男も女も侮るなかれ!社会人の「出会いがない」はネットで解決!

男も女も侮るなかれ!社会人の「出会いがない」はネットで解決!

2027
update

現代の出会いでは、もはや主流と言ってもおかしくない、インターネット上での出会い。昔ほど変な意味合いはなくなっているようで、しっかり活用すれば、素敵な出会いになるかも?今回は、インターネットでの出会いを有効活用するためのポイントをご紹介します!

2027
update

社会人の出会い

 

出会いの方法といえば、ありとあらゆる手段があります。

お見合いパーティー、街コン、合コン………。

それぞれの方法にはもちろん一長一短がありますが、上手く使えばとてつもない効果が期待できます。

今回はその中でも、ここ20年で出会いの方法の主流となってきた「出会い系サイト」についてご紹介します。

出会い系サイトと言えば、顔も名前も知らない男女がネット上の出会い系サイトを通じてメールのやり取りをし、気が合えば実際に街で出会う方法です。

手のひら上の操作だけで出会いが生まれる手軽さと、出会いを求めていることを友達に知られない秘匿性から若い男女の間で爆発的に広がりました。

出会い系サイトがブームだった2000年代前半のころと比べるとその人気にはややかげりが見えますが、現在でも出会いの方法の1つとして支持されています。

今回は、インターネットでの出会いを有効活用するためのポイントを3つご紹介いたします。

ポイント①「女の子はたくさんの男からメールが来ている」

 

出会い系サイトの一般的な使い方は、サイトの検索画面から条件を入力し検索をかけます。

検索で絞り込まれた女性のプロフィールや写真を見ながら、好みの子にメールを送るわけです。

ここで忘れがちなことですが、大多数の男性の好みの子はかぶります。

具体的には、20代から30代前半の若い女性です。

もちろん美人に越したことはありませんが、そこまで美人ではなくても普通以上のルックスに見える写真があれば、男性の人気は集中します。

ただ、その条件に当てはまる女性は多くはないでしょう。

もちろん、20代や30代の女性は出会い系にかなりの人数登録していますが、中には写真を載せてない人もいるでしょうし、サクラのような女性がいることも事実です。

つまり、合格ラインに達した数少ない女性を大多数の男性で獲りあってる状況が、出会い系サイトでは起きているわけです。

では、そのような女性は一体何人の男性から好意を寄せられるメールをもらっているのでしょうか。

私がさまざまな出会い系サイトに登録している女性を調査した結果「約20人~30人」でした。

もちろんルックスが良ければ50人以上の男性から好意を寄せられたりする子もいますが、少ない子でも約10人前後からは好意を寄せられていました。

これだけの人数の男性のメールが一人の女性に集中しているわけです。

女性はそれだけの人数の男性とやりとりをして(無視される人も多いですが)その中からお気に入りの男性を探していることを覚えておいてください。

なぜならば、このことが出会い系サイト活用の上で非常に重要なことだからです。

ポイント②「ほとんどの男性が送るメールの文面は変わらない」

 
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー