【お祓いについて知ろう!】基本的なお祓いの種類とそこから得られる効果とは?

【お祓いについて知ろう!】基本的なお祓いの種類とそこから得られる効果とは?

4195
update

みなさんは「お祓い」という言葉にどういった印象を抱いているでしょうか。お祓いは一般的には幽霊を払うものだと認識されていますが、実はお祓いにはいくつか種類があり、幽霊を払うためだけがお祓いではないのです。ここではお祓いの種類と効果についてまとめていきます。

4195
update

お祓いとは

Shinto purification ritual, Japan

Anna Jurkovska/shutterstock.com

あなたは「お祓い」という行為についてどこまで知っているでしょうか?   おそらく大半の人は、「お祓いは幽霊に取り憑かれた人が行うもの」という印象を抱いていることでしょう。   お祓いをするときは、不幸な出来事が続いていたり、健康状態が著しく悪い状態であったりなど、日常生活になにかしらの不備が生じたときに、お祓いはするものだと思われています。   しかし、そういったお祓いというのはなにも幽霊が関連しているときにだけ行うものではなく、日常生活の中に潜んでいる身近な現象に対してもお祓いをすることで効果を得ることができます。   そもそも幽霊がとり憑いて、なんらかの症状に悩まされるという人はごく少数であり、大半の人は人生で幽霊にとり憑かれることはないでしょう。   幽霊に憑かれる人はそれなりになにか良くない行動をしているものであり、世間ではそういった行動は危険だといわれているので、幽霊を刺激するようなことを率先して行う人は少ないです。   では、いったいどういったときにお祓いが必要になるのでしょうか。   お祓いにはいくつか種類があり、それぞれの状況に応じたお祓いが必要です。   ここではお祓いの種類とその効果について詳しくまとめていきます。 お祓いはスピリチュアル的なものだと思われがちですが、お祓いをすることであなたに降りかかる不運などを排除できるかもしれませんので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

お祓いが必要な状況

Shinto expression of Japan

kzyn/shutterstock.com

人生でお祓いが必要になる状況というのは決して多くはありません。   できることならお祓いなどせずに、平穏な日々を送れるのが一番ですが、場合によってはどうしてもお祓いが必要になってくるケースもあります。   特に幽霊が関連しているときは、神社にお祓いに行くという人は多いです。   全体的にみても、お祓いを行っている人の割合の中でも霊的な現象に悩まされていたり、慢性的な疲労といった心身的な問題でお祓いを依頼する人がとても多くなっています。   しかし、普通に生活している分には、幽霊にとり憑かれたりすることは稀であり、たいていは面白半分で幽霊を刺激するような行動を取ってしまっているがために、霊にとり憑かれてしまっているのです。   たとえば、心霊スポットに遊びにいったり、幽霊を呼び寄せる遊びをやってみたりなど、そういったものは信憑性こそそれほど高くはありませんが、幽霊の干渉を引き起こる可能性は決してゼロとはいえません。   そして、そのように自分の行動によって霊を引き寄せてしまい、自分を取り巻く状況が一変した結果、神社に行きお祓いをする人が多くなっているのです。   ですが、お祓いが必要な状況というのはなにも幽霊関係だけではなく、厄払いをするためにお祓いを依頼する人も多くなっています。   みなさんもなにかしらの不運が続いたりすると、なにか良くないものが自分にとり憑いているんじゃないかと思ったりもするでしょうが、そういった感情がお祓いをしたほうがいいのではないかという気持ちを生みます。   実際、自分の身に降りかかる出来事の大半は自分で招いた結果であることが多いため、そこまで気にする必要はないと思いますが、場合によっては明らかに不運が続いていたりすることもあるため、そういった場合は一度神社で相談をしてみるのがいいかもしれませんね。

状況を見極める

お祓いをしたいと思ったときは、いきなり神社に行ってお祓いをお願いするのではなく、まずは冷静になって状況を把握することが大事になってきます。   というのも、お祓いが本当に必要な状況というのは決して多くはなく、大半はお祓いの必要がないからです。   それに、お祓いにはそれなりのお金がかかってきますし、実際にお祓いをしてもらうとなると色々と準備しなければならないこともあり、手間がかかります。   そういったことをするだけの状況が自分に降りかかっているのかを、お祓いをする前にしっかりと考えることが大事になってきます。   今自分に次々と降りかかってくる不運は、自分が招いた自業自得なものではありませんか?   恋人に振られたり仕事をクビになったりしたのは、本当に自分には一切非がないことだといえますか?   不運な出来事いうのは、自分が招いた結果であるか、なにかしらの力が働いて運気が著しく低下しているかのどちらかです。   そのため、今の自分を取り巻く状況がどういった経緯で起こっているのかを見極めることが肝要です。   もちろん、そんなの関係なく「お祓いがしたい!」と思うのであれば、お祓いをすること自体は悪いことではありません。   ですが、お祓いにかけるだけのコストを考えると、本当にお祓いが必要なときにのみお祓いを実行するのがもっとも効果的であるということは覚えておきましょう。

健康的な生活

もし、あなたがお祓いをすることを選択し、今の自分に降りかかっている不運な出来事を排除したいと思っているのであれば、お祓いから得られる効果は非常に大きいといえるでしょう。   とはいっても、お祓いという行為自体、科学的に証明されていることではありませんし、人によっては「お祓いなんてインチキだ」と思っている人も多くいます。   お祓いという行為は一種のスピリチュアルであり、そういったことに関心がない人にとってはお祓いという行為自体が胡散臭く見えてしまうものです。   しかし、世の中には苦しんでいたにも関わらず、お祓いをすることで健康的な生活を取り戻したという人も大勢存在し、そういった人たちにとってはお祓いは絶対的な効果を持ったものであったことは疑いようがありません。   お祓いによって不運のすべてを排除できるとはいえませんが、もし自分に降りかかっている不運が幽霊によって引き起こされていることであったり、なんらかの厄が憑いていることで起こっているのだとすれば、お祓いをすることで以前の健康的な生活を手にすることができるでしょう。   お祓いは必要なときにすることで、数多くの利益を与えてくれるものなのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

あまりにも良くない状態が続いていると、お祓いをしてもらった方がいいのかもしれないって自分でも思うし、周りからも言われることがあります。だけどお祓いが必要なことはあんまりないみたいで、お祓いに頼ろうとするのをやめようかな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー