出会い系アプリのCROSS MEの実態を徹底解説

出会い系アプリのCROSS MEの実態を徹底解説

3079
update

最近Twitterなどで話題になっているCROSS MEという出会い系アプリをご存じでしょうか!?CROSS MEは20代を中心に若年層に人気があるアプリになりますが、まだまだ会員数が少ないアプリになります。このページでは、発展途上であるCROSS MEがどんなアプリなのかを紹介していきましょう。

3079
update

若年層に人気のあるCROSS MEってどんなアプリなの!?

Woman using her Mobile Phone in the street, night light Background

LDprod/shutterstock.com

CROSSMEは大手サイバーエージェントグループが運営している出会い系アプリになります。

CROSSMEのコンセプトは`すれ違い’です。

2016年の8月にリリースされたばかりなので、リリースから3年程しか立っていない、出会い系業界では新参者のアプリになっているんですね。

Twitterやインスタを中心に、積極的な広告活動が功を奏し、現在注目度の高いアプリの1つになっています。

しかし、まだまだ始まったばかりのサービスなので、他の有名なマッチングアプリを利用した方が異性と出会いやすいですし、評判もいいですね。

CROSSMEを実際に利用してみると分かると思いますが、CROSSMEを利用しているとメッセージが急に来なくなったり、ドタキャンされてしまうこともしばしあります。

会員数も少ないので、ひと月に出会えてもせいぜい1人くらいでしょうか。

そこで、CROSSMEの利用に向いている人ってどんな人になるのか気になりますよね。

CROSSMEの利用をおススメできる人は下記のような人になります。

<CROSSMEの利用に向いている人>

・ペアーズやwithなどの有名なアプリに飽きがきてしまった人

・ドタキャンや既読があったとしてもそこまで気にならない人

・話題のCROSSMEがどうしても気になる人 (首都圏の人限定)

これらのいずれにも該当している人に関しては、CROSSMEを利用してみてもいいかもしれません。

それとは反対に、上記のようなことが気になる人は、他の有名なマッチングアプリを利用した方が異性と効率よく出会えると思いますよ。

CROSS MEの具体的な利用方法を徹底解説

Woman using smart phone

successo images/shutterstock.com

CROSSMEは最近リリースされたアプリになるので、その利用方法がよく分からないと思っている人も少なくないと思います。

なので、下記にCROSSMEの特徴の流れを説明していきますね。

・出会うまでの流れ

・マッチング方法

・安全性/友達にバレないか

・会員数と会員の傾向

・利用料金

それぞれの特徴を下記に詳しくみていきましょう。

出会うまでの流れ

まずはCROSSMEで異性と出会うまでの流れを紹介していきましょう。

CROSSMEは`すれ違い’の機能があるため、その出会い方が複雑なのでは?と感じている人も多いかもしれません。

しかし、CROSSMEは一般的なマッチングアプリと出会い方はほとんど一緒なんですね。

CROSSMEは、一般的なマッチングアプリ同様にまずは、相手に対していいねを送ります。

そして、そのいいねに対して返事があれば、そこでマッチングが完了となります。

気になる異性とうまくマッチングできれば、あとはメッセージのやり取りを通じて仲を深めていくだけですね。

そこからは、2人のペースで進めていけばいいと思いますよ。

<CROSSMEで出会うまでの流れ>

1.気になる異性に対していいねを送る

2.相手もOKならマッチングが成立

3.メッセージを通じて仲を深める

このように、CROSSMEの出会いの流れは一般的なマッチングアプリでの出会いの流れと同じになっています。

ですが、CROSSMEにしかない特徴的なマッチング方法もあるので、そのマッチング方法を下記に説明していきましょう。

マッチング方法

ペアーズやwithなどの一般的なマッチングアプリであれば、異性を見つける方法は`検索’のみになります。

ですが、CROSSMEには検索以外に相手を見つける方法として`すれ違い’という機能があります。

下記にそれぞれのマッチング方法の特徴を見ていきましょう。

■気になる!「すれ違い」機能 すれ違い機能は、毎日の通勤やランチ、もしくは休日の外出中に街ですれ違った人にいいねを送れる機能になります。

「どういうこと?」

と思うかもしれませんが、簡潔に説明すると過去に1度でもすれ違ったことがある人に対していいねが送れる機能になります。

しかも、面白いことに、すれ違った回数も表示されるため、多くすれ違ったことがある人にはメッセージが送りやすいですよね。

しかも、なんだか親近感も湧くので、そこから一気に仲良くなれる可能性だってあります。

すれ違いの範囲に関しては、100~300メートルの範囲になるので、本当に間近ですれ違っていたのかとドキドキ感もありますから、素敵なおもしろい機能であることは間違いないでしょう。

また、最後にすれ違った場所や時間も表示されるので、その時自分が何をして過ごしていたのかなどの話題で盛り上がることもできますね。

また、CROSSMEには時間を持て余している人が分かる‘今日ひまマーク’という機能もあります。

この機能は、すれ違いページの「今日ひま」をクリックすることで、異性に対して「会える人募集中」とアピールができます。

男性は、マッチングした女性の中に「今日ひま」な人がいた場合にはすぐにでも連絡をした方がいいでしょう。

運が良ければ、その日のうちに出会えるかもしれませんからね。

ちなみに今日ひまの機能を利用する場合、マッチングしていない人を誘うよりも、以前マッチングしたことがある人を誘った方がうまくいく可能性が高いです。

なので、まずはメッセージのやり取り画面から今日ひまな異性を探し、暇を持て余している女性がいた場合には、その人から誘った方がイイかもしれないですね。

なお、女性の場合であれば男性から多くの連絡を貰えるので、時間を持てあましている日があれば、ぜひ一度は試してみる価値がありそうですよ。

■好みの異性が見付かりやすい‘検索機能’ CROSSMEにも一般的なマッチングアプリ同様に‘検索機能’があります。

この検索機能を駆使すれば、年齢・身長・職種などの自分好みの条件の中から異性を簡単に検索できます。

ただし、CROSSMEはペアーズやwithほど検索機能で絞れる条件の項目が多くはなく、例えば共通の趣味だったりコミュニティで検索ができません。

また、マッチングアプリの検索機能でよく利用されている‘最終ログイン’での検索もできないので、今現在アプリを利用している人のみに絞って検索ができないのは痛いですね。

CROSSMEでは、すれ違い機能を利用して、いい人がいない場合にのみ検索機能を利用するようにしましょう。

マッチングアプリでは、とりあえず登録だけしてみて、アカウントをその後放置している人が多いですからね。

ちなみに一般的なマッチングアプリのアクティブ率は10~20%と言われているので、最終ログインの検索機能がないと放置アカウントに引っかかってしまう可能性が高くなってしまいますね。

この点に関しては、注意していた方がいいかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ドタキャンがしばしばって嫌だなぁ。真剣に頑張っているのにドタキャンされるのが続いたら、時間がもったいない。もしも毎回ドタキャンが続いたら時間の無駄になっちゃうよね。ドタキャンされることができる限り少ないところが良い。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー