【優しすぎは振られる?】優しすぎる彼女が振られてしまう原因とは?

【優しすぎは振られる?】優しすぎる彼女が振られてしまう原因とは?

3826
update

みなさんは彼氏に優しくしすぎていませんか?恋愛では相手に嫌われたくなくて、どうしても優しく接してしまう人が多いです。しかし、彼氏に対して優しくしすぎるのは危険でもあります。ここでは優しすぎる彼女が振られる原因についてまとめています。

3826
update

優しすぎる彼女

beautiful young woman against white wooden wall

violetblue/shutterstock.com

あなたはつい優しすぎる彼女になってしまっていませんか?   大好きな彼氏ができると、つい彼氏に対して優しくしがちであり、周りからみると甘やかしすぎの優しすぎる彼女になっている人が大勢います。   実際、優しいことは人間的魅力に溢れていると思われており、好きな人の項目にも必ず優しい人というのがランクインしているでしょう。   しかし、実は優しすぎることは逆に彼氏から振られる原因となってしまうこともあり、恋愛をうまくするには優しければいいというわけではありません。   大事なのは相手の負担にならないことであり、負担になる優しさは優しさではなく自己満足であることに気づくことです。   一般的には優しくしないと相手から嫌われたり、性格が悪いと思われたり、魅力がないと思われてしまうこともあるでしょう。   ですが、恋愛においては優しすぎることはデメリットにはたらくことが多く、ちょっと冷たくしている方が相手の気を引いたりすることができるのも事実です。   もちろん、一切優しさのない付き合いであれば彼氏も愛想を尽かしてしまう可能性があるため、ある程度の優しさと思いやりを常に持っておくことは大切です。   ダメなのは彼氏のことが大好きだからといって甘やかしすぎたり、優しくしすぎて逆に重く思われてしまうことです。   ここでは優しすぎる彼女が振られる原因についてまとめていきます。   優しすぎる彼女は彼氏から振られる確率がとても高く、恋愛では致命的な弱点となりがちであり、自分でも振られた原因に気づかないことが多いです。   優しくしているのになぜ振られてしまうのか、優しすぎるのはなぜダメなのか知りたい人はぜひチェックしてみてくださいね。

優しすぎることのデメリット

Beautiful young woman

Nina Buday/shutterstock.com

おそらく多くの人は、好きな人には優しくしてしまうでしょう。   彼氏のことが大好きであればあるほど、冷たく接することは難しく、彼氏に多少嫌なことをされたとしても笑って誤魔化しながら、そのあとも優しく接してしまう。そうした女性も多いはずです。   優しいことは人間的な魅力を表す特徴でもあり、優しい人と冷たい人であれば誰だって優しい人の方が好きです。   しかし、さきほども述べたように、それは一般的な人付き合いの話であり、恋愛においては優しすぎることはデメリットになってしまいます。   そもそも男は彼女が自分のことを好きだとわかれば調子に乗る人が多く、優しすぎる彼女はまさにその典型例だといえます。   つまり、優しすぎることで彼氏を調子に乗らせてしまう可能性があり、それにより彼氏から嫌なことをされたり、それに反論することができなくなってしまうのです。   これは男性に限った話ではなく、人間は自分より下手の相手に対しては調子に乗る気質があり、恋愛ではその気質がより顕著に発揮されます。   優しすぎる彼女は、魅力的な彼氏を調子に乗らせ、本来宿っている権力欲求などを肥大化させてしまう危険性があるのです。

彼氏に嫌われる

優しすぎる彼女は彼氏から嫌われる確率が高く、一般的に言われている優しい=モテるという図式は現実の恋愛ではあまり役に立ちません。   たしかに恋愛のはじまりの段階では優しさが大事な部分となりますが、実際に付き合って彼氏彼女の関係になったときには、優しければうまくいくわけではないのです。   人間は不思議な生き物であり、口では優しい人がいいと言いつつも、実際に恋人が優しいと刺激を感じられなくなり、恋人のことが嫌いになってしまうことがあるのです。   優しさを求めていたくせに、優しさを与えられると逆に嫌いになる。   恋愛をしている人にとってはなんとも悲しい話ではありますが、恋愛は一般的に言われていることを愚直に実践してもうまくいかないのです。   誰だって彼氏に嫌われたいと思ってはいないでしょう。   大好きな彼氏からは自分と同じぐらい愛情を伝えてほしいと思うでしょうし、自分が彼氏に対して優しくしているのと同じく、彼氏からも優しさや思いやりを感じたいと思っているはずです。   言い換えれば、彼氏から優しさと思いやりを感じたいがために、彼氏に優しくしすぎているのかもしれませんね。

恋愛は優しければいいわけではない

何度も言いますが、恋愛は優しければいいというわけではなく、優しすぎることは数多くのデメリットを引き起こしてしまい、彼氏から嫌われてしまうことも多いです。   誰もが好きなタイプを聞かれた時は「優しい人がいい」と言っているのにも関わらず、実際に優しい彼女を手にいれると、その優しさに嫌気が差す男性が多いのです。   どうしてそうなってしまうのかは、人間心理として非常に気になることですが、優しすぎる彼女が必ずしも彼氏から嫌われるというわけでもなく、優しさがいつだって恋愛で仇となってしまうわけでもありません。   そのため、優しすぎることはダメなのかどうかは一概には言えず、人によっては優しさがないことで嫌われることもあるでしょう。   優しさについて考えるときは、優しいほうがいいのか冷たいほうがいいのかを考えるのではなく、彼氏の性格や態度によってその時の優しさを決めるのが効果的になります。   優しさを状況によって使い分けると聞くと、あまり良い気がせずに、良くないことをしているかのように感じますが、そもそも人間の心理が不合理で矛盾だらけなので、優しさを彼氏の態度によって使い分けるのは悪いことではありません。   むやみに優しくして彼氏から嫌われるのは誰だって避けたいはずです。   恋愛で彼氏との関係を考えるのであれば、優しすぎる彼女が絶対的に正しいと考えるのはやめておくようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー