【霊障を防ぐ】霊障によって引き起こる症状とその改善方法とは?

【霊障を防ぐ】霊障によって引き起こる症状とその改善方法とは?

2172
update

みなさんは霊による干渉を受けていると感じたことはありませんか?もしくは最近体調が優れないと感じたりはしていませんか?そういった症状はスピリチュアル的には「霊障」といわれており、時にはひどい症状を引き起こすことがあります。ここでは霊障について詳しくまとめていきます。

2172
update

霊障とは?

Healthy mind body and spirit. Wellness and health concept. Double exposure.

KieferPix/shutterstock.com

あなたは「霊障」という言葉をご存知でしょうか?    霊障とは簡潔にいうと「霊による干渉を受けている状態」であり、霊によってなにかしらの不利益を受けている状態をいいます。   おそらく多くの人は霊障などとは無縁の生活を送っているでしょうし、できれば霊障などとは関わることなく平和に穏やかに生きていきたいと思っていることでしょう。   ですが、世の中には霊障によって悩まされている人がいることも事実であり、霊による干渉を受けている状態では、健康的に幸せな生活を送ることは難しくなっています。   人によって霊障の症状は大きく異なっており、霊障があっても特に変化がない人もいれば、日常生活に支障をきたすぐらい過剰に反応してしまう人もいます。   一般的には霊感が強い人ほど霊障の影響を受けやすいといわれており、生まれつき霊感が強い人はそれだけ霊のよる干渉に悩まされてしまうことが多いようです。   しかしこうした霊による問題は、正しく理解することと正しく対処することによって改善することができるものであり、たとえ今現在霊障に悩まされていたとしても、自分次第で解決へと導くことができます。   ここでは霊障によって引き起こされる症状や対処法についてまとめていきます。 霊障に悩まされている人や、霊障や幽霊の干渉といった問題に興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

霊障と幽霊

Stress. Portrait stressed sad young woman with coffee cup sitting in a trendy cafe coffee shop about to cry. City urban life style stress. Negative human emotion face expression body language attitude

HBRH/shutterstock.com

さきほども述べましたが、霊障は霊感と密接に関連しているものであり、霊感が強ければ強いほど霊障の影響も強く受けてしまいます。   霊感というのは生まれつき強さが決まっているものであり、人によっては後天的に強くなったり弱くなったりすることもありますが、基本的には生まれつき霊感が強い人は大人になっても強いままでいることが多いです。   霊感とは文字どおり「霊への感受性」のことであり、霊の気配などをより敏感に察知することができる能力のことをいいます。   実際、霊感があることにはメリットとデメリットが存在し、決して霊感があることは悪いことばかりではありません。   霊感が強い人は危険をほかの人よりも素早く察知することができるため、霊を怒らせたりとり憑かれたりすることを事前に防ぐことができます。   デメリットとしてははじめから述べているように、霊障などの霊による干渉をより強く受けすぎてしまう点です。   これはどっちが良くてどっちが悪いかといった問題ではなく、どちらであってもうまく現実と折り合いをつけてやっていくしかありません。   霊感が強い人はその強さを生かして現実の問題に対処することが求められ、霊感がない人はできるだけ霊を刺激しない生き方をする必要があります。   霊障は霊感が強い人ほど感じやすい現象ではありますが、それは逆に霊障と向き合って対処するには好都合です。   霊感が弱い人だと霊障の影響があったとしても気づくことができず、結果としてさらにひどい状態へと巻き込まれてしまう可能性がありますので、霊感が弱いことは嬉しいことではなく逆に不利益のほうが多くなることもあるのです。   霊障について考えるときは霊感のことを考えることが大事であり、二つは切っても切れない関係性にあるといっても過言ではありません。

原因不明の体調不良

自分が霊障の影響を受けているかもしれないと感じる兆候は、多くの人たちで共通しています。   それは原因不明の体調不良です。   基本的に幽霊という存在は負の存在であるため、とり憑かれたり悪さをしている状態というときにはいいことが起こりません。   人間の気質的に表現すると、幽霊をネガティブなオーラで内包している存在であり、私たちが毎日悩んだり不安に陥ったりする原因もネガティブがほとんどです。   つまり、ネガティブオーラが満載な幽霊による干渉である霊障が、私たちにとってプラスにはたらくことはほとんどなく、大体はネガティブ反応を引き起こす原因となります。   その代表格が体調不良であり、人によっては寝込んでしまうほどの症状が引き起こされることもあります。   通常の病気などによる体調不良と霊障による体調不良には大きな違いがあり、病気などの体調不良の場合はウイルスや細菌が原因であることがほとんどですが、霊障による体調不良は原因がわからないことがほとんどです。   いつどこで幽霊と関わり干渉を引き起こしてしまっているのかを判断することはほとんど不可能であり、霊感がない人にとってはまず無理です。   そのため、霊障による体調不良は原因不明のまま放置されることが多く、軽度の症状であるならそのまま我慢しながら日常生活を送っている人も多くいます。   これは健康的に生きたいと思っている人にとっては大問題であるといえるでしょう。

霊感の強さ

さきほどは霊感と霊障には密接な関連性があると述べましたが、実際、霊感というのは後天的に強くすることも弱くすることも可能です。   ですが、はじめから強い霊感を持っている人が霊の気配を感じないぐらい弱くするよりも、元々霊感がない人が霊障に気づくまで強くするほうが圧倒的に簡単になります。   霊感を強くしたいと思う人はほとんどいないと思いますが、稀にスピリチュアルやオカルトが大好きな人が自己責任で霊感を強くするためにあれこれ色々なことをやったりしています。   すべて自己責任を受け入れるのであれば、霊感を強くするのも本人の自由ではありますが、やはり普通に平穏な日々を送りたいのであればおすすめはしません。   逆に霊感が強い人はできることなら弱くしたいと思うのがあたり前であり、霊感を弱くするにもある程度の時間と根性が必要になります。   興味がある人は自分で調べてもらうのがもっとも手っ取り早くて効果的なのですが、今現在霊障に悩まされているのであれば、まずは目の前の霊障の問題を解決してから霊感を弱めるという順番が効果的です。   霊感は生まれつき強さが決まっていますが、だからといって一生幽霊に悩まされなければならないというわけではありませんので、霊障と霊感について興味がある人はぜひ霊感についても調べてみてくださいね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (2件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

2 名無しさん
通報

お祓いやお浄めも仕事としてやっている者です。こういった記事を全否定するつもりはありません。誰かの役に立つ為に作っているのでしょうから。ただし、安易に間違いを載せてはいけません。盛り塩は気軽に何の知識も持たずやるものではありません。場所や状況によっては逆効果になります。本当に霊障で困っている人を助ける仕事をしている者からすれば中途半端な記事は更に不幸な人を増やすモノとなり得ます。不快です。

1 名無しさん
通報

体調不良が起きてあちこちの病院に行っても、異常なしと診断された場合には、もしかしたらこの霊障を疑ってみるのが良いかもしれないですね。医学の事では説明できない何かが起きていると考えるのが良さそうですよね。

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー