挨拶の時に印象最悪!彼ママをイラッとさせる4つの失礼行動!

挨拶の時に印象最悪!彼ママをイラッとさせる4つの失礼行動!

1188

彼ママへの挨拶で、やってしまいがちな失礼行動!口では言われなくてもイラッとされている可能性大です。こういうことは最初が肝心!しっかり意識して今後のお付き合いも良好に♩彼ママ挨拶で印象最悪にならないよう、予め最悪パターンをチェックしておきましょう!

1188

大事な局面です!

彼ママへの挨拶って今後のことに関わる大事な場面ですよね。

この挨拶によっては、今後笑顔で付き合えるか、はたまた・・・。

今回は、彼ママへの挨拶で失礼と判断されてしまう4つの無礼についてご紹介です♩

彼の名前を馴れ馴れしく呼ぶ

ついつい、いつもと同じノリで、彼の名前を慣れ慣れしく呼んでしまわないように注意が必要です。

ふざけたあだ名や、子供っぽい呼び方は絶対に止めましょう。「仲が良いのね」なんて言われても、それは決して彼ママの本音ではありません

実際は、

「うちの息子の名前を気安く呼ばないで!」

「親の前であんな呼び方して、礼儀がなってないわ」

なんて思われていますよ。

相手が大人男性ならば尚更~さんと呼ぶようにしましょう。

頼んでもいないことをやる

彼ママに印象良く思われたい!という考えから、頼まれてもいないことを率先してやろうとするのは止めましょう。

台所の手伝いなど、喜んでもらえるとは限らないからです。

使い勝手も分からない場所に入ってもらいたくない!

という人もいますし、手伝われると余計に手間取るという考えの人も実は多いです。

基本は頼まれない限り、率先してやる必要は無いです。

「私手伝いますから!」と強引に来られると、イラッとする彼ママも多いので注意しましょう。

礼儀がなっていない

常識的な礼儀作法ができていない人は、間違いなく彼ママをイラッとさせます。

靴を揃えない、お礼を言えない、食事のマナーができていないなど「育ちの悪さ」を感じさせる行動は、絶対にしてはダメです。

交際相手としての品定めとしても、注目されることなので注意しましょう。「この子こんなこともできないの?」とドン引きされてしまいますよ。

彼との仲良しアピール

彼ママからしてみたら、彼女の存在はライバル同然です。

交際を否定することはなくても、少なからずヤキモチを焼いたり、寂しく感じるのが母親心というもの。

そんな彼ママの前で、彼との仲良しアピールをするのは当てつけのようなものです。

彼と密着しすぎたり、イチャイチャする素振りを見させられれば、イラッとするのは当然のこと。

仲が良いのはアピールしなくても分かることなので、彼との距離感を大切にしましょう。

いかがでしたか?

軽い気持ちの交際の挨拶であっても、結婚相手同様にチェックするのが彼ママというものです。

適当でいいや!と失礼行動をしてしまわないように気を付けましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
あわせて読みたい! こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー