人の目を気にする人へ!気にしないための5つの克服方法をご紹介をしていきます!

人の目を気にする人へ!気にしないための5つの克服方法をご紹介をしていきます!

3303
update

神経質が多いこの日本、人の目を気にするは比較的多いと考えられ、あなたもそれについて頭を悩ませているのではないでしょうか?どうしていちいち人の目を気にするのでしょう?今回はその心理と、気にしないための方法をご紹介します。

3303
update

自意識過剰?

Happy woman fanning walking in the street on summer

Antonio Guillem/shutterstock.com

このようなことを言ってしまうのは、当てはまる人からすると憤慨ものとなるのですが、人の目を気にする人は基本的に自意識過剰と言わざるを得ません。

理由は簡単、人の目を気にする必要はありませんし、人はそもそも人をそれほど見ていませんし、さらにはどうでもいいとすら思っているからです。

つまりは、人の目を気にする人というのは「杞憂」が過ぎるだけとなるのですが…実のところ、大多数の人の目を気にする人はその自覚があると思います。

分かっているんです。

その人の目を気にする自分が自意識過剰であると、杞憂であると理解しているのですが、それがやめられない、気にしてしまうのです。

頭で分かっていても、考え方とか性格などが「気にしない」という選択を拒否してしまうのです。

しかし、どうしてそこまで人の目を気にするのでしょうか?

そしてそれを解消、改善、克服する方法はあるのでしょうか?

今回はその心理と、克服する方法をお伝えしますので、人の目を気にする人は必ず目を通すようにして下さい。

人の目を気にする心理

Woman with white teeth thinking and looking sideways in a park in summer

Antonio Guillem/shutterstock.com

人の目を気にするための克服方法…と言いたいところですが、まずはどうして人の目を気にするのかその心理について触れますので、根本的なところの理解から始めましょう。

・そういう性質

身も蓋も無い心理になるのですが、人の目を気にするのはそういう性質、生まれながらに持った性格によるところ…そしてこれが人の目を気にする人の心理として最も多いと言えるでしょう。

加えて「日本人」であることも、その性質に拍車を掛けているところがあるようで、ここも決して無視出来るところではないと言っておきます。

何故なら日本人、外国人…この場合は欧米人となるのですが、それらの人と比べても神経質、繊細であることが多く、それに伴いどうしても人の目を気にするようなのです。

・自意識過剰

冒頭でも記述しましたが、人の目を気にする人には欠かせない心理、そしてそういう人に最も多い心理とも言え、以降を語る際にこれは外すことは出来ません。

つまりは「気にしすぎ」であり、常に自分は見られているなどの勘違いがあるため、ずっと人に見られるなんて怖い…そういう心理が働くことにより、人の目を気にするのです。

さらにこの自意識過剰、周囲から見る自分自身の像をより良く、完璧にしたいという心理もあるようで、それが結果的に人の目を気にするという不安に導いているようです。

何故なら、自分の思う理想像を自分が築けているかどうかが気になって仕方がない、不安で不安で仕方がない、変な目で見られたくない等、そのような負のイメージを抱くからです。

・人と違う

これがどういうことかと言うと、実際周囲の目で客観視してみた結果、「人と違う」という意味です。

ますます分からなくなったかもしれませんが、要はそんな変な人物というのはその様相から自然と奇異の目を向けられてしまいがちです。

だから必然的に人の目に曝されやすくなるのが当たり前で、そういう事態が続くことにより自然と人の目を気にするようになってしまったのだと考えられます。

まあこれに関しては、気のせいでもない自意識過剰でもなく、ましてや性質など何ら関係のない自分の過失となりますので、とりあえずその見た目を変えるだけで何とかなるでしょう。

ただし一定数、身体に障害があるとか一般的な人とは見た目が変わる何らかの病気などにより、様相が変わったことで視線を向けられるというケースだってあります。

それで奇異の目を向けるなんてもっての他ですが、この世界は未だそんな人達に対して厳しいところがありますので、これに関しては健常者である我々の意識を改革すべきです。

・精神疾患

果たしてここであえて取り上げるべきか悩むところですが、実際こういう人の中で人の目を気にする人は極めて多いので、一応は参考程度ということでご紹介させていただきます。

まあいわゆる不安障害とか不安神経症とか、そういった類の精神疾患を患っている場合は、自然と人の目を気にするようになってしまうとされています。

まあ病状は人によりけりなのですが、場合によっては日常生活を送ることが困難、自宅に引きこもってしまうこともあるようで、最もデリケートなものとなります。

これに関しては、今回のテーマとはいささかズレがある、そして克服方法は医師の診察、診断によるところが大きいので、ここでは割愛させていただきたく思います。

とりあえず無理をしない

Portrait of a cheerful beautiful girl wearing dress standing standing under confetti rain and celebrating isolated over blue background

Dean Drobot/shutterstock.com

では克服方法になるのですが、最もよくあるものとしてはとりあえずになりますが無理をしない、自分のやれる範囲で物事を進めていくのが有効となるでしょう。

それに何の意味があるのか疑問に思われたでしょうが、まず人の目を気にする人というのはそういう性質、自意識過剰などにより、必死で自分を良く見せようという傾向があるようです。

それは結果的に身の丈に合わない頑張りを強いられることになりますので、無理をしたことにより精神も身体も疲弊してしまって、自分が苦しむ結果になってしまうのです。

その点無理をしなければ、それで苦しむことはない割にとりあえずは身の丈に合った状態を維持出来ますので、無難のままで居ることが出来るものと思われます。

そして無難という状態が人の興味を削ぐことから、人の目を気にするような出来事…つまり、実際見られるとか視線があったなどの出来事もなくなり、その気持ちは寛解に向かうでしょう。

問題なのは、理想の自分とか完璧さを求めてしまうことで勝手に自爆をしてしまう、心身共に摩耗してしまって日常に差し支えることですので、まずは無理をしないことを念頭に置きましょう。

理想はあくまで理想、想像上の自分であり非現実的なものであると自覚して、身の丈に合った自分自身を目指すことが基本となります。

人は思うほど見ていないという思考

Female Eye with Extreme Long False Eyelashes. Eyelash Extensions. Makeup, Cosmetics, Beauty. Close up, Macro

Oleg Gekman/shutterstock.com

正直なところ、人は思うほど人を見ていません。

思わず振り返ってしまうような美人だったり、それこそ芸能人級にイケメンだったりでなければ、人は他人にそれほど関心はないのです。

むしろ、どちらかと言うと自分自身に関心がある人の方が多く、そんな状態であえて他人を観察しようとか凝視しようなんて趣味の人は、ほとんど居ないものと思われます。

まあ自分自信が美人だったりイケメンだったりであれば話は変わるのですが、失礼ながらこの場合は皆が人並みである前提であると仮定させて下さい。

その考えこそが、人の目を気にするという状態を克服するのに重要な要素となります。

人は人を見ていないのだからどうでもいい、自分の生き方をすればいい…つまりはそういうことなのです。

実際、道行く人が道行く人を全て見ていては、はっきり言って前に進めませんし、それこそ朝から晩まで時間が掛かってしまう…いえ、もう終わりがないでしょう。

それが現実なのですから、わざわざ人が自分を見ているなんて思うこと自体がナンセンスであり、そしてそういう思考を常に持っておくことが克服に求められるのです。

ただし、あまりにバカげた格好とかおかしな見た目、あえて人から注目を浴びるような格好をしているのはその限りではありませんが…まあ、今回をご覧の人の中には居ないでしょう。

次のページ開き直る
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー