絶対に話しちゃダメ!元彼の話を今彼が嫌がる4つの理由

絶対に話しちゃダメ!元彼の話を今彼が嫌がる4つの理由

カップル

女性は、今彼が以前に付き合っていた元カノの話を聞くのに、さほど躊躇いがない傾向があります。一方男性は…元彼の話なんて何が何でも聞きたくないようです。どうして?今回は元彼の話を聞きたくない、今彼の理由をご紹介します。

まひる
まひる
2019.08.28

何気ない会話のつもりが…

Beautiful couple in a restaurant

もちろん皆が皆そうではないのですが、基本的に今彼に対して元彼の話をするのは禁則事項…と言いますか、絶対にやってはいけないと言っても過言ではありません。

だから自分としては話のネタ、会話のフリ程度で元彼の話を始めたのに、彼氏があからさまに嫌がり始めて、最終的に怒り出したなんてカップルあるあると言えるでしょう。

場合によってはそれがきっかけで、関係が修復不能にまで陥ってしまって破綻…つまり別れてしまうなどもあるようですが、女性からすると「何で!?」となることだと思います。

では、どうして彼氏に元彼の話をしてはいけないのか、その理由が女性には今一つどころか全く分からないと思いますので、その理由を知りたいと思いますよね?

今回はそれについて、元彼の話を嫌がる彼氏の心理、その理由をご紹介させていただきますので、デリカシーのない女性はしっかりとお読みいただくことをおすすめします。

なお、過去にそのような話をしたことがある女性は、おそらくその際に大幅に評価が下がっていると思われますので、今後は振られないように慎重に行動すべきです。

男性は、女性が思っているより引きずりやすい、過去のことを非常に気にする生き物なのです。

過去を知ってしまうのが嫌

Thoughtful serious young man lost in thoughts in front of laptop, focused businessman or absent-minded student thinking of problem solution, worried puzzled manager pondering question at work

彼氏にとって、彼女の元彼の話というのは既に過ぎ去った出来事でしかありません。

過ぎ去った出来事ということは、それは過去になるのですが…どうやら男性というのは、自分の彼女の過去などを一切知りたくない、わざわざ知りたくないと考えるようです。

「ここで元彼と初めて会った」とか「これをプレゼントされた」、「元彼と○○に行った」など、それで彼女の過去がある程度推測出来てしまう、想像してしまうのです。

別にそれを知ったところで、彼氏は一体どのような反応をすればいいのでしょうか?

これから二人で思い出をいろいろ作るのに、そんな元彼の思い出を先出しされてしまったら、彼氏のやる気はたちまち急降下してしまうでしょう。

もっとも、上記であればまだマシです。

ひどいものになると、「前の彼氏は不倫だった」とか「元彼で処女喪失した」、「以前は二股をしていた」など、はっきり言って聞きたくないところです。

不倫とか二股をしていた女が彼女だなんて、わざわざ自らカミングアウトして自らのイメージを落とすなんて所業はバカしかしない、そしてそのバカが彼女…もうその後どうするか、顛末が見えてきます。

ましてや元彼が初めての相手だなんて、「じゃあ俺は二番目か」「元彼のお下がりか」と考えるのが男性ですので、下手をするとその場で別れを切り出されます。

ほんの少しでも心当たりがある人は、さすがに抜本的に自分の発言を見直して、言葉を選べるようにした方がいいでしょう。

嫉妬する

jealous wife spying husband, suspicious girlfriend trying to read messages on the mobile phone of her boyfriend while he is not watching

男性というのは、非常に独占欲の強い生き物であることは、恋愛経験が少しでもあるのならお気付きになる部分だと思います。

逆に女性は、基本的に別れた相手はどうでもいい、今彼より下位に位置付けるの性質があるので、あくまで目の前の彼氏が一番、今までで最も好きな相手となるでしょう。

そのすれ違いが問題なのです。

女性は上記の性質により、元彼の話をいとも簡単にしてしまう、元彼の話に一切抵抗がないのは、その性質上自然な思考であると言えます。

しかし男性視点では、まず元彼という存在は「自分より彼女と早く出会っている同性」、「自分より先に付き合っている同性」になります。

それをとても悔しく思うのです。

何故なら先に出会っているということは、彼女は「今より若くて状態の良い彼女」となる訳で、そんな相手と先に様々な経験をしている訳です。

中には彼女が、今彼が考えているデート先に元彼と先に行っているというケースもあるでしょう。

男性は自分が初めての相手であることをとても重要視、大切にする傾向が強いので、既に元彼と経験した何かに対して強く嫉妬してしまう訳です。

その証拠に、これは今彼が知っているという前提となりますが、大多数の男性は彼女が元彼と既に行っている場所、デート先であった場所には、絶対に足を向けようとしません。

それしてしまうのは「元彼の二番煎じ」だからで、初めてを好む男性にとっては最大級の屈辱となるからです。

そして最も問題となるのが、「今より若くて状態の良い彼女」とセックス等の性的な経験をしていることです。

このように言うのは失礼なのですが、今彼と出会ったその彼女というのは、元彼と付き合っていた頃よりも年齢等の観点から確実に劣化している訳です。

元彼は今よりも若くて状態の良い彼女と楽しめていた、でも今の彼女はあくまで「その後」、「お下がり」、「劣化した」状態…これについては憤慨する女性が多いと思いますが、真実なので仕方がありません。

男性側ももちろん全てがそうではありませんが、少なくない数で内心そう思っている、絶対に出さない本音のひとつとして胸に秘めているでしょう。

女性の立場からすればかなり苛立つ内容ではありますし、本当にそう思っているなら別れて初物探しでもしていればいいと思うかもしれませんが、それはまた別問題となるようです。

と言うのも男性、そもそも恋愛のチャンスが女性よりも少ない傾向があるので、付き合えるチャンスがあれば付き合う、女性の事情はとりあえず二の次となるのです。

その「二の次」で露わになった元彼の話…いろいろと聞いた上で強い嫉妬を感じることになり、それに耐えきれなくなると別れるという選択を取るでしょう。

なおフォローではありませんが、そういう経験を経て良い女になるという持論を持つ男性も少なくありませんので、そういう男性であればむしろ有利になる可能性があります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。