専業主婦になりたい?ダメじゃないけど知っておこう4つ 【後編】

専業主婦になりたい?ダメじゃないけど知っておこう4つ 【後編】

1057

前編では専業主婦のはじまりと、専業主婦の未来をお伝えしました。続いて、ちょっとシビアかもしれませんが、専業主婦のデメリットをお伝えしたいと思います。専業主婦になりたいと思うのがダメだとは言いませんが、こんなこともあると把握しておきましょう。

1057 |

専業主婦のデメリット

前編の続きで、今回は専業主婦のデメリットをお伝えしたいと思います。

前編の記事はこちら

達成感が得にくい

慣れると、良くも悪くも仕事がルーティンワークになるので、家事に対してやりがいや達成感を感じにくいことも。

また、どれだけ部屋を綺麗にしたり、洗濯ものを片づけても仕事ぶりが人に認められないことが多く、孤独感を感じやすい人が多いようです。

退屈な時もある

専業主婦の仕事に慣れ、子育てが一段落すると『退屈』に苛まれる人が多いようです。

退屈なんて羨ましい!と思う人がいるかもしれませんが、人は刺激がなさ過ぎても、かえってストレスになることもあるようです。

また、やはり孤独感が募り、「自分は何のために生きているのだろう?」と不安にかられる人もいるようですよ。

いざという時、経済面が不安

一見安定してそうな専業主婦ですが、意外にリスクも抱えています。

それは男性側の収入が絶えた時です。

なんらかのトラブル、夫が事故にあった、退職に追い込まれた、会社が倒産した、病気になったなどで働けなくなった時、専業主婦だと経済面が破綻することもあります。

再就職しようにも、経歴にブランクがあるとかなり厳しいですね。

また、そう言った経済の不安定さから、過剰な倹約に走る専業主婦も多いようです。

求められるハードルが高いことも

それでも専業主婦になりたい!と思うのならば、それ相応のモノをアナタも求められることを自覚しましょう。

それは美貌だったり、料理や家事のスキルの高さ、家柄、性格、愛矯など、収入が高く女性を養おうとする男性は、それなりのものを求めてくることがあります。

男性が求めてくるものに応えられるものが、今のアナタにあるでしょうか。

正直無いな、と思うのならば、専業主婦は難しいと思った方がいいかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー