それはもしかすると結婚したい症候群かも?典型的な5つの特徴

それはもしかすると結婚したい症候群かも?典型的な5つの特徴

2548
update

女性であれば、結婚は夢…なのは別にいいのですが、それが過ぎると結婚したい症候群になるかも?いえ、もしかするともう…ですので今回、結婚したい症候群の症状と言いますか、特徴をご紹介しますので、あまり「重い女」にならないようにしましょう。

2548
update

かえって結婚を遠ざける

caucasian happy romantic young  couple celebrating their marriage

IVASHstudio/shutterstock.com

結婚こそが夢!と掲げる女性は昨今でも多く、やはり男性と比較してその意識が高い、結婚をしたいと思う気持ちが強いのは、今も昔も変わらないようです。

ですが、それが「いずれ私も結婚」程度に留まっていればいいのですが、それが過ぎると結婚を意識しすぎて、結婚したい症候群になってしまうと考えられるのです。

この症候群についての詳細は、まさに「読んで字の如く」ですので端折らせていただきますが、とにかくその強い気持ちによりかえって結婚を遠ざけるのは間違いありません。

何せ相手となる男性は、その性質上結婚にはそれほど乗り気じゃない、及び腰である可能性が高いので、その状態で結婚を迫ればほぼ間違いなく引いてしまうからです。

と言うことで今回、結婚したい症候群の症状…ではなく、特徴を5つご紹介させていただきますので、とりあえず自制心を確かに持ってあまり暴走しないようにしましょう。

暴走により、上記の通り確実に結婚は離れてしまいますので、結婚をしたいと心から思うのであれば、「淑女」であることを徹底した方が逆に近道となるのです。

結婚が「ゴール」

Designer wedding rings in the corner on a sparkling glitter background in panoramic banner format with copy space and selective focus

stockcreations/shutterstock.com

これはもう、毎度お馴染みとも言える女性の願望の果てにあるもの、そして同時に重度の結婚したい症候群とも言える特徴、そして症状と言えるでしょう。

もっともこれ、女性であれば多くの人がそう思っている、結婚をゴールと表現する女性が多いことから、ほとんどの女性が当てはまってしまうのではないかと思ってしまいます。

ですが実のところは、多くは結婚がゴールと言いつつも現実は見えている、現実を直視する場面になればきちんと直視する人がほとんどで、性根からそのように思っている人は案外少ないと考えられるのです。

問題は、心の底から「結婚こそゴール!」と思っているような人で、そういう人は結婚した先のことなど一切考えていない、ただ結婚を夢見るだけの妄想家となるでしょう。

そしてそういう人こそ結婚したい症候群、しかも重度であることが伺えますので、結婚したいと思いながらも全く先のビジョンが浮かんでこない人は、今一度結婚について考え直す必要があります。

何せ結婚した時点でゴール…すなわち、そこで「終了」としてしまっているのですから、先にことなんて全く考えていないでしょうし、その先は空白でしかないのです。

そんな状態で実際に結婚をして、生活を始めたとすると…その顛末なんてろくでもないでしょうし、それは現時点でも容易に想像出来るのではないでしょうか?

なお、こういう人は結婚に意識が向き過ぎて、現在の独身という現実を全く楽しめていない、独身は虚無でしかない、無駄な時間でしかないくらいに思われているようです。

それはさすがに勿体ないとしか言えませんので、独身という現実を見つめ直して楽しめるように昇華してみると、そんな結婚したい症候群も形を潜めるものかと思われます。

彼氏に圧力を掛ける

Speed dating. Man and woman sitting across from each other at table with alarm clock in-between

pathdoc/shutterstock.com

女性の結婚願望というのは、男性のそれよりも遙かに早いケースがほとんどで、場合によっては20歳を迎えた辺りから…いえ、もしかすると10代の時点でそういう願望を抱くことも少なくありません。

一方男性というのは比較的結婚願望が生まれるのが遅く、それは何より独身でも男性は問題なく生きていける、仕事や仲間との付き合いなどが楽しいという背景がある為だと思われます。

しかし、多くのカップルは同年代…ここで結婚に対して彼氏彼女で温度差が現れることになります。

彼女側はとても結婚をしたい、しかし彼氏はまだ独身で居たい…多くはそう思いながらも、お互いあまりそういう主張はせずに、付き合いという期間を楽しみます。

しかし一定数、結婚願望が募るあまり彼氏に結婚という重圧を掛ける彼女も居て、そういう人の多くは結婚したい症候群であると伺えるでしょう。

何せ彼氏の気持ちを無視して、自分の要求だけを通そうとしていますので、そんなのはもう病気と言っても差し支えはなく、かなり問題のある行動と言わざるを得ないのです。

おおよそ、そのまま重圧を掛けていれば間違いなく彼氏は引く、場合によっては逃げ出してしまうでしょう。

そうでなくても、その時期は喧嘩が耐えないとか言い争いばかりしてしまうとか、何かと関係にヒビが生じてしまったり崩壊の危機に曝されてしまう可能性が懸念されます。

手遅れにならない内にその重圧は解くようにして、もう少し彼氏に独身を謳歌させてあげるようにして下さい。

それに、そもそも今のまま良い関係であればいずれ結婚はすると思われますし、自分自身も独身の時期は今しかないのですから、着眼点をそちらに置くべきと言えるのではないでしょうか?

男性は結婚した以降、多くは大黒柱として頑張ってもらうのですから、束の間の独身を謳歌させてあげるくらいの心の余裕を女性は持つべきなのです。

結婚関連情報に詳しい

Wedding bouquet and rings. The concept of marriage and love

OlhaTsiplyar/shutterstock.com

地味に男性が引いてしまう特徴、そして結婚したい症候群の女性がほぼ確実に持っている特徴で、とにかく結婚に関する情報に対してやたら博識なところが目立ちます。

例えば、「○月○日に○○でブライダルフェア!」なんて…一体どこでそんな情報を仕入れたのか、彼氏の立場としては困惑する以外の反応は出来ないかと思います。

さらにそういう女性は、結婚と名が付けば何でも知っているかの如く、「○○さん、○月に結婚する」とか「○年に結婚すると運勢的に良い」など、とにかく結婚という文言が幾度となく現れるでしょう。

おそらくこれ、ネットや情報誌などで徹底的に調べた結果、勝手に知識として身に付いた、または意識的に勉強をしたのでしょうが、どちらにせよ男性視点ではドン引きです。

彼氏からすれば、「もう完全に捕獲されている」気分になるでしょうし、それで今後身動きが取り辛いとか、自由が効かないなど、外堀を埋められた感覚に陥るでしょう。

そしてそのように結婚に対してネガティブな気持ちが生まれた結果、そういう情報を無限に提供してくる彼女に辟易してしまい、最終的に三行半を突きつける…なんて、本末転倒だと思うのです。

ちょっと自重してみては如何ですか?

前項でもありましたが、もし現時点で彼氏が居てある程度良い感じであるのなら、おそらく自然と結婚には向かう筈ですし、そこであえて彼氏が逃げ出すなんて考えにくいと思うのです。

少なくともそのまま結婚に関する情報ばかりを話したり、会話内容がほぼほぼ結婚で占められていれば、これまでは自然と向かう筈だった結婚も、彼氏が否定的になることで元の木阿弥になるかもしれません。

ただでさえ、結婚に対して男性はナイーブ、デリケートになりやすいのですから、そこは女性側が汲み取ってあげるくらいにして、ある程度彼氏の意向に沿うようにしましょう。

それで、女性としての器の大きさも見せつけられると思われますので、彼氏もきっと離れることなく一緒に居てくれる…つまり、急がば回れなのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー