【喋らないのはなぜ?】 一緒にいて喋らない人の心理とは?

【喋らないのはなぜ?】 一緒にいて喋らない人の心理とは?

4387
update

みなさんは一緒にいて喋らない人と出会ったことはありませんか?実際、人間関係は現代において非常に大切ではありますが、人間関係が悩みになってしまうことも少なくありません。人とのコミュニケーションはとても複雑で難しいものです。ここでは一緒にいるのに喋らない人の心理についてまとめていきます。

4387
update

喋らない人

couple relaxing on New york bench in front of the skyline at sunset time. concept about love,relationship, and travel

oneinchpunch/shutterstock.com

あなたは喋らない人の心理が気になったことはありませんか?   世の中には人とコミュニケーションを取ることが苦手な人がおり、一緒にいてもほとんど喋らない人もいます。   一緒の空間にいるのにほとんど喋らない空気感に気まずさを感じたり、どうして喋らないのか気になる人もいるでしょう。   実際、喋らない人の心理は喋らない人にしかわからないこともあり、その人が何を考えているのかは他人には決してわかりません。   あなたのことが嫌いなのかもしれませんし、あるいは人見知りではじめから喋らないのが普通なのかもしれません。   しかし、一緒にいる人からすれば喋らない人というのはとても不思議であり、喋らないことで一緒にいる空間が気まずくなり、精神的にも負担を感じることがあります。   喋らない人と一緒にいることに苦痛を感じてしまったり、喋らない人と一緒にいることが楽でいいという人もいます。   喋らない人が悪いわけではなく、結局のところ個人の受け取り方次第でどっちにも解釈することができるのです。   ここでは喋らない人の心理についてまとめていきます。 喋らない人の心理について興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

なぜ喋らないのか?

Beautiful, pretty, cute woman and handsome man in jeans shirts standing back to back and writing sms through 3g internet on smart phones over grey background

Roman Samborskyi/shutterstock.com

喋らない人と一緒にいると、どうして喋らないのか気になることがあるでしょう。   一緒にいるのに会話がないとどうしても不安な気持ちになったり、自分のことが嫌いなのかとも思ったりします。   もしくは、人によっては喋らない人に対してイライラしたり怒りの感情を抱いたりするかもしれません。   実際、喋らない人に対する対処は人それぞれ異なっており、完全に無視する人もいれば本人に理由を聞く人もいます。また、本人に聞く勇気がなく自分も喋らなくなってしまうことも珍しくはないでしょう。   人間関係のコミュニケーションは非常に複雑であり、単純な心理で語れるものではないのです。   しかし、喋らない人の心理について知ることで、喋らない人と一緒にいる苦痛を少しでも和らげることができます。   基本的に人はわからないからこそ不安になるのであり、喋らない人の心理についてわからないからこそ、喋らない人が気になってしまうのです。   つまり、喋らない人に対する対処法としては、まずは喋らない人の心理について知る必要があるのです。   詳しい心理についてはこの後まとめていきますが、一般的に喋らない人はコミュ障であることが多いようですね。

コミュ障

喋らない人がコミュ障であることはなんとなく理解できることであり、コミュ障だからこそ人とコミュニケーションが取れずに、喋らないという状況になってしまうのです。   現代ではコミュニケーションをうまくとれない人が大勢おり、スマホで人間関係の距離は近くなったのにも関わらず、人と付き合うことが苦手な人が多いのです。   そのため、一緒にいる人とうまく会話することができず、喋らない人という印象が形成されてしまうのです。   喋らない人は単に喋らないだけではなく、喋りたいけど喋れないという悩みを抱えている人も多く、実際仲が良い人とであればかなりのおしゃべりであることも珍しくはありません。   コミュ障とはすべての人に対してコミュニケーションが取れないわけではなく、初めての人やあまり仲良くない人とのコミュニケーションが取れない人のことを指しているのです。   喋らない人はコミュ障である確率は高いですが、だからといって人とまったく会話できないということではありません。   おそらく会話できないのはあなたとだけであり、そこにはなにかしらの心理が働いているのです。

人見知り

現代でも人見知りだという人は大勢います。   はじめて会った人と仲良く会話することができない人は、現代では人見知りといわれていますが、人見知りをそういった意味で定義するならおそらくほとんどの人が人見知りになってしまうでしょう。   はじめて顔を合わせた人と仲良く会話できる人はほとんどいなく、実際、人見知りは人間に備わっている特性であるといえます。   つまり、人見知りの状態が自然であり、だれとでも仲良くコミュニケーションをとれる人こそ普通ではないのです。   しかし、それは喋らない人が普通というわけではなく、喋らない人は人見知りであると同時に、さらに喋らないという選択をしています。   はじめて会ったわけでもないのに会話することができないのは人見知りではなく、単なるコミュ障です。   そしてコミュ障だとしても、ほかの仲がいい人と会話できることを考えると、喋らない人というのはあなたとの関係に何かしらの思いを抱えていることがわかります。   喋らない人に対してどういった対処をするのかは人それぞれ異なっているでしょうが、喋らない人はコミュ障と人見知りであるのかどうかをまず見極め、その上でどうして喋らないのかについて考えていくのがいいでしょう。   喋らない人の心理について考えるときは、喋らない人について知らなくてはならないのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (2件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

2 名無しさん
通報

ただ一緒に居るだけで、気持ち良いんですよ。

何も喋らないのは、心の傷が癒えていないから。

そして、信頼関係を築いているから。

充たされたのなら、自然に話してくれますよ。

焦らず、見守って下さい。

不安であるのなら、そっと手を握ってあげて嫌でなれば、ちゃんと握り返してくれるはず。

隣に居ると人を信じてあげて下さい。

1 名無しさん
通報

癒し系草食男子だった者です。(笑)

ネットやメールでは、良い感じだけど、実際、会ってみると、イライラオーラが滲み出るてるんだろう?とか全世界の男を敵対視しているのかな?と思う方が沢山おりました。

当然ですが、小一時間程お茶して、終わりにしました。

まぁ、良い社会勉強をさせていただきました。

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー