どうして男嫌いになるの?その原因と対処法について

どうして男嫌いになるの?その原因と対処法について

2595
update

女性の中には、男性を受け入れる隙間がなく男嫌いとなってしまっている人が一定数居ます。しかし異性を嫌うなんて本能に反すること…一体何が原因なのでしょう?今回はそれをご紹介するのと、対処法についても記述させていただきます。

2595
update

克服したい人向け

Sad woman sitting on a sofa in the living room

Zivica Kerkez/shutterstock.com

今まさに男嫌いの状態で、別にこのままでも問題はない、むしろ男なんて未来永劫お断りという女性に関しては、このままページを閉じて下さい。

そうではなく男嫌いを何とか克服したい、このままではいけないと思っている人ではあれば、このまま以降をお読みいただくと希望の光が差し込むものと思われます。

それをまず前提とさせていただくのですが…まずその男嫌い、どうしてそのようになってしまったのか自覚や身に覚えはありますか?

自覚や身に覚えがあるのであれば、それに対する克服方法や対処法などを考慮して実践するべきなのでしょうが、中には自覚も身に覚えもない人も少なからずです。

若しくは、その原因があまりに苛烈であった、恐怖であった場合は、記憶を閉ざしてしまいぼんやりとしか思い出せない、または全く思い出せないのかもしれません。

ですので今回、男嫌いになる原因をいくつかご紹介させていただきますので、まずはどうして自分が男嫌いになったのかを把握するところから始めましょう。

さらに後述でその対処法についても記述させていただきますので、即効性はないのかもしれませんが何かの形でお役に立てるはずです。

過去男性との関わりがなかった

Image of two young happy women friends standing over yellow wall. Looking at camera blowing kisses.

Dean Drobot/shutterstock.com

女性における男嫌いの理由として、可能性的には最も高いと考えられるもので、思い返すと脳裏にこれが思い浮かぶ女性も多いかと思います。

幼少期から小学校を経て、中学高校大学と進学したのはいいものの、その過程で全くと言っていいほど男性と関われなかった…なんて人も居るかもしれません。

人は「慣れる」ことで適応していく生き物ですから、慣れなければ適応することも出来ないでしょうし、それで慣れることの出来なかった何かに対して嫌悪感を抱くのは仕方がありません。

上記は極端な例であるものの、高校まではエスカレーター式で男性と全く接点がなかったなんて女性は、意外に少なくはないと言えるのではないでしょうか?

その他、血を分けた肉親である父親の外出が多かった、または出張等が多かったなどにより、身近な男性との接点がないことも理由に挙げられると考えられます。

父親というのは、女性が生を受けた後に接点を持つ最初の異性となりますので、そこが欠落することで何らかの弊害が生まれると考えてもおかしくはない訳です。

このように言うと母子家庭を否定してしまうような感じになりますが、これは客観的な事実であるため仕方がないところであり、事実だけを述べるならそうなる可能性は高いと言わざるを得ません。

何にせよ、人よりも男性との接点が少ない女性というのは、どうしても確率的には男嫌いになる数字は自然と高くなる傾向にあるので、決して無視出来ない部分となるでしょう。

なお、多くは「このままではいけない」と男性と接点を能動的に取ろうとして、何とか実用段階にまで至った、やりとりするのに問題ないレベルにまで落ち着くことが多いようです。

でも男嫌いの女性というのは、当時から今更男性と接点を持つ勇気が出ない、または同性と居た方が楽と逃げてしまい、いつまでも男性と接点を持たないようにしていたことが考えられます。

その結果、男性に対する免疫というものが構築されないことになりますので、成人になってから男性とばったり会ったところで何をしていいのか分からなくなるでしょう。

本来であれば幼少期から男性と何かしらの接点を持って、異性とのやりとりとか関係の向上の方法などを、自然と学ぶはずだったんですから。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー