理想の夫婦とは?男女で違うそれぞれの理想の夫婦像を解説!

理想の夫婦とは?男女で違うそれぞれの理想の夫婦像を解説!

結婚

人には理想の夫婦像というものがあるのですが、それは人によりけりなところがある上に男女差が激しいことが多く、必ずしも彼氏や夫と同じ目標となる訳ではないようです。今回は理想の夫婦像がどのようなものかを、男女それぞれで解説させていただきます。

まひる
まひる
2019.09.24

食い違う男女

young fashion couple on a white background in studio

誰にでも夢や理想はあり、もちろんそれは夫婦像にも適用されることになるので、当人はその思いを現実に反映しようとします。

しかし、夫婦というのは男性1名女性1名…つまり男女二人で構成されるものであり、片方の思う理想の夫婦像だけを適用する訳にはいきません。

夫婦は二人なのですから、お互いの意見を尊重しあう、伴侶の意見も適用、反映してこそであり、独りよがりで成すものでもないのです。

それは当人だけが満足するものであり、伴侶は不満を抱えてしまうことから、結果的に理想の夫婦から外れてしまうことになるでしょう。

もっとも、多くの人は「夫婦なんだから大丈夫!」「似た者同士のはずだから」なんて、楽観的に理想の夫婦像を考えていて、達成はそれほど難しくないと判断しているのではないでしょうか?

ところが理想の夫婦像というのは、もちろんその思惑には個人差がありますし、さらに男女では非常に大きく食い違っている部分があり、実は意外とその達成は難しいと思われるのです。

ですので今回、理想の夫婦像を男女それぞれでご紹介しますので、伴侶との大きな思惑の違いをきちんと理解して受け止め、二人が満足出来る理想の夫婦を目指しましょう。

男性の思う理想の夫婦像

love, relationship, family and people concept - happy couple walking in summer park

まず男性の思う理想の夫婦像に関してですが、男性はその性質からあまりベタベタしない、お互い近寄り過ぎず離れ過ぎずの関係を望む傾向があるようです。

・お互いあまり干渉しない

男性の思う理想の夫婦としてよくあるものが、二人だからと決してそこまで干渉し合うことはなく、適度に距離を保ちつつ自分のペースを維持することを重視することです。

もっとも、このように適度に距離を取りつつも重要な出来事は共有する、手を差し伸べるべき場面は差し伸べるという、とどのつまりはメリハリのついた関係ということですね。

もちろんそれでいて関係は良好で、お祝い事や出掛けるときは基本的に二人で行う…ものの、一人で居たい時は一人で居る、干渉を強要しないことに重点を置いていることが伺えます。

これについては、男性の性質のひとつである孤立や孤独を好む、パーソナルスペースを広めに取りたい気持ちの表れと言えるでしょう。

それにより、不必要(と男性は思っている)にベタベタされることを嫌っていることが伺えますので、妻側はその辺りに注意して接しないと嫌な顔をされるかもしれません。

客観的に見ると、なんだか冷めた感じがあったりそういう印象がありますが、男性視点ではむしろそのくらいの方がベターなのだと考えられます。

・それぞれが自立している

夫婦だからと、何でもかんでも助けるとか手を出すなどをせず可能な限りは自己責任で、自分の判断で行うという、自立した関係が理想の夫婦像となるようです。

「自分でやれることは自分でする」と言った方がしっくり来ると思います。

かと言って別に一切の手を出さない、貸さないという訳ではなく、必要があれば、どうしてもそれが欠かせないのであれば、やぶさかではないという考え方です。

それで自分自身の成長を促せますし、全てに対して二人掛かりでやることは非効率など、そういう考え方があるのだと思います。

これもまた、男性特有の干渉されたくないという性質と、社会に身を置いていることにより何もかもを自分でやってしまうという経験が、このような考え方とさせているのだと思います。

またしても冷たい感じがしますが、別に男性自身がこれを嫌がらせでやっている訳でもなければ、面倒だからそうしている訳でもありませんのでご安心下さい。

まあ妻側としてはいささか寂しい、もう少し自分に対して手出しをしてほしいと思わなくもない考え方でありますが…

・隠し事はしない

夫婦ということは、生涯を通じて共に生活をする関係、そしてそれは最も信頼を置くべき相手ということになる…これが男性の、結婚に対する基本的なイメージとなります。

それだけに隠し事はしない、してほしくないと思う傾向があり、それにより何でも話してほしい、秘密を持っていてほしくないと考えてしまうようです。

何かを言いたいのであれば遠慮なく言う、言いたいことは全て吐き出すという思いもあるようで、つまりは「夫婦なら全てさらけ出す」のが当たり前なのです。

なお少し女性として怖いところが、隠し事が何かある場合は直ちに信頼関係が崩壊してしまう可能性がある、夫からの信頼を失う恐れがあるという部分です。

男性の言う隠し事をしないという理念を、夫自身が崩していて何らかの隠し事をしている際は問われませんが、そうでない場合…つまり夫側に何も隠し事がない場合は少々面倒なのです。

その際に妻側に隠し事がある場合は、「夫には話せないこと」と男性は解釈してしまうことがあり、こういう頭の固さが妻の悩めるところになるでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。