人生を楽しめるのは「余裕」のある人!一体どうすればなれる?

人生を楽しめるのは「余裕」のある人!一体どうすればなれる?

2146
update

心に「余裕」のある人は、とても「生きやすい人」と言えます。 逆に、その「余裕」がなければ息苦しさを感じたり「生きづらい」「辛い」と、ストレス過多になってしまいます。 この記事では、余裕のある人・ない人の特徴をご紹介しつつ、余裕を手に入れるための方法も解説します!

2146
update

余裕って何?

Profile of a woman with the cosmos as a brain. The scientific concept. The brain and creativity

Lia Koltyrina/shutterstock.com

心にゆとりを持っている人は、何事においても大らかでいることができます。

では、この「ゆとり」とは何か?つまりは「心に余裕があるかどうか」ということです。

精神的に落ち着いていて、ゆったりとしている状態でいることが「ゆとり」の正体であり、その「ゆとり」が大らかさに繋がると言えます。

この記事でご紹介する「心に余裕のある人」とは「物事に対して、大らかでいられる人」のことです。

人に対する大らかさがある人は、その分だけ自分の精神状態にも「ゆとり」を持っています。

その「ゆとり」が、心の「余裕」なのです。

余裕のある人は、その余裕の分だけ心が広いとも言えます。

すると、小さなことでイライラすることもなくなります。

こう聞くと「余裕のある人になりたい!」と思いませんか?心に余裕があることで、人に優しくなれるだけではなく、自分の精神状態も安定させることができます。

これからご紹介していくことを参考に、ぜひとも心にゆとりを持って「余裕のある人」になりましょう!

心に余裕がある人の特徴

Senior woman in green park

Ruslan Huzau/shutterstock.com

それでは、まずは「どんな人が心に余裕のある人と言えるのか?」というのが重要ですよね。

そのために、余裕のある人たちが持つ特徴を知っていくことから始めましょう。

何事も知識がない真っさらな状態では、挑戦することも学ぶこともできません。

心に余裕のある人を目指すのなら、先にその特徴を押さえて参考にしましょう。

ここでは中でも分かりやすい特徴を挙げていますので、解説をよくチェックしていってくださいね。

穏やかな性格

心に余裕のある人は、穏やかな性格をしていることが多い傾向にあります。

動作が丁寧であったり、語り口が優しく、聞き手が受け取りやすいようにゆっくりと話すようなタイプが、穏やかな性格であると言えます。

穏やかな性格をしている人が「余裕のある人」であるのは、心にゆとりを持っているからこそ穏やかでいられる、と考えられるからです。

人によって態度を変えるようなこともなく、誰に対しても平等に接することができる大らかさの持ち主でもあります。

この後に詳しく解説していきますが、心にゆとりを持っているということは、人に突っかかることもありませんから、無闇に人を攻撃するようなこともありません。

誰とでも良好な人間関係を築くことができ、周囲の人からも人柄を評価されていることが多いのが特徴の一つですね。

文句・悪口は言わない

先に記述しましたが、心に余裕がある人は物事に対して大らかで、人に突っかかったり、無闇に攻撃することはありません。

さらには、逆に人から攻撃されるようなことがあったとしても、それを根に持つこともなく、許すことができます。

文句や悪口を言っていると、負の感情を抱くことになりますよね。

すると、自然と神経質になってしまい、常にピリピリしながら過ごすようになっていきます。

しかし、心に余裕のある人は大らかであり気配り上手でもあるため、そうした人のことも寛大に受け入れ、許すことができるのです。

仲間内にいてくれると、非常に助かる存在と言えるでしょう。

行動が落ち着いている

心に余裕のある人は、スケジュール管理が得意です。

なので、締め切りに追われたり、予定を詰め込みすぎて自分を苦しめてしまう、ということもあらかじめ避けることができます。

切羽詰まった状態に置かれているわけではないのなら、自然とその行動は落ち着いたものになります。

その他、急いて物事を進めたり、他人にもそれを押しつけるようなことはせず、自分のペースを守って計画的に達成させることができます。

そうした一貫性は周りを振り回すことがありませんし「急がなくちゃ間に合わない!」「このままだと大変なことになってしまう!」などというトラブルも、事前に防ぐことができるのですから、良い意味でのマイペースであるとも言えます。

自分に合ったマイペースな計画・行動で目的を達成させるわけですから、周囲に言われるままに流され、結果的には計画倒れしてしまう、というようなこともありません。

落ち着いた行動ができる=その分だけ心に余裕を持っている、という証明になりますね。

他人に頼ることを知っている

心に余裕のある人は、何もかもを一人で解決する、ということはありません。

もちろん、自分だけで対処しなければいけない・解決させなければいけない、ということもあるでしょう。

しかし、自分一人で解決する必要がないものに関しては「人を頼ってもいい」ということを知っているのが、心に余裕のある人です。

なんでも一人で解決できるというのは、それはそれで優れた能力を持っているということですから、一概に悪いとも言えません。

しかし「自分だけでなんとかしなくちゃ」という気持ちがプレッシャーになってしまうのであれば、人の手を借りて少しでも負担を軽くする・分散させるというのは賢い選択です。

「忙しさに追い詰められてしまう」「解決できるのかという不安に押しつぶされてしまいそう」ということが起こってしまうのは、自分のキャパシティーを超えている問題を抱えているからです。

そんな時、心に余裕のある人は「人を頼る」という方法で事を上手く運ぶことができる、と知っているのです。

そうして人を頼れば、行き過ぎたプレッシャーや不安を抱えることなく、本来の力を発揮できるようになります。

「他人任せにするなんて無責任だ!」と思う人もいるかもしれませんが、その意地によって失敗を招いてしまっては、それこそ問題になってしまいますよね。

心に余裕のある人とは、そうしたリスクについてもよく理解しています。

そのため「人を頼ることも必要」だと認め、助力を求めることにも抵抗がないのです。

心に余裕がない人の特徴

Photo of happy young woman standing isolated over white wall background. Looking camera showing copyspace pointing.

Dean Drobot/shutterstock.com

「心に余裕のある人」が持っている特徴を、まずは解説しました。

それでは、逆に「心に余裕がない人には、一体どのような特徴があるのか?」これも気になってくるはずです。

この記事を読んでくださっているあなたは「できることなら、心に余裕のある人になりたい」と思っている人でしょう。

それならば、今の自分は一体どんな状態にあるのか?これを知ることも必要です。

この項目では「心に余裕がない人」の特徴をご紹介していきます。

心当たりのある特徴があれば、要注意です。

「何が自分の余裕を奪っている可能性があるのか?」というポイントと共に、それについて詳しい解説もしていきますので、ぜひチェックしてくださいね。

せっかち

心に余裕がない人は、いつでも何かに追われています。

それがプレッシャーとなって、イライラしたりピリピリした雰囲気になってしまいがちです。

そうなると、周囲の人からすれば「あの人って近寄りがたい」と思われたり「八つ当たりされたくない」など、マイナスな印象を持たれてしまいます。

時にはイライラのせいで乱暴な言動をしてしまったり、神経質な雰囲気のせいで場の空気を気まずくさせてしまうこともあります。

さらに、せっかちであると「とにかくスピード重視」になってしまい、失敗やトラブルを招く要因となる可能性すらあるのです。

自分ではそんなつもりがなくとも、相手からすれば急かされることがプレッシャーに感じますので、せっかちであることがプラスに働いてくれること、メリットとなってくれることはないでしょう。

いつもイライラしている

心に余裕のない人は、その余裕のなさからくる焦りや不安から、常にイライラしています。

誰でも負の感情を抱いている人には、進んで近づきたくないでしょう。

あなたもそう思うのではないでしょうか?イライラは人に感染することもあるので、ますます険悪な雰囲気を生み出してしまったり、時に人間関係そのものを悪化させてしまうこともありえます。

心に余裕がないと、こうしたデメリットを負いやすくなります。

それが「自分の思い通りにならない!」とストレスを感じることもあるでしょう。

そうなってしまうと、ますますイライラしてしまう悪循環に陥ってしまいます。

ネガティブ思考

心に余裕のない人は、ゆったりとした大らかな気持ちがありません。

つまり、物事を前向きに捉えることがとても苦手なのです。

慎重に考える・行動することは、万一のリスクを回避するためには必要です。

しかし、なんでもマイナスに捉えてしまいがちなネガティブ思考は、ストレスを呼び込むと共に行動力などのエネルギーを奪ってしまいます。

そうしたことが起こると、本来の能力や持ち味を発揮することができなくなってしまう、という可能性がとても大きいです。

慎重であることと、ネガティブ思考であることはまったく違います。悲観的に物事を捉える癖がついてしまうと、それを直すにも苦労します。

暗い思考ばかりに目を向けてしまうと、余計に心の余裕を奪われてしまうことにもなります。

他人に攻撃的

先にご紹介しました通り、心に余裕のない人は「イライラしがち」「ピリピリした雰囲気をまとっている」という特徴があります。

イライラしていたり、小さなことにでもこだわってピリピリしていると、誰かのふとした言動・行動にも過剰に反応してしまい、相手に食ってかかったり、悪口を言ったりと攻撃的になります。

もちろん、誰かの言葉に憤りを感じたりすることは、どんな人でもあることです。

しかし、心に余裕のない人は、ちょっとしたことであっても敏感に反応し、逆に他人を傷つけてしまう場合があるのです。

不用意に他人を攻撃することは、周囲から反感を買いますし、場面によっては自分の方が攻撃され、結果傷ついてしまう結果も想像できるでしょう。

他人を攻撃したところで、何かが生まれることも、物事にプラスの影響を与えることもありません。

むしろ、デメリットばかりを負うことになってしまいます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー