もうケンカを招かない!彼氏へ悪いことも上手に伝える3つの方法

まろん

彼氏に伝えたい思いがある時、ついついヒステリーを起こしたり、感情が抑えられなくなったりしてうまく伝えられず、ケンカを招いてしまう…。そんな悩みを持つ女性は、彼氏へ何か悪いことを伝える際、このような方法を試してみてはいかがでしょうか?

意外と難しい?ネガティブな気持ちの伝え方


誰でも、相手にとってのダメ出しをしたり、改めて欲しいことを告げたりするのは気を遣うものです。

また、自分が抱いた不快な気持ちや不安感を伝える時も、なかなかうまく言いたいことが伝わらなかったり、感情が先走ってケンカを招いてしまったり・・・。

そんな悩みを抱えているなら、まずはこのような方法で伝えるようにしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、普通の時は良いのですが、「ちょっと言いにくいな」とか、「またケンカになったりしないかな?」と不安を感じた時に試してみてください。

1.手紙で伝える

LINEなどを使えばもっと手っ取り早いのですが、それだと

「いつものように自分に対してグチや不満を言っているだけ!」

と捉えられて適当に流されてしまったり、また相手が怒り出してケンカモードに入ってしまったり。

そこで、手紙を使うことで、「いつもとは違う」「大事なことが書かれていそう」

というイメージを持ってもらえます。

そうすると真剣に読んでくれるので、ちゃんとあなたの気持ちに向き合ってくれる可能性が高くなります。

2.メッセージカードを作って差し入れ

手紙ほど重くならない方法として、メッセージカードを選ぶと良いでしょう。

メッセージカードなら、必然的に文章は手紙よりも短くなりますよね。

短文でサラっと気持ちを伝えるのに向いています。ちょっとした食べ物や飲み物に添えて渡して、差し入れ風にするのもオススメです。

3.手を握りながら言う

気持ちを伝えようとすると、いつもケンカになってしまうなら、態度をまずは変えてみましょう。

まず、彼の手を握ったりすることで、

「これから言われることは、ダメ出しや文句ではない」

と感じさせ、聞く耳を持ってもらうのに効果的です。

手を握りながら言うことで、内容がちょっと否定的なことであったりしても、「あなたを好きなことには変わりない」

ということを間接的に伝えることが出来るので、彼も怒りにくくなります。

いかがでしたか?

怒りながら言ってしまうのをグっとこらえて、ちょっとした工夫で冷静に自分の気持ちを伝えられたり、いつもよりも聞く耳を持ってくれたりするので、ここぞという時に試してみてくださいね。

尚、ここでは「伝える手段」について紹介しました。

「内容はどうしたら・・・?」という方は、コチラの記事も読んでみてください♪

伝えたいのは不満や不安!男性が聞き入れやすくなる3つの方法
「もうケンカを招かない!彼氏へ悪いことも上手に伝える3つの方法」を読んだ人に人気の記事
彼氏が好きすぎる女性へ警告。その愛が彼を苦しめているかも!?あなたは彼氏のことがどれくらい好きですか?彼氏が好きすぎるという気持ちが強いと、彼氏に嫌われてしまうかもしれません。あなたは好きすぎると思っていても彼氏の気持ちが冷めてしまっては別れてしまいます。そこで今回は、彼氏が好きすぎる女性に気をつけてほしいことを紹介します。
愛されたい願望を叶えよう!男性に愛されるためにすべき7つの事長く付き合っていたり結婚してしまうと、好きな人の愛を感じれなくなるものです。そうなると、もっと愛されたい、と不安や不満が募ってしまいます。でも、ずっと大切にされていて幸せそうな女性っていますよね?あなたもなれます!彼や夫に愛されたいならすべき事7つをご紹介します!
その喧嘩やばいかも!恋人と別れる危険なサインになる喧嘩内容4つ「いつものこと」なんて思っていた喧嘩が、実は別れの危険を教えてくれている可能性があります。恋人同士なんだから喧嘩するのは当たり前…なんて思っていると、恋人としての危険な状況を察知できませんよ!ここではカップルにとって危険サインの喧嘩内容を紹介したいと思います。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事