釣った魚に餌をやらない男性の特徴と状況を改善するための対処法とは?

釣った魚に餌をやらない男性の特徴と状況を改善するための対処法とは?

恋活

みなさんは「釣った魚に餌をやらない」男性に出会ったことはありませんか?実際、男性は頻繁に女性を口説く傾向にあり、興味がある女性に対しては積極的にアプローチしていきますが、いざ自分のものになると態度が変わる人がいます。ここではそんな釣った魚に餌をやらない男性についてまとめていきます。

モコ
モコ
2019.07.09

釣った魚に餌をやらない男性

Handsome young man on grey background looking at camera. Portrait of laughing young man with hands in pockets leaning against grey wall. Happy guy smiling.

突然ですが、あなたは釣った魚に餌をやらないタイプの男性と付き合っていませんか?   昔からのことわざには「釣った魚に餌をやらない」という言葉があり、これはそのままの意味で釣るまではノリノリであったにも関わらず、釣り上げたあとには興味をなくして餌もなにもあげなくなるタイプの人間を表しています。   これは現実の人間関係に置き換えて考えることができ、特に恋愛においては口説くまではノリノリでとても優しくて誠実な人だと思わせておきながら、実際に好きになったり口説かれたりした場合には、急に冷めた態度をとってくる男性のことをいいます。   あなたは今の彼氏にちゃんと付き合ったあとでも餌をもらえてますか?   もちろんここでいう餌というのは食べ物のことではなく、恋愛関係を維持させるために必要不可欠な要素である、優しさや思いやり、愛情や幸せといったもののことです。   男性からアプローチされた、自分からアプローチしていったにしろ、付き合ってから急に態度が変わったり、今までのような優しさを見せなくなった男性は、もしかしたら「釣った魚に餌をやらない」タイプの人間かもしれませんよ。   ここでは、釣った魚に餌をやらない男性の特徴から対処法まで詳しくまとめていきます。女性であるなら口説かれる前も口説かれたあとも、男性からは優しい愛情や思いやりといった「餌」 をしっかりともらいながら幸せに生きていきたいでしょう。   もし、今の彼氏が釣った魚に餌をやらないタイプであると感じた人は、今後のためにもぜひ目を通してみてくださいね。

釣られてしまった女性たち

Portrait of young beautiful cute cheerful girl smiling looking at camera over white background.

一般的には、恋愛に発展するまでの過程は男性が女性にアプローチをかけるのが基本となっています。   女性は男性からの熱烈なアプローチやデートなどを繰り返すことによって、だんだんと相手の男性に興味を抱いていき、次第に惹かれるようになっていきます。   そして気づけば相手の男性といることに喜びを感じ、幸せを感じてることに気づくでしょう。そのようにして恋愛がスタートするのが一般的な出会いであり、カップルまでの過程となっています。   もちろん、こうした流れは基本といってもすべての人がこのように進んでカップルになっていくというわけではありませんし、いきなり告白して付き合うパターンや、女性からの熱烈なアプローチで男性を口説き落とすこともあれば、なんとなく一緒にいるうちに自然とそういった関係になっていたというパターンもあるでしょう。   恋愛にはそれぞれの形が存在しており、画一的な枠組みに当てはめて恋愛を解釈するのは間違いであるといえます。   ですが、世の中には女性を口説き落とすことに楽しみや喜びを感じるタイプの男性がいます。   それが「釣った魚に餌をやらない」タイプの男性です。   このタイプの男性は、女性にアプローチをかけるときはとても優しく誠実に近づき、女性が求めていることを一つずつ完璧に与えてくれて、男性としてだけではなく人間的な魅力にも溢れているように見えます。   些細なことにもすぐに気づいてくれて、つらいときにはそっと寄り添い、楽しいときには一緒になって笑うことができる。かといって、下心のようなものは一切感じず、ただ一緒にいるだけで楽しくて幸せを感じられるような男性。   一見これ以上ない魅力的な男性のように聞こえますが、まさにこうしたタイプの男性こそ「釣った魚に餌をやらない」タイプの男性なのです。

ある程度態度が変わるのは仕方がない

とはいえ、現実的に考えて付き合う前と付き合ったあとでは多少接する態度に差が出てしまうのは仕方がないことです。   付き合う前はどんな些細な変化にも瞬時に気づいてくれてたとしても、付き合ったときにはそうした些細な変化すべてに気を配り続けることは無理難題でしょう。   人には誰しも慣れという感覚があり、たとえどんなに相手のことが好きであったとしても、ずっと一緒にいれば必ず慣れがきて飽きがきてしまうものです。   慣れと飽きは人間に生まれつき備わっている大事な機能でもあり、ずっと慣れることなく飽きることなく一つのことしかできないのであれば、おそらく人間はここまで成長してはいないでしょう。   慣れと飽きが新鮮さという感覚をもたらし、そうした感覚によって新しく行動が感化されたり誘発されたりするのです。   そのため、たとえ両思いで付き合ったとしても、一緒にいる時間が長ければ長いほど感覚的には慣れと飽きがきてしまい、付き合う以前の態度のように接することが難しくなっていきます。   しかし、だからといって付き合う前と後での態度が激変してしまうのは問題であり、あまりにも態度がお粗末なものになっているのだとすれば、それは相手の男性に難があると見て間違いないでしょう。

自分を高めることが大事

釣った魚に餌をやらないタイプの男性の特徴に関してはこのあと詳しくまとめていきますが、そうした男性に対するもっとも有効な手段を一つ先取りして教えるのであれば、自分を高めることだといえるでしょう。   自分を高めるとは、より魅力的な女性になるということであり、付き合う前よりも魅力的で美しくいい女になるということです。   実際、付き合ったあとに態度が激変する男性は、一度自分のものになったから安心といった感覚を感じている傾向があり、それは言い換えれば下に見られているということです。   彼女のことを自分よりも下であり、自分のことを好きでいるとわかっているからこそ、付き合ったあとに雑な扱いをしてきたり、素っ気無く冷たい態度を取ることができるのです。   人は生まれつき自分よりも力が弱い、地位が低い人に対しては横暴な態度をとる傾向があり、これは歴史的にもわかりきっています。   貴族が奴隷に対する扱いのように、男性は口説き落とした女性のことを自分よりも立場が低いとみなしているのです。   そのため、付き合う前と後で態度が激変することになり、いわゆる「釣った魚に餌をやらない」ということわざを如実に表した男性になるのです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事