タロットカード「死神」の正位置と逆位置に込められている意味とは?

タロットカード「死神」の正位置と逆位置に込められている意味とは?

4001
update

みなさんは「死神」という言葉にどういった印象をお持ちでしょうか?おそらく大半の人は死神に対してはネガティブなイメージを持っていることでしょう。しかし、タロットカードでは死神は悪い意味ばかりではないのです。ここではタロットカード「死神」についてまとめていきます。

4001
update

タロットカード「死神」

Extreme close-up macro shot of The Magician tarot card with shallow depth of field.

Derek R. Audette/shutterstock.com

あなたはタロットカードで「死神」のカードを引いたことがありますか? もしくは、死神のカードに込められている意味をしっかりと理解していますか?   タロット占いは、最近段々と人気が出てきている占いであり、多くの人が自分の運気を占うためにタロットカードで占いを行っています。   特に最近はカフェなどでタロットカードを用いて占いをやっている人も多く、世間的にもタロット占いが認知されてきているといえるでしょう。   ですが、タロット占いはほかの占い方法よりも難解で難しく、中々その深い意味を読み取ることはできません。   初心者の人はタロットカード占いの難しさに挫折してしまう人も多く、しっかりとタロット占いを活用することができないのです。   タロットカードは全部で78枚存在しており、それぞれのカードにはそれぞれ別な意味が込められています。   今の自分の状況や環境を表すカードから運気を表すカードまで、実にさまざまなカードがタロット占いでは用いられます。   しかし、大事なのはカードの意味を理解しておくことであり、タロット占いのやり方などを覚えておくことではありません。   やり方だけわかっていても、カードに込められている意味について理解していなければ占いの効果を享受することはできないでしょう。   ここでは、タロットカード「死神」について詳しくまとめていきます。 タロット占いに興味がある人や、死神のカードの意味について知りたいという人はぜひチェックしてみてくださいね。

死神=不吉ではない

Worrying young asian girl.

metamorworks/shutterstock.com

一般的に、死神は不吉の象徴だと思われている傾向があり、死神という存在自体が悪のように感じている人も多いでしょう。   死神が憑いているなどといわれば、自分の余命はあと少ししかないとちょっと不安になったりもするでしょう。   ですが、タロットカードの死神というカードにはそういったあなたの余命を表す意味など含まれていなく、死神といってもどちらかというと前向きな意味を含んでいるカードだといえます。   というのも、タロット占いでは、まったくの害悪を表すカードというのは多くはなく、どんなカードであっても必ず得られるものがあり、ポジティブで前向きな意味が含まれているものなのです。   たとえそれが死神のカードだとしても、そのカードがあなたの不吉の象徴になることはありません。   自分が引いたカードは自分の感情や状況などを表していることが多いですが、死神のカードには終わりや破壊といった意味が含まれていると同時に、そこからの復活や再生を表す意味も含まれているのです。   基本的に人生というのは失敗ばかり続きますし、成功をおさめることできる人はごくわずかです。   大抵の人は一度や二度は人生で大きな失敗を経験し、すべてを失ってしまうような出来事を経験することでしょう。   失恋や会社をクビになったり、お金を失ってしまったり、あるいは家を失ってしまったりなど、人生にはなにかしらの予想外の出来事が起こることが度々あります。   しかし、だからといって人生がそこで終わるわけではなく、終わりがあるからこそ始まりが存在しているのです。   何も終わりがなければ何かをはじめることなどできないように、失敗は成功をおさめる源泉でもあります。   タロット占いの死神のカードは、失敗しているときでも諦めないようにあなたを促しているカードでもあるのです。

終わりがあるから始まりがある

さきほど、終わりがあるからこそはじまりがあるといいましたが、これは出来事だけに限らず人生全般にいえることです。   というのも、人生ははじまってから終わりまで一直線に向かっていく旅であり、途中下車することは基本的には認められてはいません。   例外的な病気や事故にあってしまうまでは、人生という旅路を途中でリタイアすることはできないのです。   そういった意味でいうと、死神のカードはどんなにつらくても生きていかなければならないという意味においては、まさに死神を体現しているかのように解釈することもできます。   みなさんも何かしらつらい出来事や苦しい出来事があるはずです。 人によってはそういったことから助けを求めるためにタロット占いを行っている人もいることでしょう。   ですが、大事なのはタロットカードに込められている意味だけを盲信しないことであり、カードの意味はしっかりと自分なりの解釈に落とし込むことが重要なポイントです。   カードの意味だけを鵜呑みにしてしまっては、それはあなたの人生ではなく万人の人生を歩むことになってしまいますので注意してくださいね。

新しいことへの出発点

タロットカードの死神の カードには、新しいことへの出発点を表す意味も含まれています。   これは終わりのあとには必ずはじまりがあるということであり、何か新しいことへ挑戦する勇気を与えてくれるものです。   死神と勇気は一見相性が悪いように思えますが、死神が今までの自分を殺し、破壊してくれる存在であるならば、そこから再生してはじまりを迎えるには必要不可欠な存在だといえるでしょう。   何度もいうように終わりがなければはじまりが存在しませんので、何事も終わりをきちんと認識することが新しい自分へといたる道であるといえます。   多くの人は変化することを好まず、現状維持することを好みます。   そのため、新しいことへ挑戦することに億劫になってしまい、結局のところなにも変わらずじまいということがほとんどです。   タロット占いは、あなたの人生を変えるほどの力を持っている占いであり、カードに込められている意味をしっかりと読み取ることができれば、きっとあなたの人生は大きく変わっていくでしょう。   カードが表していることを読み取り、自分なりの文脈の中で解釈する。 それでこそタロット占いの効果を最大限に発揮することができ、結果として多くのメリットを享受することができるのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー