人気アプリのペアーズとwithを徹底比較!あなたにピッタリのアプリとは

人気アプリのペアーズとwithを徹底比較!あなたにピッタリのアプリとは

3687
update

ペアーズとwithはどちらとも優良で20~30代の若年層に人気があるアプリになります。そんなペアーズとwithですが、実際のところどっちを利用した方がいいのでしょうか!?2つのアプリを比較しつつ、どちらを利用すべきか検討してもらえたらと思います。

3687
update

ペアーズもwithもどちらも優良なアプリで間違いなし

Happy male using smartphone at modern coffee shop, he chatting Online Messaging on mobile.

oatawa/shutterstock.com

今、最も人気のあるマッチングアプリを2つ挙げるとすればそれは間違いなく`ペアーズ’と`with’になります。

どちらも優良で出会えるアプリになりますが、それぞれのアプリにはもちろんのことなのですが、それぞれに違いあるため、おススメできる人も変わってきます。

結論から言いますと、ペアーズとwithを比較した時にそれぞれにおススメできる人の特徴は下記のようになっています。

<それぞれのアプリをおススメしたい人の特徴>

・基本的にはwithがおススメ

・その中でも以下の条件に当てはまる人にはペアーズがおススメ

→地方の人

→30代後半以上の人

→結婚意識が高くて婚活をしたい人

では、どうしてこのような結果になるのしょうか!?

そのためにも、まずは下記にそれぞれのアプリの概要から説明していきたいと思います。

【ペアーズとwithのアプリ内容について】 ・ペアーズ ・with

まずは、それぞれのアプリの概要を下記に説明していきましょう。

ペアーズ

そもそも、ペアーズとはどんなアプリなのでしょうか!?

<ペアーズの特徴>

・国内最大級のマッチングアプリ!登録者数は延べ250万人を突破している

・年代、地域を問わず会員数は豊富なアプリ

・総合力№1のアプリ。国内において最も信頼のおけるアプリ

ペアーズの特徴は何と言ってもその高い知名度になります。

出会い系サイトではなく、クリーンなマッチングアプリを世に広めたのもこのペアーズというアプリなんですね。

その先駆的なポジションを確立して以降、会員数がグングンと伸びた結果、ここまで大きなアプリにまで成長した経緯があります。

なので、マッチングアプリの中では大変信頼があるアプリになっているということです。

with

続いてはwithの特徴を見ていきましょう。

<withの特徴>

・DaiGoが監修をしている診断テストを使った話題のキャンペーンがある

・会員層に関しては男女共に20代が圧倒的に多い

・出会いやすい仕組み内容がバッチリで口コミの評価も良好

withの特徴は、なんと言ってもそのアプリ内容です。

あの有名なメンタリストのDaiGoが監修を行っているキャンペーンは、若者の間で瞬く間に人気となり、一気に注目度の高いマッチングアプリとして有名になりました。

なので、withに関しては、若年層の20代の利用が圧倒的に多くなっているんですね。

ペアーズとwithの違いとは一体!?

Man using smartphone, close-up, coffee and planning book on the background

Leika production/shutterstock.com

どちらのアプリも人気があり、信頼のおけるマッチングアプリであることは理解できました。

その次に気になるのが、やはりアプリ内容の違いですね。

「結局どっちのアプリがいいの?」

「そもそも2つの違いって何なの?」

と思った方のために、以下に2つのアプリの違いをポイント別に解説していきましょう。

比較するポイントは以下の4つです。

【比較すべき4つのポイントを解説】 ・会員数 ・年齢構成 ・会員の利用目的 ・評判

それぞれのポイントについて下記に比較しながら見ていきましょう。

会員数

まずは、双方の会員数から見ていきましょう。

会員数が多いということは、それだけ多くの人が利用しているアプリになるので、出会いのチャンスも多くなりますからね。

<ペアーズとwithの会員数>

■ペアーズ

累計会員数→600万人

登録人数→250万人

新規会員数→3000人/日

■with

累計会員数→80万人

登録人数→50万人

新規会員数→1800人/日

上記の2つのアプリの会員数を比較するとペアーズの方が圧勝となっていました。

ですが、それもそのはずです。ペアーズは5年前にリリースされたアプリなのに対してwithは2年前にリリースされたばかりのアプリになるので、ペアーズの方が会員数が多いのは当然ですね。

ペアーズに比べると、その会員数は少なく感じてしまうかもしれませんが、withにも50万人ほどの会員がいます。

なので、首都圏であれば出会いのチャンスは十分あると思いますよ。

ただし、首都圏ではない地方の方に関しては、利用している人が少ないので、その分出会いのチャンスは少ないかもしれませんね。

■地方で利用したい人はwithよりもペアーズがおススメ 日本で最も人口が少ないと言われているのは鳥取県になります。

人口が最も少ない鳥取県のそれぞれのアプリのユーザー数を見ていきましょう。

<鳥取県の登録人数を比較>

・ペアーズ

合計→6900人

男性→5300人

女性→1600人

・with

合計→1300人

男性→900人

女性→400人

上記の数字を確認すると、地方におけるwithの登録人数の少なさにビックリしますね。

なので、地方に関してはwithを利用してもそもそもの利用人数が少ないので、異性と出会えるチャンス自体が少ないということです。

首都圏に住んでいない地方の人が利用するなら、断然ペアーズの方がおススメということですね。

年齢構成

会員数に関してはペアーズが圧勝でした。

では、それぞれのアプリを年代別に分けるとどのようになっているのでしょうか!?

双方のアプリを比べてみるとペアーズよりもwithの方が全体的に利用している年齢が若くなっているようですね。

<会員の年齢層>

■ペアーズ(男性)

20代→47%

その他→53%

■with(男性)

20代→60%

その他→40%

■ペアーズ(女性)

20代→55%

その他→45%

■with(女性)

20代→70%

その他→30%

※上記の数字は最終ログイン「1週間以内」の会員構成 (2017年12月時点となっています)

年齢層を比較すると双方とも若い世代が利用していますが、それでもwithの方が若い男女が多く利用しているようですね。

その反面、withは30代後半から一気に利用人数が少なくなっているといったデータも出ています。

つまり、30代後半~40代の人に関してはwithを利用していると浮いてしまう可能性もあるので、その場合であればペアーズを利用した方がいいでしょうね。

同じ年代の人が多く利用しているアプリで、年齢層が高いと警戒されてしまい、なかなかマッチングできない可能性もありますからね。

会員の利用目的

マッチングアプリを利用する上で最も重要になるのが、会員の利用目的です。

自分の目的とアプリを利用している人たちの目的がズレているようでは良質な関係を築くことは難しいでしょうし、自分が求めている出会いを探すことはできないでしょう。

なので、今回取り上げている2つのアプリを利用している人たちの主な目的を口コミを交えて下記に紹介していきましょう。

<アプリの利用目的>

ペアーズ→恋活~婚活目的

with→恋活

withは先ほども解説したように、利用している年齢層が若いため、基本的には恋活を目的にしている人が圧倒的に多かったです。

その反面、ペアーズは圧倒的な会員数と年齢層もwithよりは若干高くなっていることから、利用目的としては恋活目的・婚活目的とそれぞれに応じた出会いを探している人がいるようですね。

実際にペアーズを利用して結婚した人もおり、そのような口コミを多数見かけたので、下記に紹介していきましょう。

<ペアーズに対する口コミ>

・私はペアーズで知り合った彼と結婚しました。知り合ってから3カ月くらいはペアーズ上のやり取りでしたが、そこから連絡先を交換し、複数回デートを重ね、交際して1年後に結婚しました。ネット上で出会った人と結婚するとは想像もしていませんでしたが、今では本当に幸せな日々を送っています。

20代女性専業主婦

・SNSの出会い自体に最初は抵抗がありましたが、使ってみると思っていたよりも真面目な出会いを探している人が多いと感じました。ペアーズを通じて知り合った彼と結婚できたことは本当に幸せなことだと思います。

30代女性OL

ペアーズの口コミを確認すると、このような書き込みを確認できます。

もちろん恋活目的で利用している人も多いでしょうが、中には婚活目的で利用している人もいるので、婚活を意識している人はwithよりもペアーズの方がおススメかもしれませんね。

評判

これまでは、2つのアプリの会員数や年齢層について解説してきましたが、実際に出会えるアプリなのかも大きな比較ポイントになります。

出会えるかどうかに関しては、口コミを参考に以下にそれぞれのアプリの出会いやすさを見ていきましょう。

<ペアーズの口コミ>

・1カ月利用して5人の女性と出会えました。いいねの数が90くらいで、連絡先を交換した人が7人。そのうち5人の女性と出会い、複数回会っている人はそのうちの3人くらいです。出会いやすさは抜群だと思います。

20代男性会社員

・私は今の彼氏とのキッカケはペアーズでした。彼とはペアーズ内のやりとりを1カ月くらい続け、その後連絡先を交換しました。連絡先を交換してから出会うまでに2か月くらいかかりましたが、出会ってから交際までは1カ月もかかりませんでした。その彼とは、付き合ってからもうすぐで半年になります。

20代女性フリーター

<withの口コミ>

・withは気軽にメッセージの交換ができるので、割と簡単に異性と出会えると思います。他のアプリではまったくだったのに、withを利用してから多くの異性と出会えるようになりました。

20代男性会社員

・可愛い女の子と出会えました。自分のいいねは50にも満たないですが、それでもこんなに可愛い子と出会えるもんなんだなとビックリしています。わりと簡単に異性と出会えるので、withはおススメできますね。

20代男性フリーター

結論から言うと、どちらのアプリも出会いやすさは抜群のようですね。

なので、評判に優劣はつけにくかったですが、ただ1つだけ言えるのは、withの方が「出会えなかった…」という口コミが極端に少なかったです。

そのため、多くの人にとって出会えるアプリは、withになると思います。

しかし、ペアーズも決して出会えないというわけではなく、より出会いやすいのはwithになるということですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

今っていろんなマッチングアプリがありますから、その中から自分に合うアプリを見つけ出すのってものすごく大変なことですよね。それぞれの特徴や口コミとかを参考にしつつ、合いそうなアプリを見つけられたら良いです。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー