男性が逃げ出すかも?女性のこんな感情表現は危険信号!3選

男性が逃げ出すかも?女性のこんな感情表現は危険信号!3選

973
update

女性は、男性と比べれば感情的になってしまうことが多い生き物です。それは男女の違いのひとつです。仕方ないことだとはいえ、男女で違うからこそ、男性からすると「なんでそんなに感情的になるの?」とうんざりされてしまいやすいのです。

973
update

大丈夫?男性が逃げ出す感情表現

女性は、男性に比べて感情の起伏が激しく、伝え方も時にオーバーになってしまうことがあります。

喜怒哀楽がハッキリしていて、嬉しい時に思い切り喜べるのは、男性から見てかわいらしく魅力的です。

その半面、怒りの表現や悲しみの表現も、抑えることが出来なくて「思い切り」してしまっていると、男性から見ると怖いと思われてしまうんです。

どのくらいの表現が怖いと思われるのか、自分はしてしまっていないか、チェックしてみませんか?

1.子どものように泣き叫ぶ

子どものような感情表現は、時にはかわいく思えるものですが、それはプラスの表現の時。

怒りや悲しみといったマイナスの感情表現は、「子どものように駄々をこねる」くらいならかわいいのですが、大きな声で泣き叫んだりするのは、引いてしまう男性が多いです。

「手がつけられない」と感じて、本当にその場から逃げてしまうかも・・・。

2.ネチネチ責める

彼の過ちや、自分が気に入らなかったことを、ネチネチといつまでも責め続けるというのも、女性にありがちな表現方法です。

女性自身も、本当はいつまでも言いたくない気持ちはあると思います。

でも、彼の顔を見るたびに、そのことを思い出してしまい、言わずにいられない・・・だけど強くは言えないから、控えめに言っていることが、男性から見るとかえって「ネチネチしている」と感じられてしまうのです。

3.イヤミ攻撃

ハッキリと思ったことを伝えられたり、彼に意見することが出来る女性ばかりではありません。

その場合、遠回しになんとか伝えようとします。

でもそれが、男性にはイヤミに感じられてしまい、

「言いたいことがあるならハッキリ言えよ!」

とイライラさせてしまいます。イヤミは、言われ続けると、なかなかにうんざりしてしまうものです。

あなたはこんな感情表現していませんか?

心当たりがあったなら、彼が逃げ出さないように、うまく伝える方法を考えてみましょう。

特にネガティブな感情を上手く伝えたいなら、このような記事もオススメです。

もうケンカを招かない!ネガティブな思いも上手に伝える3つの方法
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー