独特の魅力!バンドマンに恋したら我慢しなければならないこと5つ

独特の魅力!バンドマンに恋したら我慢しなければならないこと5つ

984
update

あなたは、好きなミュージシャンはいますか?ミュージシャン、バンドマンは、なにもメジャーシーンで活躍している人ばかりではありません。もしもバンドマンと付き合ったら、こんな我慢が待ってますよという気になるお話です。

984
update

恋人はバンドマン♪

あなたの身近にも、地元のライブハウスで活躍するバンドマンはいるかも!

たまたま観たライブをきっかけに、バンドマンと知り合うこともあるかもしれません。

もし、そんな彼とお付き合いをした場合、バンドマンが故に我慢しなければならないこんなことが出てきます。

あなたは、耐えられる?

1.ナルシストな人が多い

バンドマンといえば、自分の個性を大切にしている人がとても多いはずです。

お化粧をする人、奇抜なファッションをする人もいます。

でもそれも、全てはより良き音楽活動のため!

バンドマンと付き合う前は、「ナルシストな男なんて嫌だな」と思っていた女性も、ここは目を瞑らないといけません。

※全てのバンドマンがナルシストと言うわけではありません、傾向として多いかな?と…。

2.バンド優先

何より音楽活動が優先になりがち。

時には、遠方にツアーに出ることもあるかもしれません。

そのため、デートの時間が少なくなってしまったり、急なミーティングやリハーサルでドタキャンされることもあり得ます。

あなたは、あたたかく応援できますか?

3.金欠ぎみ

バンドマンの男性は、中には、いい年なのにアルバイト生活という人もいます。

そうじゃなくても、やっぱり楽器やライブ活動などにはけっこうお金がかかったりします。

そのため、常に金欠ということも少なくありません。

彼の夢のため!と思って、見守ることが出来るかどうかがポイントです。

4.存在を隠される

ファンが多い場合、彼女の存在を明かすのはNGとしていることもあります。

そのため、ちゃんと付き合っているのにどこかコソコソしなければならなかったり、日陰の女っぽくなってしまうことも。

5.女性の影が心配

ライブのお知らせなどのため、女性とLINEなどやり取りすることもよくあります。

そんな時、いちいち浮気を疑っていたら身が持ちません。

「ファンなんだから」と割り切ることが必要です。

いかがでしたか?

バンドマンの彼とのお付き合いは、何かと大変そうですね。

でも、あなたが彼にしかない魅力を感じていれば、これらのことを我慢しても、貴重な体験の数々を味わえるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー