手書きで気持ちを伝えよう!上手なラブレターを書く3つのポイント

手書きで気持ちを伝えよう!上手なラブレターを書く3つのポイント

1194

最近はあまり見かけることのないラブレター。しかし、久々にラブレターを貰ったら彼の印象にはばっちり残るのではないでしょうか。彼に上手に気持ちを伝えるラブレターの書き方をご紹介します。彼への想いをしたためてみましょう!

1194 |

ラブレターを書こう♪

メールやLINEなどが一般的なコミュニケーションズツールになり、最近では手書きの文字で相手への気持ちを伝えることがめっきりと減りました。

最近は手紙を貰うことも少なく、手紙での告白は相手の印象にも残るので、今から告白しようと考えている方にはオススメです♪

貴方の気持ちが伝わり、彼への告白の成功率があがるようなラブレターを書き方をご紹介します!

◼文字数は400字

ラブレターは長すぎず、短すぎずがベストです。

相手が少し『物足りないな』と思うくらいの長さの文章が、一番『読みやすい』と感じる長さだと言われています。

400字前後の文章は、言いたいことを全て吐き出すには少し短く、伝えたいことだけは伝えることができるちょうどよい文字数です。

また、400字は大体原稿用紙一枚の文章になります。

400字の文章は、誰しもが学校の宿題などで何度も書いたことがあり、書く側も書きやすく誰もが上手く書くことができる文字数のようです。

文章を書くことが苦手でも、彼を想う熱い気持ちがあれば400字前後なら書けるのではないでしょうか♪

【文豪のラブレター】美しく耽美な文豪たちの恋文六選

恋する心情を素朴で美しく写しとった文豪たちの恋文で、恋について少し考えてみませんか。今回は夏目漱石、森鴎外、石川啄木、北原白秋、太宰治、芥川龍之介という著名な六名の文豪たちのラブレターをご紹介します。

https://koimemo.com/article/1255

◼1文はなるべく短く

相手のことを想えば想うほど、その分、文章の1文が長くなってしまいがちです。

気持ちがたくさん詰まった長文は、気持ちを彼に上手に伝えてくれるかもしれません。

しかし、長文は熱烈な気持ちが混もっているからこそ、読みづらく、遠回しな言い方をされているように彼は感じてしまうでしょう。

適度に『。』で区切ることで、読みやすくストレートな気持ちを伝えることができるようになりますよ。

◼語り口調で書く

ラブレターは読みやすいだけでは意味がありません。

貴方の『好きだ』という気持ちを彼にリアルに伝えなければラブレターを書く意味はないでしょう。

気持ちを伝えたいのであれば、目の前に彼がいると思いながら文章を書くように心掛けて下さい。

あまりに砕けすぎた口調は本気の好意が伝わらないので避けた方がよいですが、ある程度彼に語りかけるように書くことで、貴方の気持ちが伝わりやすくなります。

顔を付き合わせて告白するなら、どんな風に彼に伝えるのかを想像しながら文章にすると、自然と丁寧で気持ちのこもった語り口調になるでしょう♪

いかがでしたか?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー