見た目に自信がないならコレ!雰囲気イケメンになる5つの方法

見た目に自信がないならコレ!雰囲気イケメンになる5つの方法

自分磨き

実際のところ、本物のイケメンなんてなかなか居ないと思いますし、このように言うのも何ですがあなた自身も実際は…だから雰囲気イケメンを目指してみましょう!と言うことで、今回は雰囲気イケメンになる方法を5つご紹介します。

まひる
まひる
2019.08.14

雰囲気イケメンとは?

Portrait of handsome man

雰囲気イケメンを目指す前に、まずは雰囲気イケメンが一体どのようなものなのか、その意味からお伝えさせていただきます。

まず、実際顔を見てみて本当の意味で格好いい、イケメンと言える人は周囲にあまり居ないと思います。

ですが、「何となく」とか「見た目は普通なのに」という前提があるにも関わらず、妙に格好いい人が居るとかそういうオーラが出ている人は居るのではないでしょうか?

つまり雰囲気イケメンとは、顔は普通かそれ以下であるにも関わらず、顔以外の部分…すなわち仕草や表情、また姿勢や醸し出す何かが、女性ウケしている人を指すのです。

あなた自身、自分の顔を鏡で見てみてどの程度のレベルだと思っていますか?

実際のところを言うと、本物のイケメンなんてなかなか居ないことから、確率を考えるとさほど容姿に恵まれている訳ではない、決してイケメンではないと言えるのではないでしょうか?

だから、目指すものは雰囲気イケメンです。

雰囲気イケメンであれば、容姿が並程度であっても十分視野に入ると考えられますので、目指すにしても現実的だと言えます。

と言うことで今回、雰囲気イケメンになる方法を5つご紹介させていただきますので、容姿は普通でもモテる男性になれるよう励んで下さい。

身体のラインに気を払う

Handsome man wear black suit

実際のイケメンでもそうなのですが、基本的に「格好の良い人」というのは体つきからして格好が良く、そこは必ずイコールとして結び付くことになると言えるのではないでしょうか?

理由は、確かに太っていたりお腹が出ている人にも格好良い人、可愛らしい人は居ますが、多くは痩せ形だったり筋肉質だったりの体型の方に、その割合が多いからです。

言わば、イケメンになる為にはそれ相応の体つきであることが最低限求められ、そこを欠かしてイケメンにはなれない、体つきが良いことがイケメンの条件となると言えるのです。

これを逆に言うなら、体つきさえ良ければたとえ顔がそれほど良くなくても、イケメンとしての資質を多く持つことが出来ると判断してもいいのではないでしょうか?

だから実際の顔はあまり良くなく、雰囲気イケメンを目指すのであれば身体を鍛えるなり絞るなどをして、身体のラインに気を払うのが重要視されると考えられます。

そしてこれ、努力さえ出来れば誰にでも可能、人を問わず雰囲気イケメンにまで辿り着けると思われますので、「努力さえ出来れば」という条件付きではありますが、比較的簡単な方法になるでしょう。

なおその努力についてですが、多くの場合は生活習慣を正したり軽くスポーツをするだけで、ほとんどの場合ある程度にまでは絞れますし、それで雰囲気イケメンに近づくことが可能だと考えられます。

ただし、そのある程度にまで至ると身体の変化もストップすることが多いので、そこから負荷の強い運動をするなり、食生活に注意をすればさらに身体の変化は進むでしょう。

出来れば定期的にジョギングやスポーツなどをするようにして、それを生活習慣の一部としてしまう方が、気持ち的に負担にもなりませんし習慣であることから継続出来るものかと思われます。

急激に目標を達成しようとすると、無理が生じる上に多大な負荷となってしまい、飽きが来てしまったり辛いと思ってしまうようになるので、それで継続出来なくなる恐れがある為注意です。

いつでも清潔感を出す

Sexy smiling handsome man with crossed arms

少なくともイケメンという人種(?)は、裾が破れているとか染みが付着している、汚損が激しい衣類などは着ておらず、そこはかとなく清潔さを感じさせる様相を見せています。

つまりイケメンというのは、いつでも清潔感があることの表れであり、それによりイケメンを目指すならそれが欠かせない、清潔感は必ず伴うものであることになるのです。

さらに、髭面だったり眉毛の手入れがされていない、鼻毛も出ていないなど、何かとイケメンは清潔さに関して隙がなく、一緒にいて不快さを感じさせないと言えるでしょう。

と言うことで、顔は伴わなくてもせめて雰囲気イケメンくらいには…と思われる人は、本物のイケメン程度の生活感くらいは出せるように、いつでも身綺麗にはしておかなくてはなりません。

特に体毛の処理とか、「自分の身にあるもの」の手入れは必須、清潔感を出す為には欠かせない要素となりますので、その辺りは特に気を付ける必要があるでしょう。

服装については、センスの問題とかその人に似合う似合わないがありますので、一口でこの格好をすればいいとは言えません。

ですが、そのセンスを磨く為の努力とかその服が似合うような身体にするなど、それは当人次第なところがありますので、そこは是非頑張っていただきたいものです。

それと、見た目の部分だけでなく仕草や態度など、そういう面でも清潔感という要素は含まれます。

例えば、ちょっと極端で参考にならないかもしれませんが、鼻をほじる癖があるとするなら、それはいくら容姿の面で清潔感を出せてもまるで意味がありません。

だからそういう仕草や態度に対しても、注意を払うなり振り返るなどをして悪いものは改善をし、身も心も清潔感を出せるようにすれば、雰囲気イケメンとしては申し分ないものと思われます。

シンプルな見た目

Portrait Of Young Handsome Man Smiling Outdoor

これは本物のイケメンとか雰囲気イケメンを目指す人に対して、思わぬ落とし穴になってしまう可能性を持っているものです。

と言うのも、まずイケメンを目指す人がやる行動のひとつに、「服装から何とかする」とか「着飾る」というものがあるのは、高い洋服を着てイケメン気分になった男性がたくさん居ることからご存じかと思います。

しかしこれ、目指すものが高いのか何か勘違いをしているのか、いろいろとゴテゴテ着飾ってしまった末に、よけいイケメンから遠ざかってしまうケースが後を絶たないのです。

おおよそ当人は、いつもより良い服を着てイケメン気取りなのかもしれませんが、ほとんどの場合その人は周囲から嘲笑の対象にされたり、引かれてしまうことになるでしょう。

シンプルイズベストなのです。

ハイブランドとかド派手な色合いの服装も、場合によってはいいところがあるのですが、それは服装がスゴいだけであって、服装に着られているだけなのです。

それに、そういう服装はかなり主張が激しいことが懸念され、それに伴い特定の場面で浮くとか、他の人を自分の服で包み隠してしまうかもしれず、かえって反感を買ってしまうかもしれません。

だから雰囲気イケメンを目指すなら、服装はシンプルであるのが条件となるでしょう。

「それだと自分の見栄えの悪い顔が目立つ」と思われるかもしれませんが、派手な格好をして注目を浴びた挙げ句、「服装の次に」顔を見られてがっかりされるよりはいいのではないでしょうか?

それに、シンプルな見た目というのは言ってしまえば「分相応」、自分の顔のレベルに合った服装という解釈も出来ますので、ギャップがない分しっくりと収まるものかと思われます。

あまり良い言い回しではないと思われたでしょうが、物事には「調和」というものがあって、イケメンではない顔にはそういうシンプルな服装の方が、調和という観点で「ハマる」のです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事