これは致命傷!?男性から引かれる汚い女の特徴

これは致命傷!?男性から引かれる汚い女の特徴

自分磨き

「汚い女」ってとても嫌な響きです。比較的清潔感に鈍感な男性ならともかく(すみません)、女性である以上そこは気を使いたいところです。と言うことで、今回は汚い女の特徴を5つご紹介しますので、我が身を振り返って確認してみて下さい。

まひる
まひる
2019.08.14

「汚い」にもいろいろ

Hands dirty boy

一口に「汚い」と言っても、見た目や格好等の容姿的な意味を持つものから、性格や考え方に問題があるという意味だったりなど、そこはいろいろになるかと思います。

まあどのみち汚いには変わりないので、間違いなくポジティブな意味にはなりませんし、もし自分自身がそうならもはや目も当てられない状態と言えるでしょう。

ましてや女性となれば、一般的に清潔感がある方が当たり前、そこは比較的配慮出来ない男性とは違って、綺麗であるべきという通念があることから一層の気遣いが求められます。

もしあなたが「汚い女」という印象を周囲に与えていたとしたら…どのように思いますか?

ですのでこれから、汚い女の特徴をカテゴリに分けてご紹介させていただきますので、自分がそんな汚い女でないかどうかの確認作業の為の資料として下さい。

それと、汚い女に対する男性の印象や本音などにも触れますので、もし自分が汚い女と分かったのであれば、そういう現実から目を逸らさずに直視して、改善に向かって突き進みましょう。

そのまま汚い女のままですと、男性はもちろん同性である女性からも当たり前のように嫌われますので、改善一択でしかないと考えて下さい。

汚い女の見た目的特徴

Portrait of smiling young black woman with copy space

汚い女を汚い女としている「見た目」というのは、その人を判断するに当たって重要な要素のひとつであり、そこが至らなければそれなりの評価となることを覚悟しましょう。

と言うことで、まずは汚い女の見た目的な特徴からご紹介しますが、少しでも心当たりがあると気付いたのであれば、即改善するようにして下さい。

・身の回りが物で溢れかえっている

汚い女というのは、自分自身は当然のことその身の回りも汚いことが多いようで、判別要素として優れている、そして可能性としても非常に高いものとなります。

例えば仕事で使用するデスクなど、作業する部分だけは空いているものの、その周囲は書類が山積みだったり、ペンやその他小道具が適当に散らばっていたりしていませんか?

さらに、物を仕舞う筈の引き出しであるにも関わらず、閉めてもその隙間から紙類などが見えていたり、そもそも収納しきれていないなど、中身が容易に伺えるような状態になっていませんか?

そういう女性は、おおよそ汚い女である…そして、周囲からもそう思われて然るべき状態ですので、早速今からでも片づけを行っておきましょう。

・服や靴が汚れている

単純に見た目として「汚い」もので、もうこれについては汚い女と評されても言い逃れ出来ない、納得せざるを得ないものとなるでしょう。

服はシワだらけだったり、着ている本人からは見えない位置が汚れている、靴はすり切れが目立ち踵は潰れている…汚い女に加えて、ズボラという評価も付いてきそうです。

そしてこれ、そういう「細かいところ」に気遣いが出来ない、配慮が出来ないという印象にも繋がりますので、社会に身を置く人であればそれが不利に働く可能性があるでしょう。

・バッグ等の中身が乱雑

汚い女というのは、「汚い」を冠するだけあって整理とか片づけなどが非常に苦手で、それはもちろん自分の手持ち程度のものの中身であっても例外ではありません。

バッグやら財布を開けてみると、何がどこにあるのか分からない程にぐちゃぐちゃ、そして大抵奥底の一カ所に汚くまとまっている…そんな感じなのだと思われます。

これは自分だけしか見えないところ、そして周囲からは見えないところであるだけに、バレてしまうとたちまち汚い女認定となりますので、本当に注意しなければなりません。

・食事中音を立てたり落とす

これはもうその様子そのものが汚い、行動自体が汚いと言えるもので、それに伴って汚い女と言われてしまうのは、さすがに受け入れなければならないと言えるかもしれません。

くちゃくちゃと音を立てて食べる、ぽろぽろと落としながら口に運ぶ…これは汚いというのもそうなのですが、まともな教育を受けているのかという根本的な部分が疑問になるでしょう。

特にくちゃくちゃと音を立てる「クチャラー」は、誰彼問わず確実に嫌われますので、汚い女とされるのはもちろんのこと、常識も疑われてしまいますので厳重に注意です。

・同じ物ばかり使用している

汚い女というのは、本当に細かいところの配慮が苦手なのはこれまでの通りです。

だからうっかり同じハンカチとか小物等を使用していることに気付かず、それこと「毎日同じもの使ってる」ことになりかねず、それを見た周囲はたちまち汚い女という印象を受けるでしょう。

特にハンカチは目につきやすいですので、ズボラで洗わないのは構いませんが、せめていくつか取りそろえて毎日入れ替えておくくらいはしておきましょう。

・自分自身が汚い

これはもう論外です。

髪がやたら痛んでいたり、肌はくすみ気味、爪は伸び放題…これはもう見た目に即反映されてしまうので、心当たりのある人は既に汚い女として名を馳せているかと思われます。

髪が痛みやすいという人でもせめて最低限のケアくらいはして、それでも無理なら短めにして誤魔化すとか、美容室等で一度相談してみて対応しておきましょう。

そこは人としてのモラルの問題になってきますので、面倒を思うかもしれませんが「やらなければならない」のです。

汚い女の内面的特徴

Smiling middle aged mature grey haired woman looking at camera, happy old lady in glasses posing at home indoor, positive single senior retired female sitting on sofa in living room headshot portrait

汚い女というのは、何も見た目の要素だけで汚いと判別される訳ではなく、中身から滲み出すものもあるのです。

ここではそれらをご紹介しますので、言動に身に覚えがあるなら改善一択と考えましょう。

・面倒臭がり

この面倒臭がりという中身は、汚い女のほとんどを形成する要素であり、汚い女に必ず伴うもの、性格、中身と言っても過言ではないと考えられます。

いつも「あーめんどくさ」なんて、口癖のように言っているのではないでしょうか?

とにかく動くのが億劫、楽をしたい、自分に関わりのないことはやりたくない、下手をすれば自分が関わることもやりたくない…もはやこれ、重症と言ってもいいでしょう。

その「面倒」を回避する傾向になる為、自然と「化粧」とか「掃除」、「おしゃれ」などからも遠ざかり、その結果汚い女となってしまう…容易に想像出来る顛末です。

口癖のある人は多くの場合本当に面倒臭がりですので、そういう発言に心当たりがあるなら…もう周囲からの評価は、ほぼほぼそういうものになっていると考えられます。

・遅刻等のルーズさが目立つ

指定した時間を守らない、物や脱いだ服は出しっぱなし、遠くから投げたゴミがゴミ箱から外れてもそのまま…こういうルーズな人は、やはり汚い女になる可能性が高いようです。

もう「ルーズ」という部分である程度推測出来ると思いますが、これらは自分の身の回りのこともしない、出来ないことに繋がりますので、自然と汚い女になりやすくなってしまうのです。

その性質から社会的に成功する可能性も低く、仕事が出来ない上に周囲から嘲笑され、さらには汚いという印象…いえ、もはや烙印を受けるような羽目になってしまうのが想像に難くありません。

さらにこれは人間関係にも影響してきますし、この内面により汚い女となってしまっている人は、他のどの項目よりも早めに改善する必要があると考えて下さい。

・飽きっぽい

どうして飽きっぽいのと、汚い女に関連性があるのか…心当たりがある人は、ネガティブな意味合いを持つ言葉であれば、何もかも汚い女扱いになるのかと憤慨されるかと思います。

しかし実のところ関連性は大ありで、理由はまず飽きっぽいとひとつのことをやり遂げることが出来ない、服にしろ小物にしろ飽きてまた別の物を買ってしまいます。

やり遂げることが出来なければ、掃除でも途中で放置してしまうとかそもそも片づけられない、服やら小物にすぐ飽きてしまえば部屋が散らかしやすくなってしまいますよね?

