伝えたいのは不満や不安!彼氏が聞き入れやすくなる3つの方法

伝えたいのは不満や不安!彼氏が聞き入れやすくなる3つの方法

1086

不満や不安を男性に伝えたい時は、上手く伝えないと、気まずくなってしまったり関係が悪化してしまったり、余計に不安を招いてしまいかねません。そこで、彼氏(男性)が聞き入れやすくなるように伝えるにはどうすれば良いのか?を考えてみました。

1086

伝えようとすればするほど・・・

彼氏に、自分が抱いている不満や不安を伝えるというのは、なかなかハードルが高いことです。

伝えようとすればするほど、彼も不愉快な気持ちを露わにしたり、女性側も、伝わらないもどかしさでイライラが募ったり・・・。

また、ズバリ言ってしまえば角が立ち、関係が気まずくなったり大げんかになったりということもありますよね。

もうケンカを招かない!ネガティブな思いも上手に伝える3つの方法

上記の記事では、「上手に伝える手段」について紹介しました。

この記事では、内容はどうしたら良いのか?について、男性も嫌な気持ちにならずに聞き入れやすくなる方法を紹介します。

合わせて読んでみてくださいね。

1.要点を簡潔にまとめる

ダラダラと色んなことを思いつくままに述べる方法では、男性は要点を理解出来ず、結局何を求めているのか、自分はどうするべきなのか?ということが分かりません。

その時点ですでにイライラして耳をふさいでしまうかも。

そこで、あらかじめ、伝えたいポイントを絞って整理しておきましょう。

口頭で伝えるより、他の記事で紹介した「手紙」や「メッセージカード」なら、より伝えやすくなります。

2.「ごめんね」と「ありがとう」を入れる

ただ不満や不安を挙げ連ねられるのでは、男性も「そんなに言うなら別れるか?」

と考えてしまうかも。

不満や不安な気持ちを入れつつも、「いつも感謝している。ありがとう」「こんなこと言ってごめんね。でも、1度しっかり伝えておきたかったから」「今日は、聞いてくれて(時間を取ってくれて)ありがとう」

などと相手を気遣う気持ちも、しっかりと言葉で表現しましょう。

3.「愛しているからこそ」ということを伝える

不満や不安を伝えると、単純な男性は、「自分のことが嫌になったのかな」

と思ってしまうことがあります。

そうなると、防御態勢に入ったり、攻撃態勢に入ったりと、良いことがありません。

そこで、「愛しているからこそ、もっと関係を良くしたいから」「好きだからこそ、誤解し合っていたら悲しいから」

などという感じで理由付けして、好きだということを言葉にすると良いですよ。

ケンカ越しで言ったり説教口調で言うのは、逆効果になることが多いでしょう。

あくまでも、相手を思いやる気持ちや笑顔を織り交ぜつつ伝えるのがポイントです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー