人間関係のストレスは人相を変える!?賢い生き方とは?

人間関係のストレスは人相を変える!?賢い生き方とは?

2954
update

人間関係にはストレスばかり!溜め込みすぎれば人相すら変えてしまうと知っていますか?逃れられない人間関係から与えられるストレスを溜め込んでしまう人の性格の特徴・人相を解説!鬱憤を晴らすにはどうしたらいいのか?その方法もご紹介します。あなたは大丈夫?

2954
update

人間関係でストレスを溜めていませんか?

Frustrated annoyed woman confused by computer problem, annoyed businesswoman feels indignant about laptop crash, bad news online or disgusting video on web, stressed student looking at broken pc

fizkes/shutterstock.com

「体も心も健やかに、健康でありたい!」とは、誰もが思っているのではないでしょうか?現代社会には、ストレスの要因となる問題が多く溢れています。

あなたにも、心当たりがあるのではないでしょうか。

そのストレスの中でも、特に多いのは「人間関係」における問題のように思います。

この記事を読んでいるということは、あなたも人間関係でのストレスを抱え、今も苦しんでいるのではありませんか?この記事では、人間関係におけるストレスが及ぼす影響について、ご紹介していこうと思います。

「まさか!」と思うかもしれませんが、ストレスの影響とは大きなもので、人相すらも変えてしまう可能性があります。

ということは、ストレスを溜めてしまっている人には、それが顔に表れているということもあるのです。

ストレスに打ち勝つ方法もご紹介しますので、まずはストレスがあなたにどんな影響を及ぼすのか?これを知っていきましょう。

人間関係でストレスを溜めてしまう人とは?

Depressed business woman

Kaspars Grinvalds/shutterstock.com

まず知っておくべきは、どんな人が人間関係においてストレスを溜めてしまいがちなのか?ということでしょう。

人は大なり小なり、何かによってストレスを感じるものです。

しかし、ストレスに耐性がある人も中にはいます。

もちろん、逆にストレス耐性がなく、内に内にと感情を押し殺して辛い思いをしてしまう、という人もいます。

この項目では、そうして内にストレスを溜め込んでしまう人が持つ特徴をご紹介していきます。

これをヒントに、ストレスを溜めてしまいがちな人の性格の傾向を知っていきましょう。

完璧主義者

何事も100%の力でやり切り、100%の成果を出したいと思うのが「完璧主義」の人だと言えるでしょう。

その心掛けそのものは素晴らしいのですが、時としてこうした考え方は自分の首を絞めることになってしまいます。

そして、自分のこの「完璧主義」に周囲の人を巻き込んでしまうと、さらにストレスを感じるようになります。

「どうして頼んだ通りにできないの?」「こんなものじゃダメ」と自分の考える理想の100%が叶えられないと、周りの人に頼ったりすることも難しくなります。

すると、余計に周囲の人に対してイライラしてしまうのです。

強い責任感の持ち主

社会人であれば、誰でも何かしらの責任を負う必要がありますよね。

責任感を持って物事に取り組むのは当然だ、という人もいるかもしれません。

そのこと自体は間違っていませんが、この責任感が強すぎると毒になってしまいます。

「こうしなければダメだ」「自分がなんとかしなくちゃ」と思いつめてしまうと、それはプレッシャーとなって自分を苦しめてしまうのです。

こうなってしまうと周囲のことも見えなくなってしまうので、余計に空回りすることになり、ストレスを感じるのです。

心配性

慎重に行動することは確かに必要です。

人間関係においては、特に人からの視線が気になりもするでしょう。

すると「これでいいのかな?」という不安も生まれてきます。

自分の選択に不安を持つことは誰しもありますが、度が過ぎる心配は自分の選択の幅を狭めてしまいます。

それが不要なストレスとなってしまうので、慎重派であることは構わないのですが、不安に押しつぶされてしまう心配性には要注意です。

他人からの評価を気にしすぎる

先に触れましたが、心配性である人は「人からの視線を気にしすぎてしまう」傾向にあります。

それは「他人が自分をどう評価しているか」ということにも繋がり、その評価がすべてであるかのように意識してしまう、ということも起こりえます。

もちろん、人間関係においては「他人からの評価」は大切なものの一つになりますし、それをまったく気にせず振る舞うというのも難しいでしょう。

しかし、そればかりを気にして行動すると、窮屈さを感じ、結果それがストレスとなってしまうのです。

負けず嫌い

「切磋琢磨」ということであれば、負けず嫌いであることも必要です。

しかし、誰かの成功や失敗に自分の感情を左右されるようになると、それはストレスの要因になってしまいます。

努力で補えるものはもちろんありますし、努力をすること・諦めないことはもちろん大切です。

しかし、過度の競争精神を持って周囲と張り合ってばかりいれば、当然、心は疲弊していきます。

負けず嫌いが良い方向に向かってくれることも、もちろんあります。

ただ、それが行き過ぎてしまえばストレスとなり、人間関係が辛くなってしまうこともあるのです。

本心を言えない

特に穏やかな性格の人に多い傾向にありますが「自分の思っている本当のところを他人に明かせない」というタイプも要注意です。

もちろん、良好な人間関係を築こうと思う場合には「思ったことをなんでも口にする」というのは、問題を起こしてしまうことに繋がりかねません。

しかし、だからといって誰にも本心を明かさないでいることは、心に相当なストレスを与えることになります。

思慮深い人は、まず考えてから慎重に自分の意見を人に伝えることが癖づいているでしょう。

これは「やろう!」と思ってすぐにできるものではありませんから、気遣いができ、他人を思いやれる優しさの持ち主であるということです。

しかし、なんでも人の反応を窺って心の内に自分の意見を留めてばかりいると、やはりそれは大きなストレスとなってしまい、自分で自分を傷つけてしまいます。

せっかち

せっかちな人も、人間関係においてストレスを抱えてしまいがちです。

これは、自分の行動スピードと他人の行動スピードが合わず、相手が「のんびりしている」「とろくさい」と思えてしまうからです。

しかし、せっかちな人の行動スピードが速いように、誰にでもその人に合ったスピードがあります。

自分にとっては「遅い」と感じても、相手からすれば一生懸命やってのスピードなのかもしれません。

イライラしてしまう気持ちが分からないわけではありませんが、見守ってあげることや「こうしたら?」とアドバイスしてあげるなど、心に余裕を持つことも大切です。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー