自然が豊かな東京都江戸川区の恋人と行きたいスポットとは?

自然が豊かな東京都江戸川区の恋人と行きたいスポットとは?

3535
update

東京23区の中でも特に自然が豊かであり、子育てがしやすいと言われている東京都江戸川区。多くのスポットがあり、恋人とのデートにも最適です。そこで今回は、東京都江戸川区のデートスポットを紹介します。

3535
update

東京都江戸川区には魅力が沢山

Cherry blossom full bloom in spring season around Tokyo Chidorigafuchi park (northernmost part of Edo Castle). Many visitors to Japan choose to travel in cherry blossom season.

Shawn.ccf/shutterstock.com

東京都江戸川区は、23区内で一番子育てに力を入れています。

子育て支援制度がしっかりしているので、子供を持つ親の中には「東京都江戸川区に住みたい」と思っている人も少なくないそうです。

だからといって、今現在子供がいないという人が東京都江戸川区に魅力を感じることが出来ないというわけではありません。

東京都江戸川区には、子供がいない人でも楽しめるスポットが沢山あります。

恋人と足を運んでみたらきっと楽しい時間を過ごすことが出来ると思います。

そこで今回は、東京都江戸川区にあるおすすめのデートスポットを紹介します。

行船公園

www.city.edogawa.tokyo.jp

東京都江戸川区のおすすめデートスポット1つ目は、「行船公園」です。

東京都江戸川区北葛西にある行船公園は、1933年に地元の住民であった当時の東京府会議員である田中源が、区民福祉の増進と生活文化向上のための公園用地として東京市へ寄付し、1950年東京都から江戸川区へ委譲されました。

行船公園の名称は、寄付者の田中源の屋号「行船」にちなんでつけられたそうです。

1983年には自然動物園を開園し、1989年には公園北側部分を全面改修、平成庭園を開園しました。

宇喜田公園という江戸川区立行船公園に隣接しており、スポーツ広場や野球場、フラワープロムナードなどがあることから地元の人の憩いの場となっている公園もあります。

こちらの公園は現在も整備中で、今後も拡張が予定されているそうです。

行船公園の中には売店やレストランはありませんが、近くにはコンビニやファミレスがあります。

公園内ではまったりと座って過ごせる場所もあるので、お弁当を持って行くというのもおすすめです。

つり池では、誰でも無料で自由に釣りを楽しむことが出来ますが、道具やエサは持参する必要があります。

釣った魚の持ち帰りは出来ませんが、釣り初心者にはいい練習になると思います。

池では亀やカモがおり、癒しを与えてくれます。

平成庭園は、池を囲む緑豊かな築山池泉廻遊式の日本庭園です。

池の畔には源心庵・林泉亭・つつじ亭があります。

池畔を回る散策路では、サクラ・ツツジ・ハナショウブ・モミジなど、四季折々に移り変わる自然の美しさを身近に感じることが出来ます。

しだれ桜のライトアップもとても綺麗なので、桜の咲いている時期は是非見て下さい。

源心庵は、日本庭園にかこまれた数寄屋造りの純日本建築で、水との関わりをテーマに、月見台を大きく池へ張り出した浮御堂の形式で建てられています。

内部も、床柱は松材の四方柾目、ふすまは鳥の子紙に本漆仕上げと豊かな伝統が生かされています。

池泉を眺望する和室や立礼席で、茶道・華道・句会・詩吟・会合・手芸など日本の伝統文化を楽しむことが出来ます。

自然動物園では、レッサーパンダ・フンボルトペンギン・オグロプレーリードッグ・ベネットアカクビワラビー・オオアリクイなど様々な動物を鑑賞することが出来ます。

ふれあいコーナーでは、ウサギやモルモットを抱いたり、ヤギやヒツジに自由に触ることが出来ます。

公園内にあることから動物園も子供だけではなく大人も無料で楽しむことが出来ます。

飼育担当者がそれぞれの展示場の前で動物たちのガイドを行うイベントや、ヒツジの毛刈りのイベント、動物フォトコンテストといったイベントも定期的に行っています。

クリアファイルやメモ帳、缶バッチといったオリジナルグッズの販売も行っています。

ここでしか手に入れることが出来ないものばかりなので、手に取ってみて下さい。

  • 行船公園
    歴史をいろんなところから感じることができます!
    ふれあいコーナーでは動物と触れ合うこともできます!
詳細はこちらから

葛西臨海公園

www.city.edogawa.tokyo.jp

東京都江戸川区のおすすめデートスポット2つ目は、「葛西臨海公園」です。

東京都江戸川区臨海町にある葛西臨海公園は、都立公園の中では最大規模の公園です。

葛西海浜公園と隣接しています。

葛西臨海公園は、都が東京湾沿岸の汚染や埋め立てで破壊された自然環境を再生しようと整備されたものです。

今では東京都区部でも見ることが少なくなった動植物が、園内の森や池に生息しており、主な動植物は都が保護上重要な野生生物種に指定するアカシジミなどのチョウ類や、トウキョウダルマガエル、ニホンアカガエルなど5種のカエルなどです。

鳥類では約170種類の水鳥、山野の鳥が確認され、渡り鳥の中継地にもなっています。

葛西海浜公園は、さらに沖合に広がる天然の三枚洲という干潟を保護・再生するために作られた公園です。

二つの渚は、それぞれ潮流堤で区画を保護し、外から浚渫土や山砂を入れて造成されました。

東なぎさは野鳥などの生態保護を目的として立ち入り禁止になっています。

こちらの公園は、いくつかのゾーンに分けられています。

水族園ゾーンには葛西臨海水族園があり、この水族館は年間入場者数日本一の記録を持つ東日本で最も人気のある水族館といわれています。

屋上は展望台で、ドームやヨットの帆が海面に浮いているように見える演出がされています。

鳥類園ゾーンには広大な森の中に「上の池」と「下の池」が設けられています。

池のほとりには、ウォッチングセンターをはじめ、野鳥観察のための施設が点在しています。

芝生広場ゾーンには園内にある宿泊施設ホテルシーサイド江戸川や蓮池、日本第二の大きさを誇る観覧車ダイヤと花の大観覧車があります。

大観覧車は開業後すぐに福岡市の大観覧車日本一の座を奪われましたが、2009年に福岡市の大観覧車が廃業してしまった為、再び日本一の座に返り咲きました。

しかし、2016年7月1日に大阪府吹田市に再び日本一の座を明け渡しまったことから現在は日本で2番目に大きな観覧車になっています。

大観覧車付近には芝生広場があり、水仙や菜の花、コスモスなどが植えられた花畑があります。

水仙は公園全体で20万本が植えられており、毎年1月から2月頃に水仙祭りが催されています。

汐風の広場ゾーンは海に面しており、南中部の丘上にはガラス張りの展望レストハウスがあり、海を一望することが出来ます。

第二のメインストリートを境に東西に分かれており、東側の展望広場はクリスタルビューが麓に広がっており、クリスタルビューから続くなだらかな斜面の一角には花畑が作られています。

公園の南東部の対岸に東京ディズニーランドを臨む江戸川河口付近には、三日月干潟と呼ばれる天然の浅瀬が残っています。

葛西海浜公園では、東京ディズニーランドや東京湾アクアライン、房総半島や富士山などを一望することが出来、1996年には日本の渚百選に選ばれました。

潮の流れが複雑なので遊泳は出来ません。

ただ、西なぎさには砂浜があり、干潟で磯遊びを楽しむことは出来ます。

またスポーツカイトのメッカであり、2002年からは優先区域として海風の広場が設定されています。

  • 葛西臨海公園
    園内は広く、たくさんのスポットがあります!
    公園なのに1日通して楽しむことができるスポット!
詳細はこちらから

地下鉄博物館

www.chikahaku.jp

東京都江戸川区のおすすめデートスポット3つ目は、「地下鉄博物館」です。

東京都江戸川区東葛西にある地下鉄博物館は、日本で唯一地下鉄を専門に扱った博物館です。

東京メトロ東西線葛西駅の高架下にあるというのも魅力のひとつになっています。

こちらでは学べるコーナーと遊べるコーナーがあります。

学べるコーナーでは、日本で地下鉄はいつ頃出来たのか、どこからどこまで走ったのか 、 誰が作ったのか、どんな車両だったのかなど地下鉄の歴史を学べます。

どうやって地下にトンネルを掘ったのか、どのように地下鉄をつくっているのかは立体映像で体験出来ます。

複雑に交差する地下空間を動く立体模型で紹介もしており、地面の下について詳しく知れます。

総合指令体験スペースでは、電車をスムーズに運行するための指示を出す仕事。体験することが出来ます。

旅客サービスでは、駅構内の施設案内の工夫が絵で展示されています。

このことからどのように工夫されているのかを知ることが出来ます。 車両の動く仕組みを見ることが出来るコーナーでは、自分で車両のドアを開け閉めすることも可能です。

日本と世界の地下鉄についてはタッチパネルを使って詳しく紹介しています。 図書室では、さらに地下鉄について知りたい場合本や資料を調べてみることが出来ます。

千代田線シミュレーターのコーナーでは、本物と同じ電車の運転台で運転出来、運転中の揺れまで体験することが可能です。

運転台だけでなく、一般座席からも走っている映像が見られます。

銀座線、有楽町線、東西線のシミュレーターもあるので是非体験してみて下さい。

実際に模型電車が動くパノラマでは、東京の地下をどのように電車が走っているのかを知ることが出来ます。

地下鉄クイズは、「初級」・「中級」・「上級」の 3つのレベルでそれぞれ5問あります。

大人でも考えてしまうクイズもありますので挑戦してみて下さい。 その他にも、30年以上にわたり愛され続けてきた銀座線01系車両の新しいモニュメントとして先頭部分のみ展示されていたり、漫画映画や地下鉄建設の映画などを上映しているホール、休憩コーナーがあり見応えはたっぷりです。

企画展示コーナーでは、特別展や地下鉄博物館オリジナルイベントを開催しており、貴重な展示物を期間限定で楽しむことが出来ます。 地下鉄博物館内のミュージアムショップでは、ここでしか売っていない 「ちかはくオリジナルグッズ」を中心に、電車や鉄道に関連した商品を販売しています。 地下鉄が好きだという人はもちろんのこと、地下鉄に興味がないという方でも地下鉄の魅力を知ることが出来ます。

学ぶだけではなく体験することが出来ることで、より地下鉄を身近に感じられますよね。

毎日地下鉄を利用している人でも知らないことは多くあると思います。

是非博物館に足を運んでみて、地下鉄について理解を深めましょう。

  • 地下鉄博物館
    地下鉄道好きにはたまらないスポット!
    子供のころに戻ったようにワクワクします!
詳細はこちらから

大人も楽しめる東京都江戸川区

東京都江戸川区のおすすめデートスポットを紹介しました。

子育て支援が充実しているからといって、何でも子供目線で作られているわけではなく大人でも楽しめるスポットを提供しているのが東京都江戸川区です。

ここでしか出来ないこともあるので、是非東京都江戸川区で恋人とのデートを楽しく過ごして下さいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

地下鉄博物館は駅で広告のポスターを見たことがありますが、大人も楽しめそうな雰囲気があり、大変魅力的だなと思いますね。また、葛西臨海公園も意外と穴場のデートスポットなので訪れてみると、楽しめるかもしれません。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー