貴女は尽くす女?尽くし過ぎが苦痛になり彼氏を嫌いになる理由3つ

貴女は尽くす女?尽くし過ぎが苦痛になり彼氏を嫌いになる理由3つ

1025

好きな人には尽くす女です!という女性は、現代でも決して絶滅してはいませんよね。でもそんな女性が、知らず知らずのうちに彼に尽くし過ぎて、結果的に彼氏を嫌いになることもあるようです。どうして嫌いになってしまうのでしょうか?

1025

尽くすことが自分の首を締めていた!?

ついつい好きな男性には尽くしてしまうという女性。

また、尽くそうと思っているわけではないのに、いつしかせっせと尽くしてしまっていたという女性も。

そのような女性たちは、自ら尽くしていたはずなのに、どうしてそれで彼を嫌いになってしまうのでしょうか?

無理しすぎていた

相手のために何かしなければならない、と考えてしまう(無意識なこともあり)女性は、心の何処かで「相手の役に立たなければ、愛されないかもしれない」という不安があるようです。

もちろん、無自覚なことも多いのですが・・・。

結果的に、せっせと彼のためにと思い頑張っていることが、本当は無理してやっていたということも少なくありません。

その場合、多少なりとも、心のどこかではストレスを感じています

その感覚が、「彼が嫌いになってきたかも」という意識として自覚されてしまうことがあります。

いつの間にか被害者意識が・・・

自分のことより、彼のことをまず優先!

という状態が続くと、彼氏が気付いて感謝してくれた時は良いのですが、当たり前みたいな態度をとってきた時、イライラしてしまっていませんか?

他にも、自分は何かを我慢して彼のためにと思ってやったことで、自分自身が何か大きな損をしてしまったり、損得ではなくても、快適な状態が損なわれたりした場合に、やはりイライラしたり後悔したりすることも。

そのようなマイナスな感情のために、これまた彼のことを嫌いになったと錯覚してしまうのです。

ふと、虚しくなった

彼を思って色々頑張っているのに、なんだか迷惑がられたり、それでいて浮気なんてされた日には、やっぱり無意味な気がしたり、虚しくなってしまいますよね。

この場合は、ただ単に浮気をされたり、普通にケンカした状態よりも、「私はこんなにあなたのために頑張っているのに!」という気持ちがある分だけ、被害者意識が強くなります。

そのため、彼に嫌悪感を抱いたり、憎しみを感じる度合いも強くなってしまうのです。

いかがでしたか?

良かれと思って尽くしているつもりでも、それは本当に心の底から、「尽くすことが喜び」な状態なのでしょうか?

少しでも当てはまっていたことがあれば、一度自分自身の心に問いかけてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
コミュニケーションのおすすめ おすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい! こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー