高嶺の花?でも憧れる!大人の女性になるにはどうすべき?

高嶺の花?でも憧れる!大人の女性になるにはどうすべき?

3517
update

誰しもが憧れる「大人の女性」ですが、一体何を条件にしてそう呼ばれるのでしょうか?そんな疑問を解決すべく、大人の女性の条件とは何か?大人の女性になるにはどうすればいいのか?これを徹底解説していきたいと思います。この記事を読めば、あなたも憧れの「大人の女性」の仲間入り!

3517
update

男性も女性も憧れる!大人の女性とは?

Beautiful young woman

Nina Buday/shutterstock.com

「素敵な女性になりたい!」と思う女性は、数多くいることでしょう。

背筋が伸びた素敵な女性を見れば、男性はもちろん、女性も憧れるのではないでしょうか?そんな「高嶺の花」のような大人の女性になりたい!この願望は、人生経験を積んである程度の年齢になれば、より一層強くなっていきます。

「大人の女性とはとっても魅力的である」ということは、近くにお手本になるような人がいれば、よく分かるはずです。

逆に言えば、いつまでも「女の子」である自分に執着することはナンセンス、ということになります。

年齢を重ねていけば、周囲からも大人であることを求められます。

しかし、どうせ大人になるのなら、魅力的だと思われるような女性になりたいですよね。

そこで、この記事では「大人の女性とはどんな女性か?」ということを始めとして、大人の女性になるためのポイントをご紹介していきたいと思います。

大人の女性の条件8選!

Portrait of elegant beautiful woman in a black dress and wide hat isolated on white background in studio

Alex Volot/shutterstock.com

それでは早速「大人の女性が備えている条件とは何か?」これを知ることから始めましょう。

憧れを現実にするには、まず「どんな存在に憧れているのか?」ということを明確にしなければなりません。

なぜなら、手探りの状態のままでいては、結局成長することはできないからです。

あなたが魅力的な大人の女性を目指すのなら、その条件をきちんと理解しておくのがポイントの一つであり、初めの一歩です。

クリアすべき条件を知らないままでは「どうすれば大人の女性になれるのか?」という本題に辿り着くどころか、無駄に迷走してしまうだけです。

それでは、あなたが憧れる「大人の女性」が兼ね備えている条件を8つ、ご紹介していきます。

一つ一つを丁寧に解説していきますので、まずは理解を深めていきましょう。

①落ち着いている

「大人の女性」とは、浮ついていません。

振る舞いも言動も、大人の女性と言うにふさわしい「大人」らしい落ち着きを持っています。

大人らしい落ち着きというのは、物事に対して簡単に動じない心を持っているということです。

何かトラブルが起こったとしても、落ち着いた大人の女性は冷静に対応することができます。

そうした冷静さは、周囲の人にも安心感を与えます。

ですから、大人の女性には「落ち着きがある」ということは、外すことのできない必須の条件と言えます。

ぶつかった問題に対して冷静に対処できる姿は、誰が見ても「かっこいい!」と思うことでしょう。

そのかっこよさこそ、大人の女性が人から羨望の眼差しを送られる理由の一つと言えます。

②共感力が高い

「大人の女性」は、広い視野でもって周りを見つめることができます。

広い視野で周りを見つめることができるということは、良い意味で物事を客観視することができる、とも言えます。

客観視できる能力があるからこそ、大人の女性とは「誰かの気持ちに寄り添ってあげること」もとても得意です。

誰かの悩みや辛さを分かってあげられるということは、苦しんでいる人からすれば「この人はすごく頼りになるな」と思うでしょうし「信頼できる人だ」と思うであろうことも想像できますよね。

自分には関係のない問題であっても、相手の立場になって自分のことのように考え、その人の思いに共感することができるのは「人間的に素敵な人」と評価されます。

誰でも、辛いことや悲しいことを経験することはあります。

そんな時、傷ついた人の心に寄り添い、理解してあげられる共感力の高さは、頼りになる大人の女性であることの証明になるでしょう。

③自立している

「大人の女性」とは、誰かに依存して生きていません。

自分の行動には自分で責任を持って、心身共に自立しています。

人を頼りにして生きるのではなく、自分の力で道を切り開いていく強さを持っています。

つまり、精神的にタフである、とも言えるでしょう。

自立しているからこそ、失敗やトラブルにも慌てず、自分で自分の行いへの責任を持つ強さを持っているのです。

大人の女性は、人のせいにして責任を押しつけるようなことは絶対にしません。

精神的な自立はなかなか難しいものではありますが、だからこそこれを達成している人が「大人の女性」なのです。

子供の頃に散々言われたかもしれませんが「自分のことは自分で」というのは、間違っていないのです。

大人の女性はその教えをしっかりと理解していると同時に、それを守って行動しています。

つまり、自分の道は自分で切り開いて進んでいく心の強さを持っているのです。

④気配りができる

「大人の女性」は、周囲の人々の些細な変化にも敏感です。

誰かが困っていたり、手助けが必要そうだという場面に、さりげなく手を差し伸べることができるのが、大人の女性の条件の一つです。

気配りをするには、周りに目を向けるだけの心の余裕が必要となります。

誰かが「人の手を借りたい」「助けてほしい」と思っていることを察知できるのが、大人の女性が持っている心の余裕です。

自分のことでいっぱいいっぱいだという場合には、人に手を貸すようなゆとりはないでしょう。

しかし、大人の女性は心の余裕をしっかり確保できているので、困っている人に手を差し伸べる余裕も持っているのです。

また、観察力にも優れていることから、気配りをする際にも決して押しつけがましくありません。

「やってあげた」「助けてあげた」などというような、偉そうな態度を取ることもありません。

見返りを求めない本当の気配りができる人こそ「大人の女性」であると言えるでしょう。

⑤人を立てることができる

「大人の女性」は、人を立てることが上手です。

なんでも「自分が自分が!」と我を通すことはせず、一歩引いたところで相手を引き立てることができるのです。

もちろん、自分の意見をしっかりと主張することが求められる場面はいくらでもあります。

しかし、だからと言って何がなんでも我を通すというのは場合によっては欠点となってしまいます。

引くべき場面では一歩引き、相手を満足させてあげることができるというのは「謙虚な人」「人を立てることができる人」という評価をされるでしょう。

謙虚すぎ・遠慮しすぎというのは考えものですが、そうしたさじ加減が上手であることも「大人の女性」の条件の一つと言えますね。

⑥常識やマナーをわきまえている

「大人の女性」に限らず、成人した「大人」には大人らしい立ち振る舞いが求められます。

そこには、常識やマナーをわきまえている、という意味が込められています。

相手に不愉快な思いをさせていないか?傷つけるようなことはしていないか?これらは大人でなくとも、人間関係を築いていく上では気にかけなければならないことです。

しかし「大人」であればこそ、これは当然のように求められます。

必要最低限の常識はもちろん、その場に合ったマナーに従える知識を持っていることは「大人」であれば誰しもに必要なものと判断されるでしょう。

つまり「大人の女性」として、これらのことは絶対的に必要な条件なのです。

⑦教養がある

「常識やマナーをわきまえている」という項目と似ていますが「大人の女性」にはそれなりの教養が求められます。

常識やマナーだけではなく、時事問題などにも関心を持ち、自分なりの意見を持っていると「しっかりした人だな」「学ぶことに意欲的だな」と、高く評価してもらえることでしょう。

教養と一口に言っても、先に挙げた時事問題だけではなく、芸術や歴史など、分野は多岐にわたります。

ですから、意識的に学ぶ機会を作り、意欲的にその学びに取り組むことが大切です。

何事も学びに無駄なことはありませんし、どこでその知識が役立つかも分かりません。

手にしたいチャンスが訪れた時、無知が原因で失敗してしまってはもったいないですよね。

そうした先読みもするのが「大人の女性」であり、チャンスを掴み取るための努力を怠らないのも条件の一つです。

⑧くだらないマウンティングをしない

時として、女性は仲間内でマウンティングが行われることがあります。

しかし「大人の女性」であれば、こうしたマウンティングはすべてスルーしてしまいます。

精神的に自立していて、個である自分に自信を持っているからこそ「マウンティングなどはくだらない」と思っているからです。

「大人の女性」であれば、そうしたくだらないいざこざに関わる暇があるなら、自分磨きのために時間を使うのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー