、コアラのレッドという占い結果が出たとしても、そこに書かれている性格や特徴や相性といったものは、占った人の感性や創造性や環境によって意味が大きく変わるのです。   大事なのは占いの結果をただ盲信するのではなく、しっかりと自分の頭で考えることであり、自分の状況や環境に合わせて解釈していくことです。

自分に照らして考える

これは動物占いであろうとほかの占いであろうと共通することであり、どんな占いも自分を主点として考えなければなんの意味ももたらしません。   そして、占いの結果を読み取ったあとに実際に自分の行動に変化を起こさなければ、これまた占いの意味がなくなってしまいます。   占いの本質は今の自分よりも充実した自分になることであり、生活の質を改善することであるといっても過言ではないでしょう。   動物占いは基本的には1回やればそれで問題はありませんが、その結果をしっかりと自分の現実に適用することが大事なのです。   タロット占いなどは、さらにその都度自分の状況や環境や感情に照らし合わせて考える必要があるため少々複雑ですが、動物占いは1回です。   ですが、その1回の結果の解釈が非常に重要であり、どのように解釈するかで今後の生き方にも影響を与えることがあるでしょう。   動物占いは一見複雑で、やろうと思ってめんどくさくなってやめる人が多いですが、ほかの占いのように広範に及ぶ視野や知識が不可欠なわけではありませんので、比較的挑戦するハードルは低いといえます。   動物占いに興味がある人は、ぜひ一度自分の動物を占ってみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
5 名無しさん
通報

動物占いをやったことがありますが、結果が全く当たっていなかったので信用できないと思っていましたが、大事なのは占いの結果をただ盲信するのではなく、しっかりと自分の頭で考えることであり、自分の状況や環境に合わせて解釈することなんですね。

4 名無しさん
通報

基本的にはその日は一応楽しそうにしますね。でも、次のデートの約束は絶対に取り付けません。もしも、次いつ空いているのか聞かれたら、手帳を忘れてきてわからないので、帰ったら確認してみるね!とだけ言います。返信はしません。

3 名無しさん
通報

占いは自分を主点に考えるってその通りすぎてちょっと笑いました。あとは占いの場合、信じる事が大事ですよね。占いに書いてあったから上手くいったと考えるか、ただの偶然と考えるかはその人によって全然違うと思うな。

2 名無しさん
通報

動物占いに12種類もあったなんて知らなかったなあ。コアラやひつじだったら可愛いけど、ゾウはちょっと自分じゃなければいいなとは思います。また、タロットカードでの占いと動物占いで、動物占いが1回だけという特徴が違うのも面白いですね。

1 名無しさん
通報

動物占いは昔からある有名な占いですけど、それと色を組み合わせた占いがあるとは知りませんでした。占いが複雑化するとやりづらい部分もありますが、その反面出てくるパターン例が増えて、より自分に当てはまった占いのような気がしますよね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー