茨城県水戸市でまったりなデートを楽しもう!

茨城県水戸市でまったりなデートを楽しもう!

3377
update

茨城県水戸市というと多くの人が納豆をイメージすると思いますが、水戸市の魅力は納豆だけではありません。今回は、茨城県水戸市のおすすめデートスポットを紹介します。

3377
update

茨城県水戸市のデートスポットって?

Kenrokuen in Kanazawa is justifiably classified as one of Japans three most beautiful landscape gardens alongside Mitos Kairakuen and Okayamas Korakuen.

Andreas H/shutterstock.com

茨城県水戸市のデートスポットと聞いて「ここがあるよね」とすぐに思い付くスポットはありますか?

例えば神奈川県ならみなとみらい、東京都なら渋谷や新宿、千葉県ならディズニーランドと同じ関東であるにも関わらず茨城県水戸市には、多くの人がコレと連想出来るスポットがないんですよね。

そのため茨城県水戸市は何もない、デートには向かない場所だと思ってしまった人もいるかもしれませんが、それは違います。

茨城県水戸市は、まったりなデートを楽しむのに最適な場所なんです。

アトラクションを楽しんだりするアクティブなデートばかりではなく、たまにはまったりしたデートを楽しんでみませんか?

今回は、まったりデートが楽しめる茨城県水戸市のおすすめデートスポットを紹介します。

好文亭

www.kairakuen.u-888.com

茨城県水戸市のおすすめデートスポット1つ目は、「好文亭」です。

茨城県水戸市常磐町にある好文亭は、江戸時代の大名・徳川斉昭が自らが設計したと言われる木造2層3階建ての本体と木造平屋建ての奥御殿からなる木造建築物です。

好文亭は、晋の武帝の故事「文を好めば則ち梅開き、学を廃すれば則ち梅開かず」により、梅の異名を「好文木」といったことから命名されたといわれています。

1945年の水戸空襲により焼失しましたが、1955年から3年かけて復元されました。

好文亭3階の楽寿楼からの千波湖や田鶴鳴梅林の四季折々の眺望はとても素晴らしいものになっています。

奥御殿は、十室からなっています。

1969年9月2日の落雷により焼失し、再び1972年に復興されました。

菊の間と桃の間は、いずれも総板敷き、食事の準備の場所として使用されました。

つつじの間、桜の間、萩の間は、藩主婦人来亭の際など、お付きの婦人たちの詰め所や休憩室として使用されていました。

松の間は奥対面所で、紅葉の間は藩主婦人や、高貴の方々の座所で紅葉の間との間には入側をもって隔ててあります。

竹の間、梅の間、清の間の三室の一棟は、明治二年に水戸市柵町にあった中御殿の一部材料を運び奥殿に増築したもので、屋根は柿葺になっています。

梅の間は、斉昭公夫人の貞芳院が1869年から1873年まで住んでおり、亭中最貴の室とされていました。

奥御殿とを結ぶ連絡路は、とても狭く作られています。

これは武器を持った敵が乱入した際、その動きを制限するねらいがあったとされています。

廊下の左側に篠で作った格子窓があり、外からは窓であることが判らないように工夫されています。 華燈口は奥殿から茶室へ通る2畳の小室で、中に小坊主が控えており、奥と茶の席との連絡にあたったそうです。

上方がアーチ状で狭く、下方は広く開いた形をしており、室内の杉戸には古今集の和歌が華麗な色紙・短冊に書かれてありましたが火災により損傷しました。

原画は藩医小松玄甫、復元は東京芸術大学の先生がしました。

東塗縁広間は、列公が藩内の家臣、庶民の老人を招いて慰労の催しをされた総板縁の室です。

杉板のアジロ張り天井にも注目してみて下さいね。

御座の間は、藩主が来亭して、この室にいるときは、何かと用務もしていました。

部屋には床の間を設けず、竹の柱だけを下げ、極めて簡素に作られており、竹のアジロ網の中に紗を張った網代戸をとおして左右の間が見えるようにしてあります。

東塗縁で敬老会等がある時は、障子を開けて、直接招いた老人たちと閲見したり、また、西塗縁で集会の人々や、文墨の人々を入側に呼び入れて語ることも多かったようです。 西塗縁広間は、東西3間、南北6間の塗縁の大広間になっており、天井は杉皮網代張り、ここで文墨雅人がよく集まり詩歌を作り書画を揮毫しました。

90度方向転換する不思議な雨戸は、1室に対して、戸袋が1カ所のみで済むことから、戸袋が邪魔にならず視野が広がるからという理由からです。

茶室「何陋庵」は、亭の西北に位置しています。

茶室特有のニジリ口は無く、普通の2枚の障子戸で左右どちらからでも入れるようになっており、貴人口とも呼ばれる。 古田織部が工夫した織部口で、床柱は島津斉彬から贈られたつつじの巨木です。

その他にも見応えはたくさんありますので、日本の庭園の素晴らしさを実際に目に焼き付けて下さい。

  • 好文亭
    四季の植物を楽しむことができますよ!
    歴史を感じることができるスポット!
詳細はこちらから
次のページ弘道館
この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

茨城県水戸市なら都心では味わえないような、まったりとしたデートが楽しめますよね。歴史を感じさせる建築物も多いので、歴史好きなカップルなら盛り上がること間違いなしですね。たまには、情緒溢れるデートも良いかもしれませんね。

1 名無しさん
通報

茨城県水戸市なら都心では味わえないような、まったりとしたデートが楽しめますよね。歴史を感じさせる建築物も多いので、歴史好きなカップルなら盛り上がること間違いなしですね。たまには、情緒溢れるデートも良いかもしれませんね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー