食べ方が汚い女の特徴!手厳しい男性の本音についてもご紹介していきます!

食べ方が汚い女の特徴!手厳しい男性の本音についてもご紹介していきます!

3782
update

食事というのは、適正であれば毎日3回という人間の生活に欠かせないものです。だから人の本質が現れやすく、食べ方が汚い女性となるとちょっと…ですので今回、食べ方が汚い女性の特徴をご紹介しますので、自分を客観的に見て改善しましょう。

3782
update

育ちが分かる「食べ方」

Young woman eating healthy food sitting in the beautiful interior with green flowers on the background

RossHelen/shutterstock.com

食事の作法というのは、これまで育ってきた中で培ってきたもの…言わば育ちが思い切り反映されるところで、これでその人となりが分かると言うものです。

だから食べ方というのは、その人を評価する際に重要な要素となり、特に女性はそれを強く求められる傾向があると言えるでしょう。

その事から、食べ方が汚い女性というのは即座にお断りされる物件となり、下手をすれば他が完璧でも食べ方がダメならそれでおしまいになりかねないのです。

しかしこれ、なかなか自分が食べ方の汚い女性だとは気付けない、自覚出来ないところで、必然的に客観視が求められることになります。

と言うことで今回、食べ方が汚い女性の特徴を一挙ご紹介させていただきますので、自分を客観視して早々に改善出来るようにしましょう。

それと、そういう食べ方の汚い女性に対して男性が何を思うのか、その本音についても触れていきますので、その手厳しい意見を理解してさらに改善を進められるようにしましょう。

口を閉じずに食べる

Portrait of attractive caucasian smiling woman eating salad, focus on hand and fork. soft, backlight

SunCity/shutterstock.com

これは汚い女性に限らず、そこらかしこにこの特徴を持っている人が居ますが、確実に周囲から嫌われていたり避けられていたりするのがお決まりのようです。

聞いたことがあるかもしれませんが、口を閉じずに食べる人のことを「クチャラー」と言い、非常に忌み嫌われる存在であることだけは知っておいた方がいいでしょう。

何故なら、口を閉じずに食べることでその咀嚼音は外に漏れだし、そして状況からして口の中の食べ物が見えてしまうことの、何処に美しさがあるのでしょうか?

挙句の果てに咀嚼と同時に口の中の食べ物が飛び出したりして、もはや男女問わず汚い…と言うより、えげつない特徴と言えるでしょう。

しかも女性であることから、汚い女扱いも男性のそれよりも苛烈であることが予想出来ますので、これはもはや改善一択と言えるのではないでしょうか?

でも意外とこれ、当の本人は気付いていない、気付かないようで、無自覚でクチャラーであることがかなり多いようです。

ですがそういうケースでも、家族とかごく身近な人に指摘されたことはあると思いますので、その意見を軽視せずに受け止めることが重要になります。

若しくは手前に鏡を置くなりして自分の食べる姿を客観視して、ふと見たら口が開いていた…となればほぼ確実にクチャラーですので、その時点で自覚するようにしましょう。

クチャラー自身は理解出来ないことが多いのですが、目前の人は完全に食欲が失せてしまう、それどころか気持ち悪さも催してしまうので、気遣いという面でも絶対に改善すべきです。

毎度の食事では意識して口を閉じるようにして、咀嚼中も必ず口を閉じることを意識し続けて、口を開けるときは食べ物を口に運ぶときだけと固く誓っておきましょう。

加えて目前の友人や知人等に、僅かでも口が開いていたら指摘してほしい等、予めお願いしておくことも有効です。

何でも混ぜてしまう

Buddha bowl dish with chicken fillet, brown rice, avocado, pepper, tomato, broccoli, red cabbage, chickpea, fresh lettuce salad, pine nuts and walnuts. Healthy balanced eating. Top view

Sea Wave/shutterstock.com

別に、混ぜることが前提となる料理なら構わないのです。

ですが、混ぜることを前提にしていない料理とか混ぜ合わせることで台無しになる料理等、なんでもかんでも混ぜてしまう人が時折居ます。

そこは個人の勝手、自分の好みだからとやかく言われたくないと思うかもしれませんが、客観的に見て単純に絵面として汚いのです。

グチャグチャと混ぜ合わさる食べ物…そこはかとなく残飯、生ごみ、腐敗のように見えてしまい、受け付けない人からすると食欲という食欲が失せてしまう訳です。

ただし海外の人とお付き合いする分には、混ぜ合わせることを基本とした食事などもありますので、許容しなければならないところもあると言えるでしょう。

まあそれと我慢出来るか否かは別問題ですので、結局はその光景を目の当たりにすることが耐えられない場合は無理なのですが…

少なくとも日本人同士である場合は、格別混ぜ合わせなければならない料理を食べる以外において、混ぜるという行動を強いられる食べ物はないかと思われます。

だから、つまりは混ぜるという行為は食事における最低限のマナー、作法的なものから外れているということになりますので、やはり一般的には受け付けられないものとなるでしょう。

なお「混ぜ方」も、それが汚いかどうかの判別要素になるかもしれません。

これがどういうことかと言うと、食事をすると同時にいきなりぐちゃぐちゃと手あたり次第にかき混ぜるとかではなく、そこに丁寧さがあるかどうかということです。

汚い女と判断される場合はおおよそ前者、何の工夫も丁寧さもなく不規則に混ぜ合わせるような行為だと、やはりそう思われても仕方がないところがあります、

まあそれもその人のさじ加減なところがありますので、どういう混ぜ方がダメとかは何とも言えないところがあるのですが…

箸の扱い方がおかしい

Green tea and sushi chopsticks on stone table. Top view with copy space

Evgeny Karandaev/shutterstock.com

箸というのは日本人ならではのもの、日本人特有の食事ツールと言えるもので、だからこそ日本人同士であればそこが目に付きやすいと言えるでしょう。

特に悪い印象を与えがちなのが「箸の持ち方」で、ここがもう一般とズレた持ち方、明らかにおかしい持ち方になると、それだけでマイナスイメージとなるでしょう。

それと汚い女性にどういう因果関係があるか疑問に思うかもしれませんが、それについてはまず箸が日本人に密接した関係であることから、そこがおかしいのはやはりマイナスです。

そしてそういうマイナスイメージが付いてしまうと、箸=食事ツールであることから汚さとか不衛生さなど、そちらの面に関するイメージも伴ってしまうと考えられるのです。

箸の持ち方がおかしいと言うことは、適切な箸の持ち方をしていないということで、それは適切な食べ方が出来ないという結論となります。

だから箸を使ってもポロポロ落としてしまったり、摘まんだ食べ物を潰したり等を連想してしまうことになり、結果「汚い」という判断になる訳です。

それともうひとつ、箸を直接テーブルに置いたり揃えて置いていなかったりと、これらもまた決して良い印象を与えないと考えられます。

直接テーブルに置くのはそもそも不衛生であり、箸は口に付けるものであることから汚い、それをする女性は汚い女という印象に繋がってしまうのです。

そして、不揃いのまま置かれている箸を見て何とも思わない、それをしても何も違和感を抱かないのは、箸をきちんとしていないことが性格もきちんとしてないと思わせるのです。

性格がきちんとしていないのは無精な性格、だから普段も無精であると想像出来ますので汚くても平気、だから汚い女性という認識になるのだと思われます。

極論めいた感じもありますが、それだけ箸というのは目に付くところですので、扱い方には細心の注意を払うようにしなければなりません。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー