合コンで何話す?楽しめる話題とNGな話題!
4264 Point
更新

合コンで何話す?楽しめる話題とNGな話題!

男女が関係を深める際、話題というのはとても重要な要素です。それが最重視される合コンなら、なおのことになるんじゃないでしょうか?と言うことで今回、合コンにおいて話題として楽しいものと、NGなものをご紹介させていただきます!

「興味」が重要

People Drink wine enjoy to night, Business People Party Celebration Success Concept

DeepMeaning/shutterstock.com

合コンにおける話題って、それこそ数え切れないほどあると思いますし、自分が過去合コンでどんなことを話したかなんて、言い挙げるなんて出来ませんよね。

それだけ合コンではいろんなことが話される訳ですけど、みながみな受け入れられるものじゃなくて、聞きたくなかったりめんどくさいと思われる話題もあったと思うんです。

でもそんなことを言ってしまうと、これからの合コンで一体何を話していいのか分からなくなる、悩んでしまう人も出てくるんじゃないかと思います。

じゃあどうすればいいのか…それは、合コンの話題における大前提を踏まえれば、多くは問題ないと言えます。

その大前提とは、相手にとって「興味があること」、「興味を引くもの」、「興味となりそうなもの」…つまり、「興味」が最も重要だと考えられるんです。

逆に興味のないもの、沸かないもの、対象にならないものはNGとなり、それにより下手をすればその人とはいい関係とはならないかも…?

ですので今回合コンにおける楽しい話題とNG話題をご紹介させていただきますので、今後の合コンの参考にしてみて下さい。

楽しく盛り上がる話題

Group of friends at rooftop party

Monkey Business Images/shutterstock.com

まずは合コンにおいて楽しめる話題、盛り上がる話題について、その基本的なものからご紹介させていただきます。

・趣味に関するもの

やはり趣味の話題というのは、話す側が趣味とているもの…つまり大いに興味のあるものなので、盛り上がることはほぼ間違いありません。

切り口としては、「休みは何してるの?」とかもっと直接的に「趣味とかあるの?」なんて言えば、大方答えが返ってくることだと思われます。

ただし、話す二人の趣味が大きくかけ離れてしまうと、共通点がないことから盛り上がりに欠けることになるでしょう。

その際は切り出し側が相手の趣味に沿う形で、聞き手に回ることでその合コンは円滑にまとまるものだと考えられます。

・旅行先とか行きたい場所

これもまた、夢がある分盛り上がりますし話すことで楽しめるものとなり、合コンにおける有用性は随一と言っても過言ではありません。

これまで行ったことのない場所を想像して話すその様は、話し手に夢や理想を描かせることになりますので、そこでポジティブな雰囲気にならない方がおかしいんです。

しかもこれ、場所によっては「一緒に行ってみようか?」なんて、誘う口実にもなりますので本命が現れた際はおすすめ出来る話題となります。

合コンの話題としても十分、次回に漕ぎ着ける要素としても十分という、至れり尽くせりな話題となるでしょう。

・生まれた場所とか出身地

これは条件付きで盛り上がる話題となりますが、自分の故郷と近い場所とか行ったことのある場所が相手の出身地だった場合は、合コンの展開が楽になるでしょう。

故郷に近いとか行ったことのある場所なら、そこにしかない共通点があるでしょうし、それにより話題にも親近感が沸くというものです。

そうなると、人物として親近感が沸くことにも繋がりますし、それにより関係もぐっと近づくと言えるのではないでしょうか?

ただし先にあるとおり条件があり、しかもしれは厳しいところがありますので、それに当てはまる人限定となってしまいます。

・食べ物の話題

特に女性に対して有効となるもので、基本食べることが大好きな女性は食べ物とか、おいしいお店などの話題に興味が尽きません。

それにより「〇〇がおいしい店とか知らない?」など、質問形式で話題を振ると思い切り食い付いてくることが少なくありません。

まあ食べ物には好みがありますので、自分の射程範囲内の食べ物とかお店に限りますが、ツボにハマったときの盛り上がり方は半端ありません。

無難なところで、女性対象であればイタ飯とか無国籍料理、その他カフェとかいかにも女性が好きそうなお店などを話題にすると、進展しやすいものと思われます。

次のページNGな話題(男性編)
ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー