彼氏や意中の男性をキュンとさせるトリッキーなキラーフレーズ5つ

彼氏や意中の男性をキュンとさせるトリッキーなキラーフレーズ5つ

1888
update

相手の心に言葉がどう伝わるのか、ちゃんと考えて言葉を選んでいますか?どこにでもあるようなセリフではなく、ちょっと他人と違う言葉で彼氏や意中の男性に自分を印象づけましょう♩今回は5つの恋に効くキラーフレーズをご紹介します。

1888
update

重要なのは彼氏の心にどう伝わって欲しいか

「キラーフレーズ」を紹介する記事はあまたあります。

しかしそれを読んだ翌日、あなたはその言葉を覚えているでしょうか。

大切なのはそのフレーズではなく、その言葉で伝えたい気持ちと相手に届くニュアンス。

もちろん仕事の場では、相手が気分を害するかもしれなくても言わなければならないという場面には遭遇することがあるでしょう。

それは受け入れられない相手にも問題があります。

こちらの言い方にも問題があるのでしょうが、簡潔に伝えなくてはならない仕事の場で修飾をつけると、それだけ論点から外れていく場合もあります。

しかしプライベートでは別。

きちんと相手の心にどう響くかを考えながら、一言一言を大事にしてみてください。

今回は彼氏の心をくすぐるキラーフレーズとその言葉を使う意味をご紹介します。

#1:「そういうのぐっとくるタイプなのでやめて下さい(テヘ」

相手にとって嬉しいことは素直に伝えるべきです。

つまり相手の言葉にきゅんとしたり、ぐっときたら素直に伝えるということ。

でも、ただふつうに「そういうのぐっときます」なんて恥ずかしくて伝えられないですよね。

だったら伝えることをやめないで、少し修飾をつけてみましょう。

やめてくださいって言いながら照れてるギャップが彼の目には可愛く映るはずです。

しかも、そういうときの敬語調は年上年下関係なく使えるので便利ですよね♩

#2:「やきもちやいてくれても、いいんですよ?」

つまり言葉を裏返せば「やきもちをやいてほしい」ということ。

これを伝えたいのです。

それを少し修飾して、しかも冗談っぽく言えばこちらの本気度はそれとなくごまかせます。

この言葉に対する彼氏の言葉で温度感をつかめるかもしれません。

彼がなんにも言えなければ「なんていうのは私の願望か」なんて独り言みたいに言ってしまえば彼は「え?どういう意味?」なんて聞いてこないでしょう。

というかおそらく聞けませんよね。

#3:「私、●●さんには優しくされたいなあ」

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー