ラブホでセックス!相手と楽しいセックスをするためには?

ラブホでセックス!相手と楽しいセックスをするためには?

3703
update

セックスをラブホですることもありますよね。しかしラブホでセックスをする時は、気を付けなければいけないことがあるということを知っていましたか?今回は、ラブホで相手と楽しいセックスをするために注意することについて紹介します。

3703
update

ラブホでセックスを楽しもう

young sexy couple in love lying in bed in hotel, embracing on white sheets, close up legs, romantic mood

MRProduction/shutterstock.com

今の時代、お姫様のような部屋だったり、ちょっとホラー系の独特な部屋だったり、広くて綺麗な部屋だったり、様々なラブホがあります。

そのため家で中々セックスが出来ないという人はもちろんのこと、いつもとは違うセックスを楽しみたいという人もラブホに足を運んでいます。

ラブホはセックスをする場というイメージが強いですが、近年は女性の友達同士で入りセックスなしの女子会を開いているという人もいます。

そんな誰にとっても身近なラブホテルで、今回はセックスを楽しむために気を付けておきたいことを紹介します。

これまでラブホに行ったことがないというひとはもちろんのこと、ラブホでのセックスが経験済みという人も知っておきましょう。

事前にホテルの場所や設備を確認しておく

Opened door of hotel room with key in the lock

Dragon Images/shutterstock.com

ラブホに行くことが決まった時には、事前にホテルの情報をリサーチしておきましょう。

行き慣れているホテルであれば、わからないことはないかもしれませんが、はじめてのホテルではわからないことが多く不安に感じてしまうこともありますよね。

ホテルまでの道のりはもちろんのこと、どんな部屋があるのか、どんな設備があるのかなどホテルによって異なるため事前に知っておくことでスムーズに入店することが出来ますし、部屋に入ってから「こんなところだと思わなかった」とがっかりすることもありません。

どんなに外観がちゃんとしているラブホでも古いラブホの場合は内装があまり綺麗ではなかったりしますので、外観ばかりに気をとられてはいけません。

綺麗か綺麗ではないかという点も重要ですが、ホテルのドアのタイプも事前に確認しておくと安心です。

ラブホによっては、部屋に一度入ったらお金を支払うまで出られないというタイプもあります。

その場合、いくら宿泊する気であっても料金を支払わないと気軽に外出することが出来ないので、飲み物ひとつも買えなくなってしまうんです。

ホテルに行ってからドアのタイプを確認しておくことも大切なのですが、事前に知っておけばラブホに着くまでの間にスーパーやコンビニに立ち寄れますよね。

場所によっては周辺にスーパーやコンビニがないということもありますので、ホテルに入ってからではなく入る前に確認しておきたいところです。

このような情報は、ネットで検索すると口コミなどで見ることが出来ますので、その場に行かなければわからないことではないんです。

事前に調べるのは恥ずかしい、楽しみが半減してしまうのではないかと思ってしまう人もいますが、調べておくことで対応出来ることってありますよね。

ラブホに着いてから「飲み物買っておけばよかった」とか「あっちのホテルにすれば良かったかな」なんて思っていたらこれからのセックスが楽しめなくなっちゃいます。

セックスを楽しむためにも、事前にバッチリの準備をしておきましょう。

また人気のラブホは満員になってしまうこともあるので、特に混みやすい休日や夜の時間帯は1つだけではなく周辺のラブホ情報もチェックしておいた方がいいかもしれませんね。

料金の確認も忘れない

Top view, School fee past due final notice letter, education fee, calculator, money coin, pen and pencil on wooden table. School due date concept.

ShutterStockStudio/shutterstock.com

事前の準備で忘れてはいけないのが、料金です。

ラブホの料金というのはホテルによって異なるため、とても安く入れるところもあればビジネスホテルよりも高く入れるところもあります。

多くのホテルには外の看板に料金が書かれていますし、中に入って部屋を選ぶ時にも料金がきとんと表示されているので清算のときに「こんなにかかるとは知らなかった」なんてことにはなりませんが、料金を見てから「別のホテルにしよう」と相手に伝えるのはちょっと恥ずかしいですよね。

ホテル選びの時から料金もきちんと確認して、「ここなら入れる」というところを選ぶようにしましょう。

サービス料や飲食代などのプラス料金がかかることもありますし、土日祝日は別料金などという場合もありますので気をつけて下さい。

女性の場合、ラブホ代は男性に出してもらうと考えている人も多いですし、男性から「ホテル代は出すよ」と言ってくれる場合もありますよね。

ですが、男性に頼りすぎてはいけません。

例えば男性は全額出す気でいたけど実はお財布にお金がなかった、お財布を忘れてしまったという場合は、女性が支払わなければいけませんよね。

いつもしっかりしている男性でも「ついうっかり」してしまうことはありますので、男性が払ってくれるとしても自分のお金は持っておいた方がいいですよ。

またホテルによっては現金のみの支払いである可能性があります。

今の時代、クレジットカードや電子マネーなどが流通しており、ラブホでも当たり前に使われているとはいえ、機械のトラブルで使えなかったり元々導入していないというところもあります。

このようなホテルの場合は必ず現金で支払わなければいけません。

現金がNGというところはありませんので、現金を持っておくことで安心ですね。

緊張しすぎない

portrait stressed sad young woman outdoors. City urban life style stress

pathdoc/shutterstock.com

ラブホにはじめてやってきた人や初めてではないものの行き慣れていない人は、部屋に入った瞬間に緊張してしまうものですよね。

部屋にはゲームやテレビ、DVDなど家にあるようなものも揃っていますが、テレビをつければ全てAVでいつも見ている番組がみられるわけではありません。

ゲームは普通のソフトばかりですが、周りの部屋から漏れ出たあえぎ声を聞きながらゲームをするという体験は家にいたらありませんよね。

また、大人のおもちゃもラブホだから揃っています。

触ったことのないもの、使い方がよくわからないおもちゃなどもあるかもしれません。

それまではセックスをすることに対してあまり緊張感を持っていなかったかもしれませんが、この空間にいると「セックスをしなきゃ」というプレッシャーを感じちゃいますよね。

セックスをするためにラブホに入ったとはいえ、緊張したままではセックスを楽しむことが出来ないと思います。

なのでラブホで緊張してしまった時には、まず「せっくすをしなければいけない」という考えを取り除いて下さい。

お風呂に入ってリラックスしたり、ゴロゴロしたり、周りの声を気にしないようにしながら相手と一緒にゲームをしたり、緊張をほぐすことから始めましょう。

相手にも「ラブホに入って緊張してしまった」ということをしっかりと伝えておけば、緊張をほぐせるようにサポートしてくれるはずです。

家とは違う空間だからこそいつもとは違うドキドキを味わえるというのがラブホのいいところなのですが、緊張しすぎてちゃんと楽しめないというデメリットもあります。

もしも今回緊張しすぎてセックスが出来なかったとしても、楽しめなかったとしてもラブホに足を運ぶことに少しずつ慣れていけば楽しくて気持ちいいセックスをラブホですることが出来ます。

セックスを目的としていることもあり、ラブホは自分たちで努力しなくても自然もムードを作り出すことが出来ますし、自宅の寝室よりも広めなので慣れればラブホのセックスが快適だったりするんです。

はじめての時は特にわからないことも多いので緊張が中々とれないこともあるかもしれませんが、焦らずに少しずつ気持ちを慣らしていきましょうね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー