恥ずかしくない大人になるための「道徳」の教科書【後編】

恥ずかしくない大人になるための「道徳」の教科書【後編】

2184
update

前回は三つ、見直したい道徳の項目について取り上げました。今回はそれに引き続いて四つ、本当に納得して頂けるようなものを取り上げてみました♩

2184
update

心から納得しないと実践できないから

前回の記事では三つご紹介しました。

前半はこちら

今回はその続きとして、四つ参考書籍から引用しています。

納得するものがあれば、心のなかに閉まっておいて少しずつでもいいので実践してみてくださいね♩

一、人前で身づくろいをしてはならない

出典:【六波羅殿御家訓】北条重時

「人前に出ようとする時には、よく鏡を見て、衿元を合わせるなど、何度も衣服を整えよ。人前に出たあとは、少しも身づくろいをしたり、座り直したり、息を抜いたりしてはならない。そのようなことをしたら、人から軽く思われ、笑われ軽蔑されてしまう」

電車の中で化粧をする女性は、揶揄されがちですね。

私は他人が行うそれに対して、確固たる意見を持つに至りませんが、自分自身はするまいと考えています。

その理由は北条重時が言うように【人から軽く思われ、笑われ軽蔑されてしまう】からではありません。

そもそも、人前で身づくろいしなくては足らないほど時間に対して不真面目な姿勢が良くないと思うのです。

電車の中で化粧をしなくてはならないのは、つまり朝余裕を持って起床できていないからですよね。

朝ちゃんと起きられないというのは、その日一日に対して生きる覚悟が足りないとでも言うのでしょうか。

一日一日を丁寧に生きる、その積み重ねが人間を作っていくような気がします。

一、学問とはいい人になるための稽古

出典:【父子訓】中村弘毅

「学問」とは単なる勉学ではなく、「良い人になるための稽古」なのだという。人が成長するのに欠かせない、この大事な「稽古」が不足したら、悪に繋がる道を転がり落ちることになる。"
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー