アンチエイジングに効く食べ物とは?どんな効能があるのか紹介していきます!

アンチエイジングに効く食べ物とは?どんな効能があるのか紹介していきます!

自分磨き
より
より
2019.09.17

腸内環境も整えるようにする

Young smiling woman sitting on sofa

腸内環境も整えるようにしておくことで、摂取した栄養を効率的に吸収することができるようになります。

腸内環境が健康的でなければ栄養を上手に吸収することができず、ガスが溜まって気持ち悪くなったり有害物質を作り出してしまったりして身体に悪影響が生じやすくなります。

そうなれば体調不良や肌トラブルを引き起こすこともあるので、アンチエイジングしても意味がありません。

そのため、腸内環境を健康に保つため、「乳酸菌」や「食物繊維」を体内に摂取することができます。

これらの成分は腸内環境を整えて、腸が栄養を吸収しやすくするように助けます。

「乳酸菌」が多く含まれている食べ物はヨーグルトやチーズなどの乳製品になりますが、これらは「乳酸菌」が多く含まれている一方、カロリーも高いため、毎日食べていると脂質も多く摂取してしまいます。

そのため、キムチや味噌、米麹などの発酵食品を食べることをおすすめします。

これらの食品には、「植物性乳酸菌」が含まれており、乳酸菌としての効果をさらに向上してくれます。

「食物繊維」の豊富な食べ物はワカメやメカブ、昆布などの海藻類になります。

これらは低カロリーなので、毎日食べることができます。

これらの食べ物を一緒に食べることでアンチエイジングに必要な成分を効率よく吸収できるようになります。

食べ物でアンチエイジングを続ける秘訣とは

「アンチエイジングを始めよう」と思っている人は、持続していくことが大事です。

アンチエイジングは直ぐに効果が出るものではなく、続けて行なっていかなければ効果が現れません。

そのため、続けていく秘訣を知っておくことが大事です。

どのような方法があるのか紹介します。

食べる時間をルーティン化させておく

Image of cheerful young business woman sitting in office using laptop computer looking at watch.

食べ物でアンチエイジングを行う際は食べることが大事になり、食事を抜くのはNGとなります。

基本的に1日の朝、昼、夜の3回決まった時間に食べることをルーティン化させておくことが大事です。

1日の食事の中で1番大事なのは朝食になります。 もし、朝食を抜けば低血糖の状態が続くことになってしまい、その状態で昼食を食べれば血糖値が急上昇して血糖値のアップダウンとなり、これが毎日続けば体調不良となってしまいがちです。

また、食生活が不安定になれば、食欲のコントロールを行うことができず、食事を過剰摂取しやすくなって太りやすくなってしまう原因となるので、食生活はできるだけ安定させておくのが大事です。

そのため、食生活は1日3食をルーティン化させておくと良いです。

毎日食事を続けるようにしておくと、その時間にお腹が空くようになってきますし、食べる意欲もわいてきます。

仕事などをしている方であれば、昼食の時間を超えてしまう、残業で帰宅が遅くなってしまいがちであり、食生活が不安定になりやすいです。

そのため、昼食はお弁当を持参するなどして食べる習慣を身に付けるようにしてください。

ルーティン化させることでアンチエイジングを続けていく秘訣になります。

腹8分目の食事を行うようにする

Cooked rice in bowl with spoon on old wooden table

食事をするときに栄養バランスを考えることも大事ですが、食べる量を調整しておくことも大事です。

栄養バランスを考え過ぎて食べる量が少なければ、満腹感を味わうことができずにストレスとなって暴飲暴食となってしまう可能性もあり、アンチエイジングどころか肥満の原因となってしまうこともあります。

しかし、満腹まで食べてしまうと、これも肥満の原因となってしまうことにもなるので、食事は腹8分目までにしておくのが良い方法です。

腹8分目までにしておくと、満腹感も味わえてお腹が空いてストレスも感じないので、食事によるアンチエイジングを続けて行きやすいです。

糖質や塩分もたまには摂るようにする

People are eating on vacation. They eat outside the house.

アンチエイジングでは、糖質や塩分などを控えるようにする必要がありますが、全く摂取しないわけではありません。

アンチエイジングのため、ケーキクッキーなどの甘いものや揚げ物などの塩分を一切食べないようにする人もいますが、そうすれば我慢をしていることになり、これが強いストレスとなって体調不良を起こすこともあります。

過剰に摂取することはよくありませんが、強く我慢することも身体に良くないので、1週間に1回ほど自分の好きなものを食べることも大事です。

1週間に1回ほど食べることができれば、ストレスも無くなりアンチエイジングの生活を続けていくことが可能です。

アンチエイジングの食べ物に関してまとめ

アンチエイジングを行う際に食べ物に注意することで肌の調子を整えて若々しい肌を維持していくことができます。

アンチエイジングは持続性も必要なので、我慢をあまりせず、自分のペースで行っていくことが大切です。

食事でアンチエイジングを行おうと思っている人は、ぜひ検討してみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事