どうして人は夢を見るの?考えられる原因をご紹介していきます!

どうして人は夢を見るの?考えられる原因をご紹介していきます!

3427
update

人は誰でも夢を見るのですが、どうして眠っている最中にそんなものを見てしまうのか、疑問を抱いたことがあると思います。一体どうしてなのでしょうか?今回は人が夢を見るその原因で、考えられるものをいくつかご紹介させていただきます。

3427
update

何らかのサインであることも

Womans dreams. Pretty girl is flying in her bed trough star sky.

Yuganov Konstantin/shutterstock.com

通常、夢を見るという現象は誰にでも起こることであり、格段気にするものではない、特に不安になる必要はないのですが、その全てがそういうものでもないようです。

中には体調不良だったり疲労だったり、その他夢占いとか何らかの示唆であったりなど、「サイン」である可能性も否定出来ないと考えられるのです。

だからただ夢を見ただけと判断してしまうのは、抽象的または直接的に夢で示した何か…つまりサインに気付かないことに繋がり、貴重な情報を見逃してしまうことになるでしょう。

夢を見ることが何かしらの問題を起こす訳ではありませんが、「結果的に」問題となったりそのきっかけとなることはあるようですので、一応は気にかけておくくらいはしておいた方が良さそうです。

と言うことで今回は人がどうして夢を見るのか、考えられる原因をいくつかご紹介させていただきますので、示されるサインを逃さないようにしましょう。

原因を理解することで、改めて夢に向き合うことが出来ると思いますので、そこから示されるサインにも気付きやすくなるでしょうし、それに伴い結果的に問題となる何かについても早急に把握出来ると思われます。

なお余談となりますが、夢というのは今後の示唆とか暗示等…つまりスピリチュアル的な要素もあるようで、それを信じられている人については、別記事をご参考いただけると幸いです。

スピリチュアル的なものを信じていない、あまり参考にされていない人については、まさに今回の記事をご参考いただけると、解決に対して近道になるものかと思われます。

疲労やストレス

Depressed business woman

Kaspars Grinvalds/shutterstock.com

夢を見る理由として最も考えられるもの、可能性として高いものが疲労とストレスになるようで、実際これを理由にしてであろう自覚されている人も少なくないかと思います。

では、どうして疲労やストレスが夢を見る原因となるかについてですが、まず皆さまは睡眠には二種類ある、その二種類で睡眠が構成されていることをご存じでしょうか?

その二種類の睡眠とは「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」と言われるもので、夢を見る人というのはこの中の「レム睡眠」に偏ってしまっている可能性が高いのです。

夢を見るという現象はレム睡眠だけに伴うものであり、ノンレム睡眠には伴わないとされていますので、この事からレム睡眠に眠りが偏ってしまっていると、結果夢を見ることになるのです。

ではそのレム睡眠と疲労、ストレスの関係についてですが、そもそもレム睡眠というのは眠りが浅い状態で行われるものとされています。

と言うことは、疲労やストレスによる緊張状態やいわゆる「疲れすぎ」が、必然的に睡眠が浅くなってしまうことから、それはレム睡眠に移行しやすくなるということになります。

常時浅い睡眠でいる為に、レム睡眠の時間が長くなる…これが、疲労やストレスが夢を見る原因になる根拠となります。

特に、悪夢などはこの原因で見てしまうことが少なくないようで、出来ることなら身体が夢で示すSOS等であると真摯に受け止めて、対策を考えていくことが望ましいと言えます。

では考えられる対策ですが、現状そのような疲労やストレスを溜めやすい環境に居ることが予想出来ますので、そこから離れるとか休息を取るのが現実的と言えます。

もっとも、仕事等において重大な何かを任されてしまった際は、正直なところそんなことは言っていられませんので、実行するのはなかなか難しいですよね。

だから仕事はそのままでも構いませんので、計画的に仕事をするとか無理をしない、周囲の助力を得るとか出来るだけ自分自身に係る負担を軽減するスタンスを取りましょう。

きちんと眠れていない

Woman stretching in bed after wake up

Nenad Aksic/shutterstock.com

きちんと眠れていない、眠りの質が悪いなど、単純に眠りの影響により夢を見ることもしばしばで、夢を見る人の大多数がおおむねこれが原因、可能性として考えられるものとなります。

もっともこれ、心象的に前項の疲労やストレスで眠りが浅くなり、それでレム睡眠に移行しやすい、維持しやすいのと似たような感じがあると思います。

疲労やストレスが眠りを浅くすることから、それもきちんと眠れていないことになりますし、重複している感じが否めないのですが、実のところ夢を見る経緯としてはほぼ同じとなります。

ただし、疲労やストレスよりは軽症…と言いますか軽微なものと言え、それに伴い非常に多くの人に当てはまる原因になるようで、それが「大多数」の根拠となります。

もちろん精神的なものだけではなく、外的要因によるものも多数あります。

それはアルコールやカフェイン、さらにはタバコも眠りの質を悪くする要因となっているようで、生活習慣であることからほとんどの人が注意をしなければならないのです。

昂りや覚醒を促す、血管を拡張する、単純に目を覚ましてしまうなどなど、嗜好品というのは眠りに対する影響がバカに出来ないと言えますので、意外と侮れない部分となるでしょう。

と言うことで、疲労やストレスとまでは行かない精神的な要因により眠りが浅い、眠りの質が悪い場合は、睡眠時間を早くする等の規則正しい生活を送るようにしましょう。

おそらくではありますが、軽微であることから基礎的な対処だけで多くは改善されると思いますので、原点に戻るという発想が必要になるのだと考えられます。

嗜好品によるものについては、もうそれらを控えるか完全に断つしか対処方法はなく、逆にいつまでも現状維持をしてしまうと眠りの質も悪化しますので要注意です。

中毒性があるものばかりですので、断つとなるとなかなか苦労するところですが、夢を見るのと天秤に掛けてどちらを優先すべきかを考えれば、おのずと答えは出るはずです。

正しい生活習慣である

Teddy bear on single wooden bed in blue and orange bedroom interior

Photographee.eu/shutterstock.com

実のところ夢を見るというのは、決して悪い意味でなければ悪い影響がある訳ではなく、あくまで人が自然に表す現象でしかありませんので、否定的に考える必要はありません。

中にはとても良い夢を見て、朝に最高の目覚めとなった人も多いと思いますし、今回の内容は内容だけに夢に対して否定的ですが、必ずしもそういう訳でもないのです。

何が言いたいのかと言うと、つまりは正しい生活習慣というポジティブな行動をしていても、夢を見るときは見るのです。

ただしその場合の夢は決して悪いものではない、身体が示すSOSのサインとかそういうものでもありませんので、そこは安心するようにして下さい。

では、どうして正しい生活習慣で夢を見るかについてですが、これに関しては格別難しい内容はありません。

と言うのもまず、先に人は「レム睡眠」で夢を見ると記述しましたが、逆に言えば「ノンレム睡眠」では夢を見ることはないという結論になります。

そして人は睡眠時、そのレム睡眠とノンレム睡眠を交互に行き交いして睡眠を維持しているのですが、生活習慣が正しいとそれらのリズムが一定となる訳です。

それはすなわち「確実にレム睡眠に移行する」現れであり、その際は高い確率で夢を見ることになる…だから、この場合も夢を見る原因として抽出できるのです。

別にこの項目に関しては、その夢は人の自然な反応、現象でしかありませんので改善やら対処などは必要なく、そのままの生活を維持してもらえればいいでしょう。

ただし、近頃悪夢を見やすいとか良い夢を全く見ない、意味深な夢を見ることが多いとなると、たとえ生活習慣が正しくても疲れとかストレスなどがあるかもしれません。

その他、夢占いなどのスピリチュアル的な要素もあるかもしれませんので、その辺りについては別記事で確認していただけると幸いです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー