恋人との別れ。綺麗に別れる別れの言葉とは?

恋人との別れ。綺麗に別れる別れの言葉とは?

3505
update

恋人との別れを決めた時は、相手に別れの言葉を告げなければいけません。あまり積極的に使いたい言葉ではありませんが、恋人と円満に別れるためにも別れの言葉は慎重に選びましょう。今回は、恋人との別れの時に使える別れの言葉を紹介します。

3505
update

別れを告げる時は言葉を選ぼう

Couple saying goodbye before car travel holding hands through the window

Antonio Guillem/shutterstock.com

恋人との別れは、出来れば経験したくないことではありますが、気持ちがすれ違ってしまったりなど付き合いを続けていくことが困難になってしまうこともありますよね。

そんな時は、お互いこれから前を向いて別々の道を歩んでいけるように、しっかりと別れの言葉を告げる必要があります。

恋人にどんな言葉を伝えればいいのか分からない、恋人を傷つけないようにするためにはどうしたらいいのか、など今回は別れの言葉について紹介します。

恋人との別れの言葉①「一生忘れない」

Broken Heart Sadness Frustration Flower Leafs

Rawpixel.com/shutterstock.com

恋人との別れの言葉1つ目は「一生忘れない」です。

これまで一緒に過ごしてきた日々は短くても、長くてもお互いの人生の中で無くてはならなったものだと思います。

これから何があってもその時間は戻ることはないので、恋人には「忘れない思い出」にすることを伝えましょう。

何年か何十年後かには忘れてしまうかもしれませんが、「一生忘れない」と言われることで、相手は「付き合っていたことを忘れないでいてくれるんだな」と思うことが出来ます。

恋人との別れの言葉②「あなたの幸せを願っている」

Old middle aged people holding hands close up view, senior retired family couple express care as psychological support concept, trust in happy marriage, empathy hope understanding love for many years

fizkes/shutterstock.com

恋人との別れの言葉2つ目は「あなたの幸せを願っている」です。

自分が相手のことを幸せに出来なかったとしても、誰かが相手のことを幸せにしてくれることを願っている、そんな思いがこの別れの言葉には詰まっています。

相手も「幸せを願っている」と言われたら「幸せにならなきゃ」という気持ちを持つことが出来ます。

また、相手の幸せを願うことで、相手からも「幸せになってね」と言葉をかけてもらいやすくなります。

自分達の手で相手のことを幸せにはしてあげられなかったという気持ちが、お互いの幸せを願うことでそれが自信となって、前を向いて歩みやすくなります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー