【夢占い】危険な夢といわれる戦争の夢に込められている意味とは?

【夢占い】危険な夢といわれる戦争の夢に込められている意味とは?

3931
update

みなさんは戦争の夢にどういった印象を抱いていますか?実際、多くの人は戦争の夢と聞くと悪夢を想像しがちですが、夢占い的には戦争の夢は悪夢でも不吉な夢ともいえず、時には吉夢だともいわれています。ここでは戦争の夢に込められている意味についてまとめていきます。

3931
update

戦争の夢

Young beautiful woman sleeping in her bed and relaxing in the morning

Stock-Asso/shutterstock.com

あなたは戦争の夢を見ることがありませんか?   戦争の夢は一般的には危ない夢であるかのように感じますが、夢はその内容によって多くの部分が決定しており、ただ戦争の夢を見たというだけで悪い夢だと決め付けることはできません。   実際、多くの人があまりいい夢と思っていない夢を見ていたとしても、現実の自分には何の影響もないことが多いですし、逆に悪夢だと思っていたことが実は吉夢であったとあとになってからわかる場合もあります。   特に自分が死ぬ夢というのは悪夢だと思うかもしれませんが、夢占い的には夢の中で死ぬことはとてもいいことであり、自分自身の生まれ変わりを表している吉夢だといわれているのです。   しかし、当の本人はそうした夢を見ているときには緊迫した状態であり、夢から目覚めた後は汗だくで疲れている場合もあるでしょう。   夢で感じることと夢占いが表していることには大きな差があり、夢の中の自分が不幸だとしても現実でも不幸になるとは限らないのです。   戦争の夢はまさにそうした夢の典型的な例であり、戦争に対しては誰もがいいイメージを持っていませんが、戦争の夢は悪夢だとはいえないのです。   ここでは戦争の夢に込められている意味についてまとめていきます。 戦争の夢にはいったいどういった意味が込められているのか、最近戦争に関する夢を見てしまったという人はぜひチェックしてみてくださいね。

戦争=危険?

Shot of a Squad of Soldiers Running Forward and Atacking Enemy During Military Operation in the Desert.

Gorodenkoff/shutterstock.com

現実の世界で戦争が起こるとなると、誰の目からみてもそれは悪夢であり、絶対に避けたい出来事だといえるでしょう。   第二次世界大戦が終戦してから70年以上も大きな戦争は起きていませんが、第三次世界大戦が勃発するという噂は常に絶えず、不安で心配性な人はいつ戦争が起こるかドキドキしていたりします。   現実で戦争が起これば間違いなく大惨事になりますし、死者も大勢出てしまうでしょう。   戦争は現代に生きる私たちが絶対に回避しなければならない出来事だといえます。   このように戦争に対して多くの人たちは危険なイメージを抱いており、夢の中で戦争が起こっていた場合も現実と同じく危険な夢であると思い込んでしまいます。   実際に戦争の夢を見た人はわかると思いますが、戦争の夢を見たあとはなんとなく不吉な予感がして、なにか嫌なことが起こりそうな気がしますよね。   夢で見た内容が現実の自分にも起こるのではないかと不安になったり、同じ出来事が起こらなくても不運なことが自分に降りかかるのではないかと心配になったりします。   ですが、冒頭でも述べたように戦争の夢は決して悪夢だとは限りませんし、場合によっては吉夢となることもあるのです。

抑圧された精神

戦争の夢に込められている意味についてはこの後詳しくまとめていきますが、基本的に戦争の夢には現実の自分の精神が抑圧されているときによく見ることがあるといわれています。   抑圧とは不自由で不満を抱いている状態であり、自由に生きていない状態のことです。   抑圧されている精神はストレスなどを蓄積させてしまい、心の余裕を奪い、いつもどこか満たされない気分に包まれてしまいます。   そうした精神状態でいることはとても不安定であり、ひどい場合は鬱病や精神疾患になってしまうこともあります。   戦争の夢では現実の自分の精神が反映された結果、不安や不満といった感情が夢の中で戦争という出来事を通じて自分の前に表れていると解釈できるでしょう。   夢に登場する人物やモノや出来事はすべて自分の記憶がベースとなっており、その記憶は現実の自分が感じていることや体験したことがベースとなっています。   つまり、夢の中の出来事は現実と密接につながっているのです。

生まれ変わり

しかし、だからといって戦争の夢が不吉な夢であるとは限りません。   戦争の夢では大きな怪我をしたり、負傷して死んでしまうこともありますが、そうした夢は不吉でも悪夢でもなく、実は吉夢だったりします。   戦争の夢に限らず、どんな夢であっても夢の中で死ぬことは自分の生まれ変わりを表しており、現実の自分が新しい自分へと生まれ変わりたいという気持ちを反映していると解釈できるのです。   夢占い的にも死ぬ夢は吉夢であるとよくいわれており、戦争だろうがクマに殺されようが、死ぬことは夢の中ではいい出来事なのです。   しかし、そうした夢であっても、死ぬ瞬間はやはり心地良いものではなく、起きた直後は嫌な気分で満たされているでしょう。   いい気分の夢を見たからといっていいことが起こるとは限りませんが、悪い夢を見たからといって悪いことが起こるとも限らないのです。   戦争の夢はとりわけみなさんがイメージしているほどには悪夢などではなく、実際にはいい夢である可能性が非常に高く、それは現実の自分とよく照らし合わせることでもっと深く理解できるようになるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー