アンチエイジングに効く食べ物とは?どんな効能があるのか紹介していきます!

アンチエイジングに効く食べ物とは?どんな効能があるのか紹介していきます!

自分磨き

アンチエイジングをする際、食べ物に注意をしている人もおられると思います。 アンチエイジングをする際、食べる物は重要になりますが、どのようなものが効果があるのか紹介していきます。

より
より
2019.09.17

アンチエイジングとは何か?

Closeup happy young woman applying cream to her face Skincare and cosmetics concept. Cosmetics. Woman face skin care.Natural makeup, touching face.

アンチエイジングは若々しさを保つために老化の予防を行なっていくことです。

アンチエイジングの方法にはいろいろありますが、基本的には健康に良い生活を行なっていくことで、体の若さを保ち美容も保つようにしていきます。

「アンチエイジングをして美容を保っていきたい」と思う人はたくさんおられると思うので、今回は食べ物に関するアンチエイジングの方法を紹介していきます。

アンチエイジングに必要な食べ物とは

アンチエイジングに必要な食べ物を知ることで美容を保ち老化現象を防ぎやすくなります。

どのような食べ物を取り入れれば良いのか紹介していきます。

抗酸化作用のある食べ物を食べていく

Grilled chicken, rice, spicy chickpeas, avocado, cabbage, pepper buddha bowl on dark background, top view. Delicious balanced food concept

アンチエイジングで良い食べ物は抗酸化作用のある食べ物です。

血液や内臓、肌の老化を進めてしまうのは活性化酸素であり、この活性化酸素が体内に増えることで血管や細胞を低下させてしまいます。

若い間は活性化酸素を抑える酵素が存在するため、抗酸化酸素を抑えて肌のハリなどを維持してくれますが、年齢が増えると酵素が減少してしまい、老化の元になってしまいます。

抗酸化酸素が強い食べ物を接取することが大事になりますが、その食べ物で良いのはオリーブオイルやハチミツです。

オリーブの実から抽出されるオリーブオイルは体内の活性化酸素を除去する働きがあり、体内の老化を防ぐ役割を持っています。

オリーブオイルはパスタを作るときに使うことができますし、アヒージョなどの料理を作ればオリーブオイルを体内に摂取していくことができます。

ハチミツはビタミンCが豊富であり、お肌の調子を整えやすくしてくれます。

ハチミツをヨーグルトにかけて食べても良いですし、紅茶などにハチミツを入れて飲むこともできます。

これらを積極的に取り入れることで美容や健康に役立つので、この抗酸化作用の強い食べ物を食べるようにしてください。

コラーゲンを含む食べ物を食べる

Selection of healthy food for heart, life concept

コラーゲンを含む食べ物を食べることもアンチエイジングに必要です。

肌や髪など人間の多くはコラーゲンで生成されており、コラーゲンが足りていれば肌や髪の艶も若々しく維持することができますが、コラーゲンも年齢にによって減少していってしまいます。

そのため、コラーゲンの豊富な食事を摂取することができます。

コラーゲンが多く含まれている食べ物には、鳥の皮や牛すじやモツなどがあります。

鳥の手羽先、鳥唐揚げや鶏皮ポン酢などを食べるなら、コラーゲンを多く摂取することができます

牛すじであれば、もつ鍋やおでんなどに牛すじを入れることでコラーゲンを摂取していくことができます。

コラーゲンを含んでいる食べ物は肉類が多いので、栄養が偏らないように野菜やフルーツなども食べることが大事です。

ビタミンを含む食べ物を食べる

Creative idea layout fresh orange slice alarm clock on pastel blue background. minimal idea business concept. fruit idea creative to produce work within an advertising marketing communications

アンチエイジングの際はビタミンを摂取していくことも大事になります。

例えば、ビタミンAなら、皮膚の粘膜を強化して肌の状態を正常に維持するために必要な成分です。

ビタミンEであれば、ホルモンのバランスを整えて抗酸化作用も高くなり、若々しさを保ちやすくなります。

ビタミンCであれば、肌のターンオーバーを活性化させるので、肌のシミなどを防ぐことができるようになります。

さらに、コラーゲンの形成ににも作用してくるので、肌を綺麗に保つための成分では重要です。

このようなビタミンがありますが、ビタミンAが多く含まれている食べ物であれば、かぼちゃや人参などになります。

ビタミンCであれば、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれています。

ビタミンEであればアーモンドなどのナッツや魚介類に多く含まれています。

これらの食べ物を食べることで、肌の調子を良くして若々しさを保ちやすくなります。

大豆イソフラボンも摂取する

Fresh salad with chicken, tomatoes and mixed greens (arugula, mesclun, mache) on wooden background close up. Healthy food.

アンチエイジングにはイソフラボンを摂取することも大事になります。

イソフラボンは髪の育毛に効果があり、フサフサの髪の毛にする期待があれば、潤いのある肌を作るために欠かせません。

イソフラボンは、ホルモンバランスを整えてホルモンの分泌が正常に行われるようにしてくれるので、肌トラブルを防ぐこともできます。

イソフラボンでも特に大豆イソフラボンが大事であり、これは豆類を食べることで摂取できます。

例えば、グリーンピースや豆腐、豆乳などです。

サラダに豆や豆腐などを入れることもできれば、味噌汁を飲んで大豆イソフラボンを摂取することができます。

ホルモンバランスが整えればストレスも軽減されるようになるため、アンチエイジングの際は積極的に摂取するようにしてください。

アンチエイジングの際に控えておくべき食べ物とは

アンチエイジングを行う際、食べる物に注意をしておく必要があります。

全ての食べ物がアンチエイジングに効果があるわけではなく、中には肌の老化を促進させるものも含まれています。

どのような食べ物が肌の老化を促進させてしまうのか紹介していきます。

#油の多い食べ物は控える

揚げ物を多く食べてしまうと油分を多く体内に吸収してしまうことになります。

油分を多く摂取すると皮脂の分泌が過剰になってしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

また、質の悪い油は体内で酸化して肌の老化を進行させるとも言われています。

そのため、油分が多く含まれるコロッケやトンカツなどはできるだけ避けた方が良いですが、油も肌の乾燥を防ぐなどの効果があるので、少し食べる必要もあります。

食べる際は、せめて新しい油を使用して揚げる、オリーブオイルを使用してみるなどして油の質にこだわるようにしてください。

当然、食べ過ぎは良くないので、調整しながら食べるのが大事です。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事