だから、どうしても汚い女にはその傾向が強くあってしまうようで、だから今はそうでなくてもその資質があると考え、今後は注意して行動する必要があると考えて下さい。

・一言多い

口で一言多いのと汚い女…これについても、その関連性が疑問視されるところだと思いますし、女性であればどうしても一言多くなる傾向がある為、その割合はかなりの数になるかと思います。

ではその根拠ですが、一言多い人というのはつまり「よけいなことをしやすい」性状であることが伺え、それはおおよそ日常生活においても反映されている可能性が高いと言えます。

だから先にもあるように、よけいな物を買ってしまったり自分に対してもよけいなことをしてしまいがちで、それに伴いいろいろとゴテゴテしやすくなってしまうのです。

だから客観的に見て「綺麗」とは言えない、そこはかとなく汚い印象だったりと、少なくとも清潔感が感じられなくなる…そういう根拠となります。

男性からの印象や本音

Handsome man smiling with perfect teeth. Dental care

さて、ここまで汚い女の外見とか内面の特徴をいくつかご紹介させていただきましたが、いずれかひとつでも、また複数当てはまるなどがあったのではないでしょうか?

まあたとえそうだとしても別に構わない、一人で居る分にはどうでもいいと、排他的な思考の人も居るかと思うのですが…男性相手であればどうでしょう?

男性相手なら別問題、そこでは頑張ると思われている人でも、汚い女の資質がある以上確実にぽろりと素が出てしまうので、決して他人事ではないのです。

そしてもしそうなった場合、男性にどのように思われるのか…その印象や本音をご紹介させていただきます。

それを知れば、男性の前だけはきちんとしようとしている人も、日常生活から変えていただけるかと思います。

・恋愛対象外

男性の、汚い女に対する大前提となります。

その理由は大方想像出来るかと思いますが、まずその女性と「付き合う」分には、実のところそこまで弊害はないでしょう。

しかし恋愛の先にある「結婚」となると、汚い女が相手ではたとえどれだけ容姿が美しくても、「共同生活をする」という前提があることから対象外となってしまうのです。

共に生活を始めれば、その汚さは男性側にも降りかかってきます。

それは、比較的几帳面な男性であれば耐えられる筈もなく、そしてそれが汚い女から容易に想像出来ることから、もう汚い女という時点で「ナシ」になるのです。

・臭そうな印象がある

はっきり言って、男性にそのように思われる時点で女性としてはおしまいなのですが、汚い女に対し男性は結構辛辣な評価を下す何よりの証拠になるかと思います。

つまり男性は、その女性が汚い女だという印象が根付いた際に、その女性から何か臭ってくるような感じがする、そういうイメージを抱いてしまうのです。

実際は臭っていなくても関係がなく、ここは臭ってくる「感じがある」ことが重要で、その先入観をいつまでも抱き続けるでしょう。

中にはそういう女性の臭いが好きな男性も居るのですが、それはフェチズムの問題であり恋愛とか結婚になると別問題となるので、そこは安心するところではありませんのであしからず。

・気持ち悪い

男性に抱かれる印象としては最悪のもので、もしこのように思われていると知ったら傷つく…どころか、暫く自宅に引きこもるのではないでしょうか?

汚い女である為に、男性がもう生理的に無理だとかただただ気持ち悪いとか、それこそ化け物を見るかのような視線だったり、汚らわしいものを見るような目…耐えられませんよね?

まあ傷つくようなメンタルであれば、きっと汚い女であっても改善出来ると思いますので、それほど心配することはないのですが…問題はそうでない女性で、その場合は救いようがありません。

百害しかないことを肝に銘じよう

汚い女であることに一利もなく、百害しかないことをしっかりと肝に銘じておくようにして下さい。

見た目的な特徴に関しては、見る者が不快感を示し場合によっては怒りすら覚え、内面的特徴に関してはだらしないとか媚び過ぎたりなどで、もはや救いようがありません。

そのままの汚い女で居れば、きっと近い将来間違いなく社会で孤立する羽目になり、その汚さ故に手も差し伸べられずに朽ち果てていくだけの存在となるでしょう。

大げさだと思う人は、おおよそそのような顛末になります。

そういう「人としてのマナー」、「最低限守るべきところ」を守れない人に対して、社会というのは案外冷たいのです。

と言うことで、もし今回の内容に見事合致してしまった女性は…もう何をすべきかお分かりいただけると思いますし、それをしない顛末もご理解いただけているかと思います。

生来から身に付いている習慣はなかなか変わらないかもしれませんが、その中でも直ちに改善出来るものはあると思いますし、今から少しずつ頑張るべきものはあると思います

ひとつひとつ丁寧に改善していって、もう二度と汚い女と呼ばれないように、周囲にそう言わせないように文字通り「綺麗」で居るようにしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事